TOPIX: 1731.97, -7.1% (1w), -4.7% (YTD)
Nikkei225: 21382.62, -8.1% (1w), -6.1% (YTD)
S&P500: 2619.55, -5.2% (1w), -2.0% (YTD)
USD/JPY: 108.79, -1.3% (1w), -3.5% (YTD)
EUR/JPY: 133.21, -2.9% (1w), -1.5% (YTD)
Oil(WTI Futures): 59.2, -9.5% (1w), -2.0% (YTD)

 米国株が大きく下落し、日本、そして世界の株式市場も大きな調整に直面している。原油価格も10%近く下落し、世界的にリスクオフの展開となった。しかし、何かわかりやすいネガティブなニュースがあったわけではない。株式市場の下落のひとつの原因は、米国の長期金利が上昇したことだと言われている。世界の中央銀行が量的緩和の出口戦略に向かっている。こうした流れの中で「安全資産」の円が買われた。

●米国債「大増発」時代 金利上昇圧力一段と
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26692950Y8A200C1EA2000/

 日経平均株価もS&P500種株価指数も先週の下落で、年末から続いていた大きな上昇分を一気に吐き出したことになる。しかし、この下落で、日経平均の予想PERは13倍程度まで低下し割高感はない。S&P500のほうは予想ベースで16倍程度で過去の長期平均の15倍程度と比べるとやや割高だが、バブルというには程遠い水準である。仮想通貨と違い、こうしたファンダメンタルズが存在する株式市場は安心できるのかもしれない。

●日経平均株価 株価収益率(連結決算ベース)
https://www.nikkei.com/markets/kabu/japanidx/

●P/Es & Yields on US Major Indexes
http://www.wsj.com/mdc/public/page/2_3021-peyield.html

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2018/2/2-2/9)
Chart20151114_Core30
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2018/2/2-2/9)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2018/2/9)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2018/2/2-2/9)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2018/2/2-2/9)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
2月12日(月)
米1月財政収支
株式市場休場:日(建国記念日振替休日)

2月13日(火)
日1月企業物価指数
決算:鹿島、近鉄、マクドナルド、マツモトキヨシ、電通、楽天、三菱マ、シマノ、大日印、住友不、ヤマハ発、他

2月14日(水)
日10-12月期GDP
ユーロ圏10-12月期GDP
米1月消費者物価
米1月小売売上高
米12月企業在庫・売上高
決算:キリン、昭和シェル、出光興産、リクルート、日本郵政、クボタ、ダイキン、かんぽ、ゆうちょ、ソニーFH、T&D、第一生命、東京海上、東芝、SOMPO、MS&AD、他

2月15日(木)
日12月機械受注
米1月鉱工業生産
米2月ニューヨーク連銀景気指数
米2月フィラデルフィア連銀景況感指数
株式市場休場:中国(春節)、韓国
決算:サッポロ、アサヒ、サントリーBF、他

2月16日(金)
米1月住宅着工件数
米1月建設許可件数
米2月ミシガン大消費者センチメント
株式市場休場:中国(春節)、韓国、香港、シンガポール、他
決算:米Coca Cola、他

2月17日(土)

2月18日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ