第333号の目次です。

『ぼく愛』コミック版第3巻好評発売中です!



小説も文庫化されました!



メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(〜第177号)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(第178号〜)、教育工学、他
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52121885.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2018年9月5日 第333号
// 最近日本の受動的な教育について批判的な論が多くなったように思う
// 米中関税報復合戦加熱
// ベトナム旅行 その3 ダナン・ホイアン編
// 歯科医ですが投稿された口臭・歯周病ケア方法についてコメント
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 台風21号は関西を直撃して、Twitterでは衝撃的な映像がたくさん流れていました。よく関西空港には行くのですが、あの橋に流されたタンカーが衝突するとか、神戸港からコンテナや輸出を待っていた車が次々と流されていくとか、本当に恐ろしいですね。このメルマガが届くころには、台風は過ぎ去っているでしょうが、いち早く復旧することを祈っております。

★台風で京都駅の天井が崩れ落ちました。下に人はいなかったようで幸いでしたね。

●関西空港の連絡橋にタンカー衝突 乗組員は全員無事救助
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180904/k10011607811000.html

●台風21号「関西経済に大打撃」関空被害、影響長期化を懸念
https://www.sankei.com/west/news/180904/wst1809040111-n1.html

 学校の夏休みも終わり9月になりました。僕は8月はずっとアジアを周っており、ようやく日本に帰ってきました。しかし、また、すぐに海外出張の予定です。いまはまだ東京に住んでいますが、なんだかノマド生活も悪くないなぁ、と思い始めました。僕のように文筆業をしていると、空港で飛行機を待っている間や、もちろん飛行機に乗っている間にも仕事ができるので、空の移動はあまり負担ではないんですよね。この週刊金融日記も東京を拠点とした日本国内のメルマガから、そろそろアジア全体に範囲を広げるべきときではないか、と思い始めました……。

 今週も興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

−身重180cm細身の医師ですが結婚を考えひとりに絞った彼女に振られてしまいました
−理想の夫婦関係を築くための愛人トライアングル
−恋愛工学とマッチングアプリを駆使して10人の女子キープを達成
−浮気に対して罪悪感があることを話したらセフレにドン引きされました
−モテている人がモテるのは「勘違いさせる力」が影響しているのでは
−海外出張帰りは女子の食いつきがいいようです
−元アイドルとDキスできたのですがホテルに誘おうとしたらいきなり激怒
−口臭・歯周病ケアの情報をシェアします
−歯科医ですが投稿された口臭・歯周病ケア方法についてコメント

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.最近日本の受動的な教育について批判的な論が多くなったように思う

 僕は相場でも何でも変化の変わり目を人より早く見つけるのは得意だが、どうもバブルには乗り切れないところがある。バブルだとわかっていても買わないといけないときはあるが、そういうのがなかなか苦手だ。評論家としても同じで、僕が10年ぐらい前から言っていたことについて、最近は他の評論家も同じようなことを言うようになった。何でも動くのが早すぎて、盛り上がったときには僕自身はすでに降りているのだ。
 たとえば、メディアに関しては、テレビ局や新聞社、数多の雑誌……という従来のマスメディアが持っていたパイを、個人ブロガーやSNS上のインフルエンサーとそれらのプラットフォームであるGoogleやFacebookなどがどんどん削っていくことになる。メディアに限らず、無数に提供される便利なアプリやWebツールで個人が武装し、そんな個人が直接グローバルな市場につながっていく、と。『個人の時代』である。ドナルド・トランプ米大統領のTwitterのフォロワー数は現時点で5400万人だ。彼のアカウントの視聴者数はアメリカのいかなるメディアよりも大きい。

●Donald J. Trump
https://twitter.com/realDonaldTrump

 5年ぐらい前までは、僕はこうしたオピニオンを最も強く発信していたブロガーのひとりだった。いまや多くのインフルエンサーがずっと昔に僕が言っていたことをそのまま言っている。そして、そうした個人の時代に、お前もインフルエンサーになれ、などと煽り、様々な情報商材が売られ、オンラインサロンなどが乱立している。
 僕たちの週刊金融日記は、そうした安易なビジネスにはまったく関わってこなかった。創刊号から変わらぬ一通わずか200円程度という低価格で、グローバル化し急速に移りゆく現代の恋愛市場やビジネスシーンにインサイトを与えるアップトゥーデートな情報を発信し続けてきた。
 この安価なテキスト情報だけのメディアから、そういった情報商材やオンラインサロンのプロデューサーを遥かに超えるインフルエンサーたちが次々と生まれた。一方でインフルエンサーを作ると謳うところからは、ぜんぜんインフルエンサーが出てこない。皮肉なことである。

『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』藤沢数希、2006年12月
https://amzn.to/2oCOtcD

『外資系金融の終わり』藤沢数希、2012年9月
https://amzn.to/2wGPpB8

週刊金融日記 第164号 ネットでコンテンツを売る方法 その1
週刊金融日記 第199号 ネットでコンテンツを売る方法 その2
週刊金融日記 第247号 掃き溜めのようなインターネットの世界で生き抜くために

 このように旧来型メディアの収益は、個人メディアやSNSのインフルエンサーとプラットフォームを提供する米国の巨大IT企業群に奪い取られていった。ある意味でゼロサムゲームだった。そして、旧来型のメディアが支配していた世界と、いまの世界では情報の質が上がったのだろうか。あるいは、言論の自由、そして、表現の自由といった基本的人権はより守られるようになったのだろうか。残念ながらそうではなさそうだ。
 フェイクニュースが飛び交い、人々は真実は何かを顧みることなく、単に自分にとって心地良い情報に飛びつき、間違った考え方やある種の信念を自己強化し続けている。調べたいことをGoogleに聞くと、Googleの人工知能を騙すSEOが施されたアフィリエイトサイトがずらり出てくる。さらにその上には、Google AdWordsを使って仕込まれたフィッシングサイトまで出てくる始末だ。いわばインターネットで学習すればするほどバカになるという「負の学習効果」が市民社会を覆いはじめた。かつての秩序が破壊され、いやまネットの情報空間は、さながら北斗の拳の世紀末の世界のようだ……。

●インターネットは現代社会にバラ撒かれたアヘンである。
https://cakes.mu/posts/7181

 さて、同じく僕が・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2018年8月24日-8月31日の週間パフォーマンス

TOPIX : 1735.35 (週間 +1.5%, 年初来 -4.5%)
日経225: 22865.15 (週間 +1.2%, 年初来 +0.4%)
S&P500 : 2901.52 (週間 +0.9%, 年初来 +8.5%)
FTSE100: 7432.42 (週間 -1.9%, 年初来 -3.3%)
USDJPY : 111.08 (週間 -0.1%, 年初来 -1.4%)
EURJPY : 128.84 (週間 -0.3%, 年初来 -4.7%)

●米中関税報復合戦加熱(金融日記 Weekly 2018/8/24-8/31)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52139393.html

 今週も筆者が・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

−ベトナム旅行 その3 ダナン・ホイアン編

 今回は、ベトナム旅行特集の最終回です。僕はハノイで用事があり、ついでにホイアンに住んでいる・・・

・・・

★最初はXXXXXXリゾートというところに泊まったのですが、中に入っているレストランが美味しく、なかなかいい感じでした。しかし、1室5万円程度のヴィラでけっこう高いので、もっと安くていいところは必ずあると思います。


 さて、次にホイアンに向かいました。ダナンの中心からはタクシーで30分ぐらい、料金にして1500円ぐらいですね。旧市街には・・・

★ホイアンの夜は幻想的なんですが、僕のiPhoneカメラではなかなかその様子をお伝えできませんね。


★ホイアンの地元民に連れていってもらった居酒屋は5人でずっと飲んで食ってたのに全員で3500円ぐらいという驚きの安さでした! 行き方はなかなか説明できません。


★ホイアン名物のホイアン風鶏飯、揚げワンタン、カオ・ラウです。美味しいですね。


★世界遺産のど真ん中のレストランとか屋台は高いです。どれぐらい高いかと言うと東京のサイゼリヤぐらい高くて、ベトナムの物価を考えるとぼったくりですね。


★ホイアンにもビーチがあって高級リゾートホテルがあります。

 ・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

−理想の夫婦関係を築くための愛人トライアングル

藤沢所長、こんにちは!
バリキャリ妻を持つXXXです。
今回は先日(第331号)のXXXXさんの「セックスもできる女友達ができたら妻とのセックスレスまで解消」の投稿で、所長の回答に「奥さんの他に愛人が1人、というのが多くの男性にとって理想的な関係だと思います」というものがありましたので、それについて僕なりの意見をお伝えしたいと思いメッセージを送らせていただきました。
というのも、僕自身結婚してからは愛する妻を抱きまくってましたが、子供が産まれてからは妻が母になり次第にセックスの回数が減っていった経験があり、その後は恋愛工学を学び何とか愛人をゲットしました。
しかし、愛人(というか彼女と思ってました)が出来た時に久しぶりの青春に戻ったような恋愛で入れ込んでしまい、妻との間にも少し亀裂が入り、また結果的に愛人とも別れるという結末となりました。
非モテコミットですね。
以前もメルマガで所長がおっしゃってましたが、愛人に対して僕ら既婚者は何でも話してしまい、いつの間にか愛人の方が深く自分のことを理解してくれるような感じになってしまいます。
さて、結局何が言いたいのかというと、妻・愛人ふたりだと天秤になってしまい、どちらかに感情が傾く危険性があるということなのです。
テレビドラマでもこういう関係はよくありますよね。
その危険を回避するためには「愛人をふたり作る」ということです。
つまり、天秤ではなくトライアングルを形成するのです。
トライアングルを形成すると、ものすごく感情のバランスを保てます。
というか三人ともしっかりと愛せます。
もちろん既婚者でこのトライアングルを形成するのは大変だと重々承知しておりますが、末永くみんなでハッピーを感じたいのであれば、このメルマガを読まれている既婚者の皆様はぜひ頑張ってみてください!
当然ですが妻にプラスして愛人ふたりは金もかかるので、仕事にも必死になれると思いますよ。
最後になりますが、僕はこれからも既婚者の恋愛工学生の皆さんの応援をしております。
だからこそ、厳しいことも言いますが、既婚者はバレた時のリスクが大きいので、必ず不倫の前に所長の『損する結婚 儲かる離婚』 http://amzn.to/2n05vPW を熟読してください。
それでは検討を祈ります。

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ