TOPIX: 1792.65, -1.4% (1w), -1.4% (YTD)
Nikkei225: 23783.72, -1.4% (1w), +4.5% (YTD)
S&P500: 2885.57, -1.0% (1w), +7.9% (YTD)
USD/JPY: 113.67, +0.0% (1w), +0.9% (YTD)
EUR/JPY: 130.98, -0.7% (1w), -3.1% (YTD)
Oil(WTI Futures): 74.34, +1.5% (1w), +23.0% (YTD)

 米労働省の5日発表によると9月の失業率は3.7%と過去70年で最低となり、労働市場が逼迫していることが明らかになった。これを受け、米金融当局の利上げペースが加速するとの思惑で長期金利が上昇した。バリュエーションが高いハイテク株を中心に米国株は売られる展開となった。

●米長期金利、一時3.24%に上昇 米雇用統計受け
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36214920W8A001C1000000/

●米国株、ダウ続落し180ドル安 金利上昇で割高感意識、米中摩擦に懸念も
https://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_W8A001C1000000/

 国内では小売や流通大手の決算発表がある。9日にJフロントリテイリング、10日にイオン、11日にセブン&アイ、ファーストリテイリングなど。

●イオン営業益最高に 3〜8月期、スーパー事業改善
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36231120X01C18A0MM8000/

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2018/9/28-10/5)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2018/9/28-10/5)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2018/10/5)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2018/9/28-10/5)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2018/9/28-10/5)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
10月8日(月)
株式市場休場:日本(体育の日)

10月9日(火)
日8月経常収支
日9月景気ウォッチャー調査
決算:Jフロント、近鉄百、他

10月10日(水)
日8月機械受注
米9月生産者物価指数
IMF・世銀年次総会(バリ)
決算:イオン、安川電、久光薬、サイゼリヤ、ミニストップ、他

10月11日(木)
日9月国内企業物価指数
米9月消費者物価指数
G20財務大臣・中央銀行総裁会議(バリ)
決算:ファーストリテイ、7&I、ローソン、ユニー・ファミマ、松屋、ビックカメラ、他

10月12日(金)
日9月マネーストック
日8月第3次産業活動指数
米10月ミシガン大消費者センチメント
中国9月貿易収支
決算:高島屋、東宝、米Citigroup、米JPMorgan Chase、他

10月13日(土)

10月14日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ