TOPIX: 1488.19, -6.5% (1w), -18.1% (YTD)
Nikkei225: 20166.19, -5.7% (1w), -11.4% (YTD)
S&P500: 2416.62, -7.1% (1w), -9.6% (YTD)
USD/JPY: 111.26, -1.9% (1w), -1.3% (YTD)
EUR/JPY: 126.39, -1.4% (1w), -6.5% (YTD)
Oil(WTI Futures): 45.59, -11.0% (1w), -24.5% (YTD)

 2018年を振り返ると、まずは昨年末から年初にかけて300万円近いスッ高値のスッ高値で、日本の個人投資家がビットコインに飛びついていた。いまやビットコインは40万円台。しかし、ビットコインはまだマシなほうで、マイナーなアルトコイン、通称草コインをネットのインフルエンサーに煽られて買った個人投資家たちは、それらが完全な電子クズになってしまい、元本のほぼすべてが吹き飛ぶ結果となった。
 また、株式市場を見てみると、メルカリやZOZO、任天堂など、個人投資家に人気だった銘柄は大きく下落している。どれも、ネットのインフルエンサーに煽られたり、創業者がかっこいいスピーチをぶったときが最高値で、大勢の個人投資家たちは、ビットコインと同様に本当にドンピシャリのタイミングでジャンピングキャッチだ。
 そして、極めつけは、売り出し価格1500円で約2.6兆円を調達したとみられるソフトバンクグループの携帯事業の上場だ。約9割が国内の個人投資家にハメ込まれたが、蓋を開けてみたら売り出し価格を大きく下回り、しょっぱなから3000億円以上の損失を個人投資家がかぶることになった。尊敬する孫さんの会社になけなしの金を寄付するなんて、なんとも気前のいい話である。
 株式市場はさらに下落しそうな兆候を見せているが、その中でも、ネットなどで敏感に情報収集をしていた意識の高い個人投資家の多くは、マーケット全体の下落よりははるかに大きな損失を出すことになった。まさに踏んだり蹴ったりの2018年である。来年はもっと酷くなりそうだ。
 メリークリスマス!

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2018/12/14-12/21)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2018/12/14-12/21)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2018/12/21)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2018/12/14-12/21)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2018/12/14-12/21)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
12月24日(月)
米11月シカゴ連銀活動指数
株式市場休場:日本(天皇誕生日振替)、(半日)米、英、香港

12月25日(火)
日11月企業向けサービス価格指数
株式市場休場:米、英、香港

12月26日(水)
日銀金融政策決定会合議事要旨(10/30・31開催分)
米10月S&Pケース・シラー住宅価格指数
株式市場休場:英、香港

12月27日(木)
米11月新築住宅販売件数
米12月消費者信頼感指数
決算:ニトリ、他

12月28日(金)
日11月完全失業率・有効求人倍率
日11月鉱工業生産
日11月商業動態統計
日銀金融政策決定会合「主な意見」(12/19・20開催分)
大納会
決算:高島屋、他

12月29日(土)

12月30日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ