TOPIX: 1529.73, +4.0% (1w), +2.4% (YTD)
Nikkei225: 20359.7, +4.1% (1w), +1.7% (YTD)
S&P500: 2596.26, +2.5% (1w), +3.6% (YTD)
USD/JPY: 108.55, +0.1% (1w), -1.0% (YTD)
EUR/JPY: 124.43, +0.6% (1w), -1.0% (YTD)
Oil(WTI Futures): 51.59, +7.6% (1w), +12.6% (YTD)

 日本株も米国株も切り返し、世界の投資家たちは一息つく展開となった。今週は日本は成人の日で三連休、主要企業の第3四半期決算発表は次週の21日からなので、日本の市場での材料は多くない。しかし、アメリカ議会閉鎖の長期化やイギリスでのEU離脱に関する再投票の可能性など、世界経済がぐらつけば、日本株も大きな影響を受けるだろう。また、離婚により動く巨額のAmazon株の行方も注視する必要がある。
 アメリカではトランプ大統領がメキシコとの国境に壁を建設することに固執していることから議会と対立し、予算が成立せず、政府閉鎖という事態におちいっている。政府閉鎖はアメリカでは珍しくないが、最初は国立公園や博物館などの職員の給料が止まる程度だが、長引くと確定申告のシステムが稼働停止したり、実害はどんどん広がっていく。しかし、どうしても壁を作りたいトランプ大統領は、予算決定権を握る議会を迂回して壁建設資金を出すために、国家非常事態宣言を検討しているという。先進国では政治家の公約などまったく意味をなさないものだと思われているが、ここまで徹底的に大統領選挙での公約を実現しようとしているトランプ大統領は、何か大切なことを思い出させてくれているのかもしれない。そう、約束はちゃんと守る、ということだ。もっとも、トランプ大統領に好意的だった投資家たちは米国の法人税率を本当に大幅カットしたことは大変に評価しているが、まさかメキシコ国境に壁を建設するなどという荒唐無稽のことにこれだけ固執するとは予想していなかっただろう。
 また、トランプ大統領と習近平主席との貿易戦争チキンレースは世界経済に深刻な影響を与えはじめており、メキシコ国境の壁建設計画とともに、市場に不穏な空気を漂わせている。

●トランプ氏、国家非常事態の宣言を検討と 国境の壁めぐり
https://www.bbc.com/japanese/46833606

 Amazonは時価総額世界一位で、CEOであるジョフ・ベゾス氏は世界一の金持ちであったが、突然、自らのTwitterアカウントで離婚を発表した。浮気が原因で、浮気相手の写真がさっそくネットで拡散している。ベゾス氏は約15兆円分のAmazon株を保有しており、奥さんとはAmazon起業前に結婚しているので、当然、奥さんはその半分を持っていくことになる。
 女性は夫の浮気相手の女の格を気にする習性があり、格が高い女優などが浮気相手の場合、むしろ自分の格も上がったように感じられ、それほど怒らないものだ。しかし、ベゾス氏の浮気相手は、どこか下品な感じがする、女性に嫌われそうなタイプで、そんな「格下」の女と夫が浮気したということは、正妻が最もショックを受け、怒髪天を衝くかのように怒り狂うパターンである。このまま奥さんの怒りがおさまらず、Amazon株が市場で投げ売りされれば、金融危機から世界恐慌も起こりこねない。

●世界一の富豪ベゾスが離婚 資産14兆円は山分けに?
https://forbesjapan.com/articles/detail/24875

『損する結婚 儲かる離婚』 https://amzn.to/2BPH55m

NINTCHDBPICT000460788668

●Jeff Bezos' affair with Hollywood mogul's wife that sparked $140bn divorce
https://www.thesun.co.uk/news/8159938/amazon-jeff-bezos-affair-wife-divorce/

 日経平均株価は2万円を下値として固めることができるだろうか、あるいは……。

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/1/4-1/11)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/1/4-1/11)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/1/11)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/1/4-1/11)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/1/4-1/11)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
1月14日(月)
中国12月貿易収支
休場:日本(成人の日)
決算:米Citigroup、他

1月15日(火)
日12月マネーストック
米12月生産者物価指数
米12月ニューヨーク連銀景気指数
決算:マネフォワ−ド、東宝、米JPMorgan Chase、他

1月16日(水)
日11月機械受注
日12月企業物価指数
日11月第3次産業活動指数
米12月小売売上高
米11月企業在庫
米11月対米証券投資

1月17日(木)
米12月建築許可・住宅着工件数
米1月フィラデルフィア連銀景気指数
ユーロ圏12月HICP
決算:Netflix、AmericanExpress、他

1月18日(金)
日12月消費者物価指数
日11月鉱工業生産
米12月鉱工業生産指数
米1月ミシガン大消費者センチメント

1月19日(土)

1月20日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ