TOPIX: 1539.4, -1.6% (1w), +3.0% (YTD)
Nikkei225: 20333.17, -2.2% (1w), +1.6% (YTD)
S&P500: 2707.88, +0.0% (1w), +8.0% (YTD)
USD/JPY: 109.72, +0.2% (1w), +0.1% (YTD)
EUR/JPY: 124.26, -0.9% (1w), -1.1% (YTD)
Oil(WTI Futures): 52.72, -4.6% (1w), +15.1% (YTD)

 再び、世界の株式市場はベゾス氏の下半身ネタで揺れることになった。米タブロイド紙のナショナルインクワイヤラーが、ベゾス氏が不倫相手に送ったとされる、局部写真を掲載するのではないか、との思惑が市場に流れたからだ。先月、不倫相手との秘密の会話が同誌に掲載された際には、トランプ大統領がベゾス氏に同情するコメントを発表していた。
 しかし、こうしたプライベートな情報が漏れたことや、ナショナルインクワイヤラーの背後にはトランプ大統領がいて、自身のスキャンダルを執拗に報道し続けるワシントンポストに圧力をかけているという見方もある。ベゾス氏はナショナルインクワイヤラーから脅迫を受けた、として法的措置を取るとともに、これまでの同誌とのメールでのやり取りを自身のブログに掲載した。
 世界一の企業を率いるベゾス氏と世界唯一の超大国アメリカのトランプ大統領が、お互いを憎しみ合っていることが浮き彫りになった。下半身に関する真相は定かではないが、このふたりの人間関係が世界経済にとってひとつのリスクファクターになったことは間違いない。

★トランプ大統領はベゾス氏に同情する一方で、ナショナルインクワイヤラーはAmazonが買収したワシントンポスト誌よりもはるかに正確な報道をすることにも言及した。

●米アマゾンのベゾス氏、不倫記事の政治的動機めぐり大衆紙から「脅迫」
http://www.afpbb.com/articles/-/3210217

●Amazonジェフ・ベゾスが浮気が原因で離婚して奥さんに株を半分取られる、奥さんが腹いせに投げ売りすれば世界金融危機へ(金融日記 Weekly 2019/1/4-1/11)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52147327.html

 日本のアパレルECサイト大手ZOZOの前澤社長がツイッターを休止すると宣言した。こちらは投資家に好感され、株価が持ち直す展開となった。最近のくら寿司のバカッター事件などで明らかなように、SNSは企業の広報活動となる一方で、一瞬のうちにレピュテーションを損なう大きなリスクともなる諸刃の剣である。

●ZOZO失速で前澤社長ツイッター休止宣言 凍える国内アパレル市場で元気なのは?
https://dot.asahi.com/wa/2019020800074.html

●ZOZOの時価総額500億円回復、前澤友作の本業集中宣言で
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65935611.html

●「バカッター」で高額損害賠償も セブンでも悪ふざけ動画発覚…謝罪 くら寿司は「法的処置準備」
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/02/10/kiji/20190209s00042000508000c.html

 日本は建国記念の日で三連休であったが、中国も春節(旧正月)明けである。閣僚級の米中貿易協議が14-15日に北京で開かれ、米通商代表部のライトハイザー代表やムニューシン米財務長官が訪中する予定だ。貿易協議が上手くいかなければ、制裁関税はさらに引き上げられ、米中の貿易チキンレースは加速していくこととなる。

●中国の春節消費が減速、19年の厳しいスタート浮き彫りに
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-11/PMQNDF6JTSE801

●米中貿易協議、北京で14〜15日開催 閣僚級
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41110490Z00C19A2000000/

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/2/1-2/8)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/2/1-2/8)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/2/8)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/2/1-2/8)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/2/1-2/8)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
2月11日(月)
株式市場休場:日本(建国記念の日)

2月12日(火)
日1月マネーストック
日12月第3次産業活動指数
決算:鹿島、国際帝石、マクドナルド、楽天、ヤマハ発、シマノ、日産、他

2月13日(水)
日1月企業物価指数
米1月消費者物価指数
米12月財政収支
決算:東芝、近鉄、サッポロ、マツモトキヨシ、ロート、昭和シェル、ダイキン、ソニーFH、住友不、米AIG、他

2月14日(木)
日10-12月期GDP(速報)
米1月生産者物価指数
米11月企業在庫
中国1月貿易収支
米中貿易協議(-15日、北京)
決算:アサヒ、キリン、サントリーBF、電通、出光興産、日本郵政、クボタ、かんぽ、ゆうちょ、T&D、第一生命、東京海上、SOMPO、MS&AD、米NVIDIA、他

2月15日(金)
米1月小売売上高
米1月鉱工業生産指数
米12月企業在庫
米2月ニューヨーク連銀製造業景気指数
米2月ミシガン大学消費者信頼感指数
中国1月消費者・生産者物価
決算:ブリヂストン、他
2月16日(土)

2月17日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ