TOPIX: 1546.71, +0.9% (1w), +3.5% (YTD)
Nikkei225: 21116.89, +1.1% (1w), +5.5% (YTD)
S&P500: 2886.98, +0.5% (1w), +15.2% (YTD)
USD/JPY: 108.54, +0.3% (1w), -1.0% (YTD)
EUR/JPY: 121.65, -0.8% (1w), -3.2% (YTD)
Oil(WTI Futures): 52.51, -2.7% (1w), +14.6% (YTD)

 筆者がちょうど香港に出張中、市民たちによる大規模デモが行われていた。
 1997年にイギリスから中国に変換された香港だが、50年間は一国二制度が維持され、集会の自由や結社の自由が認められる資本主義システムが継続される約束である。香港に逃げ込んでいる犯罪者を中国政府に引き渡せるようにするため、逃亡犯条例を改定しようとしていた。これに対して香港市民が100万人規模のデモで抗議することになったのだ。ちなみに、香港の人口は700万人である。
 当初、こうしたデモにもかかわらず改正は実施されると思われたが、あまりの規模に香港政府は期限を定めずにこれを延期する、と発表した。
 中国政府が香港市民のデモや議会のこうした決定に対してどう動くのか世界が見守っている。

●【香港デモ】「逃亡犯条例」改訂が巻き起こした衝撃と市民の怒り - ふるまいよしこ
https://blogos.com/article/384590/

●逃亡条例改正「延期」 どうなる香港デモ、3つの疑問
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/061500453/

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/6/7-6/14)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/6/7-6/14)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/6/14)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/6/7-6/14)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/6/7-6/14)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
6月17日(月)
米6月ニューヨーク連銀景気指数
米4月対米証券投資

6月18日(火)
FOMC(〜19日)
米5月住宅着工・建設許可件数
ユーロ圏5月HICP

6月19日(水)
日銀金融政策決定会合(〜20日)
日5月貿易収支
日5月訪日外客数
米パウエルFRB議長会見
決算:米Oracle、他

6月20日(木)
黒田日銀総裁会見
日4月全産業活動指数
EU首脳会議
米1-3月期経常収支
米6月フィラデルフィア連銀景気指数
米5月景気先行指数
ユーロ圏6月消費者信頼感

6月21日(金)
米5月中古住宅販売
ユーロ圏6月製造業・サービス業PMI

6月22日(土)

6月23日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ