第376号の目次です。

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(〜第177号)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

メルマガ主要バックナンバー: 恋愛工学(第178号〜)、教育工学、他
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52121885.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2019年7月8日 第376号
// 子供は欲しいが法的結婚はしたくない人のための戦略論
// 米国株史上最高値を日々更新
// 第116号〜第120号の中でいまでもオススメのお店
// 自分は東大卒なのですが日東駒専の彼女とつきあっていて将来できる子供の偏差値が不安
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 いよいよ初夏になってきました。また、アジアのビーチにでも行きたいです。海外旅行とか留学とか、日本人にはアメリカとかヨーロッパとか人気なんですが、親戚がスポーツイベントなんか運営する会社で働いていて、時差12時間ぐらいの飛行機にしょっちゅう乗っていて病気になったし、自分が銀行でサラリーマンしていたとき、僕はそんなに客に会うような仕事でもなかったのと、残念ながら経営陣とミーティングするほど偉くもならなかったので頻繁ではなかったのですが、ニューヨークに行くのもロンドンに行くのもけっこう大変だった記憶があるので、同じタイムゾーンのアジアとオーストラリア・ニュージーランドぐらいが好きですね。この辺は個人差があって、時差がぜんぜん平気な人もいるし、僕も試せば大丈夫なのかもしれませんが、いまのところチャレンジする予定はないです。まずは、アジアを攻めたいな、と。とりあえず、アジア進出かな、と。

 大手コンビニ・セブンイレブンのQR決済サービスで生年月日を入れれば任意のメルアドでパスワードリセットできるというトホホな仕様を突かれ、いろいろ金を抜かれてしまいました。謝罪の記者会見でこの子会社社長がいろいろとITに対する無知をさらけ出してしまい、日本のIT業界や大企業管理職のダメさを象徴しているような事件となり、ネットで盛り上がっていましたね。まあ、いまどき優秀なIT技術者はGoogleとかAppleとかのキラキラした外資系企業に務めていたり、起業していたりするんで、人材不足なんでしょう。

●「7pay緊急会見」で露呈した3つの大問題。なぜ脆弱なセキュリティ対策で開始したのか
https://www.businessinsider.jp/post-194071

★僕のところにもすでに入会済みのクレジットカードの勧誘のDMが届き、なんか大丈夫なんかな、と心配になりました。

 ビジネス情報誌週刊Spa!で連載している映画評ですが、今回は若いシングルマザーについての論評を書きました。

●学校一の美人はヤンキー男と10代で付き合って妊娠し、シンママになっている『ワイルドライフ』
https://nikkan-spa.jp/1585792

 今週も興味深い投稿がいくつもあります。注目トピックは以下のとおりです。

-「老後資金2000万円問題」は健康問題を無視しています
- 自分は東大卒なのですが日東駒専の彼女とつきあっていて将来できる子供の偏差値が不安
- 友達フォルダからの復活はなぜ難しいのか
- 彼女に中出ししたところ激怒され20万円要求されています
- 出張先でパパ活する方法
- ストナンで19歳ギャルとゴール!地蔵克服のための4フェーズ徹底解説

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.子供は欲しいが法的結婚はしたくない人のための戦略論

 僕は結婚という契約の怖さについて本を書いているぐらいなので、(特に男性は)結婚しないことを推奨しているように誤解されていますが、むしろ逆です。

『損する結婚 儲かる離婚』 https://amzn.to/2ZHb2xu

 基本的にセックスに関しては女性が売り手、結婚に関しては男性が売り手、というのが恋愛市場、そして、結婚市場の特徴ですが、日本においては結婚カードにべらぼうな値段が付いています。それは、宗教的に日本人女性が結婚に執着しているからです。だったら、売り手としては、めちゃくちゃ高い値段で相手が買ってくれるわけで、売ったほうが得です。当たり前ですね。結婚カードを切れば、男性なら3ランクぐらい上の女性をゲットできます。相手がバリバリ金を稼いでいるキャリアウーマンなら、男のほうはごっそりとお金をもらう権利が手に入ってしまうのですが、そのことに気づいてさえいません。これはとても不思議なのですが、日本人女性のほとんどが結婚の法的意味を理解しないまま、それをひたすら求めているのです。

週刊金融日記 第144号 女の人の結婚に対する情熱を考える
週刊金融日記 第149号 結婚という宗教を考える
週刊金融日記 第189号 なぜそれでも人は結婚するのか
週刊金融日記 第192号 ハーレムを夢見る男と金持ち男性と結婚してやりたい放題を夢見る女
週刊金融日記 第228号 女の恋愛・結婚戦略 〜金と子供の視点から

 こうした日本の恋愛・結婚市場の構造から、男性の生物学的な子孫繁栄のためのストラテジーが何か、ということを工学的に考えていくと、時間差一夫多妻、すなわち結婚して家庭を作り、家庭を壊して離婚し、また結婚して家庭を作り、ということを繰り返し、時間軸で分散させることによる一夫多妻を実現することになるかと思います。だから、毎回、生涯の妻として○○を一生愛し続けることを誓います、と白々しいというか、統計学的にありえない嘘を付き続けるわけですね。こうして結婚カードを何回も切って、相手に過剰なプレミアムを支払わせることが男性にとっては子孫繁栄の最適解となりそうです。
 誤解のないように言っておきますが、僕は何も生物学的な子孫繁栄に成功したオスが人生の勝者だとか、そういう価値観を主張しているわけではありません。ある種の思考実験的なものです。言うまでもなく、人生の価値が何で決まるのか、というのは人それぞれで、究極的には答えなどありません。

週刊金融日記 第121号 恋愛工学と人生の意味

 じつのところ、この過剰な結婚カードのプレミアムを補ってあまりあるほど結婚が高くつくのは、高額所得者の男性だけで、割合から言えば、そんな高額所得者の男性は一握りなんですよね。だから、もっと気楽に結婚カードを切った方が、質の高いメスをゲットできる可能性が高まるのですよ。そして、高額所得者じゃなければ、簡単に離婚できるし、奥さんのほうが年収が高ければ、離婚するときに金までもらえちゃいます。
 ちなみに、高額所得者の女性が、低年収の男性と法的な結婚をするのは、単なる法律の不理解か、結婚教の強烈な信者かのどちらかで、いずれにしても極めて非合理的な行動になります。

●離婚と解雇はこんなに似ている。
https://diamond.jp/articles/-/128360

 さて、今週も読者からの相談にまずは答えていきたいと思います。

=============================
- 婚外子を作って子孫繁栄したい病院経営者ですがいろいろ懸念があります

匿名希望にてお願いします。
アラサーの・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

※ 2019年6月29日-2019年7月5日の週間パフォーマンス

TOPIX: 1592.58, +2.7% (1w), +6.6% (YTD)
Nikkei225: 21746.38, +2.2% (1w), +8.7% (YTD)
S&P500: 2990.41, +1.7% (1w), +19.3% (YTD)
USD/JPY: 108.49, +0.6% (1w), -1.0% (YTD)
EUR/JPY: 121.80, -0.7% (1w), -3.1% (YTD)
Oil(WTI Fut): 57.51, -1.6% (1w), +25.5% (YTD)

●米国株史上最高値を日々更新、安倍首相もトランプ大統領も選挙は安泰か(金融日記 Weekly 2019/6/29-7/5)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52156002.html

 株価が好調である。米国株は連日史上最高値を更新し・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

- 第116号〜第120号の中でいまでもオススメのお店

 過去のレストラン紹介を見直しているのですが、第117号で白金のお店をまとめてレビューしていて、そのレビューのレビューみたいになったので、今週もけっこうたくさんのお店が(再)登場です。やっぱり白金は美味しいレストランが集結している日本を代表する高級住宅地なんですよね。まあ、食事はいいんですけど、ここに住んで子育てするのはオススメしません。本当です。

週刊金融日記 第272号 高級住宅地は子育てにまったく向かないという話

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

-「老後資金2000万円問題」は健康問題を無視しています

XXXXXXXです。
最近騒々しい「老後資金2000万円問題」に関して、対策記事の大半が経済面ばかり注目していて健康問題を無視しています。
要介護老人になったら、金があってもなくても大差ないのです。
介護保険により、要介護状態では、生活保護老人でも資産1億円の老人でも生活水準は同じです。
要介護になる前に金が尽きて生活保護になったら確かに不自由です。
健康水準には個人差があるから、要介護になるのがいつなのかは事前にはわからない。
老後資金は「比較的健康な老人」の生活を良くすることはできるが、それって、どれだけ意味があるでしょうか。
要介護ではなくても、加齢とともに、確実に心身は衰えていきます。
70歳で若い女とパンパンやりまくれる人はごくわずかでしょう。
愛人に殺されたらしい「紀州のドン・ファン」77歳は、豪邸に住んで、きれいな女性を侍らしていましたが、飲み食いも排泄も性生活も、満足にできなかったようです。

●紀州のドン・ファン悲しき虚栄「オムツに大小漏らし、妻に毛嫌いされ…」脱税、刺され、名字も変える
https://dot.asahi.com/wa/2018061000004.html

週刊金融日記 第320号 紀州のドン・ファンにレクイエム

若い時にできることはやっておくべきで、後から後悔しても遅い。
我々は、豪邸に・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ