TOPIX: 1666.5, +1.1% (1w), +11.5% (YTD)
Nikkei225: 22850.77, +0.2% (1w), +14.2% (YTD)
S&P500: 3066.91, +1.5% (1w), +22.3% (YTD)
USD/JPY: 108.17, -0.5% (1w), -1.3% (YTD)
EUR/JPY: 120.76, +0.3% (1w), -3.9% (YTD)
Oil(WTI Futures): 56.2, -0.8% (1w), +22.7% (YTD)

 Twitterでは金融関係者や自称玄人の投資家たちが、世界同時金融危機のあと10年以上も続いた上げ相場がそろそろ終焉を迎える、などとだいぶ昔からつぶやいているが、米国株は史上最高値を更新し、トランプ大統領が高らかに勝利宣言をTwitterに投稿した。

★The S&P just hit an ALL TIME HIGH!

 米中関係の急速な悪化、それによる中国経済の成長鈍化、イギリスのEU離脱、香港と中国政府の対立、北朝鮮問題、ソフトバンクグループによるWeWork投資の巨大損失……、とこの長期の上げ相場を終わらせる要因はいくらでも考えられるが、株式市場は依然として強い。また、株価が史上最高値を更新し続ける一方、各国の失業率は歴史的低水準に引き続きとどまっている。

●米雇用者、予想上回る12.8万人増−スト克服、利下げ休止説裏付け
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-01/Q0AIQKDWX2QJ01

●米国株、反発 ダウ301ドル高で3カ月ぶり高値、雇用統計を好感
https://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_S9A101C1000000/

 しかし、中国経済の減速は日本の製造業に大きな影響を与えており、決算では下方修正が相次いだ。日本株はここまで大きく上昇してきたが、そろそろ利益確定売りが出やすい位置に来ている。

●製造業の下方修正、7年ぶり高水準 非製造業と明暗 20年3月期、海外低迷が重荷
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51758840S9A101C1EA5000/

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/10/25-11/1)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/10/25-11/1)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/11/1)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/10/25-11/1)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/10/25-11/1)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
11月4日(月)
米9月製造業受注
ユーロ圏10月製造業購買担当者景気指数
休場:日本(文化の日振替)

11月5日(火)
日10月マネタリーベース
米9月貿易収支
米10月ISM非製造業指数
決算:NTT、ソフトバンク、スズキ、アサヒ、サントリーBF、丸紅、王子、マルハニチロ、ニチレイ、古河電、横河電、東建物、京王、JR九州、ベネッセ、他

11月6日(水)
日銀金融政策決定会合議事要旨(9/18-9/19開催分)
ユーロ圏10月サービス業購買担当者景気指数
決算:ソフトバンクG、ダイキン、三菱商、オリンパス、SUBARU、国際帝石、旭化成、三井化学、味の素、東急建設、参天薬、ツムラ、三菱自、他

11月7日(木)
決算:トヨタ、三井不、菱地所、資生堂、キリン、バンナム、楽天、東レ、リンナイ、日清紡、日清食、森永乳、メルカリ、フジ、ゼンショー、ニコン、丸井、西武、TBS、日テレ、スクエニ、他

11月8日(金)
日9月家計調査
米11月ミシガン大消費者センチメント
中国10月貿易収支
決算:ホンダ、セブン銀行、石油資源、大成建、長谷工、明治、マクドナルド、ダスキン、いすゞ、テレ朝、名鉄、東急不、りそな、他

11月9日(土)
中国10月消費者・生産者物価指数

11月10日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ