TOPIX: 1702.77, +2.2% (1w), +14.0% (YTD)
Nikkei225: 23391.87, +2.4% (1w), +16.9% (YTD)
S&P500: 3093.08, +0.9% (1w), +23.4% (YTD)
USD/JPY: 109.23, +1.0% (1w), -0.3% (YTD)
EUR/JPY: 120.38, -0.3% (1w), -4.2% (YTD)
Oil(WTI Futures): 57.24, +1.9% (1w), +25.0% (YTD)

 米中通商交渉への楽観やドルの長期金利が上昇傾向で円安に推移し、日本の株式市場は上昇している。FRBをはじめ世界の中央銀行が金融政策の正常化をあきらめ、超金融緩和を継続するとの思惑がある。来年11月の米大統領選挙まであと1年、トランプ大統領はなりふりかまわず株価を吊り上げてくるだろう。日銀による日経平均ETFの直接購入など、事情は安倍政権も同じである。こうした株価対策がどこまで保つのか。あるいは、本当に景気がよく、それが持続するのだろうか。
 バブルの兆候について専門家が警鐘を鳴らしても、そこからまだ数年上がり続けるということは大きなバブル相場ではよくある。また、日経平均株価のPERは予想ベースで14倍程度で、ファンダメンタルズ的にはまったくバブルというほど割高にはなっていないというのも事実だ。

●トランプ大統領、中国は米国との合意望む 貿易協議が進展
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-10/Q0Q6JKDWLU6G01

●来週はドル110円を試すか、米中交渉を巡る思惑と金利動向が鍵
https://jp.reuters.com/article/tokyo-frx-wklyoutlook-idJPKBN1XI0OR

●外為17時 円、反落し109円台前半 米金利上昇でドル買い
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0IMF06_Y9A101C1000000/

●トランプ氏再選へ逆風も=経済政策、正念場に−米大統領選
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110200371

●世界株、最高値まで1% 「適温相場再び」危うい楽観
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52000740Z01C19A1EA2000/

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2019/11/1-11/8)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2019/11/1-11/8)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2019/11/8)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2019/11/1-11/8)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2019/11/1-11/8)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
11月11日(月)
日9月機械受注
日9月経常収支
日10月景気ウォッチャー調査
日銀金融政策決定会合の主な意見(10/30-31開催分)
休場:米(ベテランズ・デー)
決算:東急、博報堂DY、他

11月12日(火)
日10月マネーストック
決算:日産自、鹿島、清水建、富士フイルム、JFE、セイコー、ソニーFH、住友不、他

11月13日(水)
日10月企業物価指数
米10月消費者物価指数
パウエルFRB議長 米議会上下両院合同経済委員会証言
決算:三菱UFJ、三井住友、東芝、近鉄、東映、リクルート、新生銀、京急、ヤマハ発、他

11月14日(木)
日7-9月期GDP
米10月生産者物価指数
ユーロ圏7-9月GDP
中国10月固定資産投資
中国10月鉱工業生産
中国10月小売売上高
決算:みずほ、日本郵政、ゆうちょ、かんぽ、電通、出光興産、あおぞら、第一生命、米Walmart、米Nvidia、他

11月15日(金)
米10月小売売上高
米10月鉱工業生産
米11月ニューヨーク連銀景気指数
ユーロ圏10月消費者物価指数

11月16日(土)

11月17日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ