TOPIX: 1786.52, +3.4% (1w), +3.8% (YTD)
Nikkei225: 26644.71, +4.4% (1w), +12.6% (YTD)
S&P500: 3638.35, +2.3% (1w), +12.6% (YTD)
USD/JPY: 104.07, +0.2% (1w), -4.2% (YTD)
EUR/JPY: 124.47, +1.1% (1w), +2.2% (YTD)
Oil(WTI Futures): 45.53, +8.0% (1w), -25.6% (YTD)

 日米ともに、新型コロナウイルス禍が深刻さを増している。日本は連日、過去最高の新規感染者数を記録し、北海道や大阪などは集中治療室が埋まり、院内感染などから他の病気の治療も困難になりつつある。これを医療崩壊と言えば、すでにそのフェーズに入っている。また、限られた検査キャパシティの問題で検査陽性率は10%に迫り、見かけの新規感染者数も増えにくくなっており、実態ははるかに酷いのかもしれない。
 アメリカも同様で過去最高の1日20万人の感染者を出し、犠牲者数は12月中にも第二次世界大戦の記録を超える。ロスアンゼルスなどの大都市は再びロックダウンされている。

●大阪、医療逼迫懸念一段と 軽症・中等症病床使用率53%
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66780830Y0A121C2AC8Z00

●米国のコロナ感染、初の1日20万人 ロスは外出禁止令
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66782060Z21C20A1000000

 コロナ禍の被害が拡大しても株価が上がり続けるのはもはやいつもの光景だ。実体経済は悪化の一途を辿るが、それだからこそ、過剰な金融緩和や各国の給付金などのヘリコプターマネーが継続する、と考えることもできる。また、ワクチン開発が上手くいき、来年中にはコロナ禍などすっかり解決されている、という期待もあるだろう。しかし、やはり給付金など、ばら撒かれたマネーが、株式市場に向かい、株を買うから上がる、上がるから買う、というバブルになっている、というのが実態ではないだろうか。
 日銀の株式の市場での直接購入など、過剰な非伝統的金融緩和もいずれ出口戦略を考えないといけないときが来る。アメリカのFRB然りである。まだ、だいぶ先であるが、そのときは、コロナ禍や実体経済の改善のニュースで逆に株価が下がるような展開もありえるだろう。
 あまりにも加熱し過ぎたため、今週は短期的な調整局面はあるかもしれない。

●日銀含み益5.8兆円、株式投資への批判も
https://jp.wsj.com/articles/SB10793175384125413674804587123701639016904

●「疑似MMT」実践する主要国、問われる長期リスク管理能力
https://jp.reuters.com/article/focus-pandemic-corona-monetary-policy-mm-idJPKBN2800QA

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2020/11/20-11/27)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2020/11/20-11/27)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

FX
直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2020/11/27)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2020/11/20-11/27)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
直近1年のS&P500と原油価格(WTI原油先物)の推移[USD]
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2020/11/20-11/27)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
11月30日(月)
日10月鉱工業生産
日10月商業動態統計
日10月住宅着工統計
米11月シカゴPMI
中国11月製造業PMI

12月1日(火)
日10月失業率・10月有効求人倍率
日7-9月期法人企業統計
米11月ISM製造業景気指数
ユーロ圏11月製造業PMI
ユーロ圏11月HICP
中国11月財新製造業PMI
決算:伊藤園、米Salesforce、他

12月2日(水)
日11月マネタリーベース
米11月ADP全米雇用リポート
米ベージュブック

12月3日(木)
米11月ISM非製造業指数
ユーロ圏11月サービス業PMI

12月4日(金)
米11月雇用統計
米10月貿易収支
米10月製造業受注

12月5日(土)

12月6日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ