TOPIX: 2091.65, +3.8% (1w), +17.6% (YTD)
Nikkei225: 30381.84, +4.3% (1w), +14.0% (YTD)
S&P500: 4458.58, -1.7% (1w), +20.4% (YTD)
USD/JPY: 109.9, +0.1% (1w), +6.4% (YTD)
EUR/JPY: 129.81, -0.4% (1w), +2.9% (YTD)
Oil(WTI Futures): 69.72, +0.6% (1w), +44.0% (YTD)

 筆者は、自民党の長老のひとりである麻生氏が河野氏の立候補を容認しないと考え、そうであるならば高市早苗前総務相がいまでも自民党に最大の影響力を裏で行使する長老の安倍氏の支持で首相になるかもしれない、との予想を書いた。

●菅首相はコロナ禍軽視の賭けに敗れる、次期総理はずばり高市早苗か(金融日記 Weekly 2021/8/27-2021/9/3)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52193148.html

 しかし、コロナ禍の中で短命に終わる可能性が高い、このタイミングであっても何としてでも一回は総理になってみたいという政治家河野氏の情熱に麻生氏も根負けして、しぶしぶ総裁選立候補を容認することになった。

●麻生氏「負けると後々面倒」も…河野氏“出馬容認”
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000228475.html

 また、国民的人気を博し、いずれ自民党を背負って立つことになる小泉進次郎環境相も河野氏支持を表明しており、こうなってくると勝ち馬に乗ることに必死の他の議員も河野氏支持に動くので、もはやよほどのことがない限り、河野総理誕生ではないか、と思われる。

●小泉環境相、総裁選で河野氏支持意向固める
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/636653

 河野氏は筋金入りの反原発であり、過激なエネルギー政策が心配だったが、すぐに原発を止めるというようなことはしない、と中庸な主張をはじめており、すでに総理になったあとのことを考えているようだ。
 また、森友問題に言及しないなど、安倍氏への配慮も見せている。

●週刊金融日記 第487号 次期首相最有力候補の河野太郎は筋金入りの反原発派
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52193287.html

●河野太郎氏、原発再稼働の可能性に言及 森友問題再調査は否定
https://mainichi.jp/articles/20210910/k00/00m/010/154000c

 もともと最有力候補であったため、レノバ【9519】などの代替エネルギー関連株などはすでに40%も値上がりし、河野銘柄は暴騰を続けている。自民党が次の選挙で過半数を取れる公算が高まり、政権が不安定になることが回避されるとの期待から、出遅れていた日本株全体も一気に上昇した。河野銘柄や日本株全体のモメンタムがしばらく続くのかどうか注視したい。
 また、中期的視点では、コロナ禍の中で、麻生氏が危惧したとおりに短命政権に終わる可能性が非常に高い、と依然として筆者は予想している。

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2021/09/03-2021/09/10)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2021/09/03-2021/09/10)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2021/09/10)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2021/09/03-2021/09/10)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2021/09/03-2021/09/10)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント
9月13日(月)
米8月財政収支

9月14日(火)
日7月鉱工業生産
米8月消費者物価指数

9月15日(水)
日7月機械受注
米9月ニューヨーク連銀景気指数
米8月鉱工業生産
中国8月鉱工業生産
中国8月小売売上高

9月16日(木)
日8月貿易収支
米8月小売売上高
米9月フィラデルフィア連銀景気指数
米7月対米証券投資

9月17日(金)
自民党総裁選告示日
米9月ミシガン大学消費者信頼感指数
ユーロ圏8月消費者物価指数

9月18日(土)

9月19日(日)
メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ