TOPIX: 2040.6, +0.0% (1w), +14.7% (YTD)
Nikkei225: 29609.97, +0.0% (1w), +11.1% (YTD)
S&P500: 4682.85, -0.3% (1w), +26.5% (YTD)
USD/JPY: 113.92, +0.5% (1w), +10.3% (YTD)
EUR/JPY: 130.35, -0.6% (1w), +3.3% (YTD)
Oil(WTI Futures): 80.79, -0.6% (1w), +66.9% (YTD)

 先週末、自分が持ってるテスラ株の10%を(税金を払うために)売却する案を、Twitterの投票にかけていたイーロン・マスク氏だが、さっそくすぐに株を売り始めた。なにかの冗談だろう、と思っていたテスラ株ホルダーもいたようだが、彼は有言実行の人である。
 本人は、テスラ株をこのスッ高値で売って、いま力を入れている宇宙のほうにもっと資金を当てたいとか、いろいろ売りたい理由があったのだが、会社のトップが自社株を売るというのは、非常に問題が大きい。そこを、税金を払うという大義名分を用意し、さらに、売るかどうかはTwitterのフォロワーにアンケートで決めてもらう、という形にして、なんとも上手いこと売る理由を作った。
 まだ、目標の株数の4分の1ほどで、残りの4分の3は来週以降に引き続き売却されることになる。世界一の金持ちのイーロン氏だが、世界一の金持ちの地位を盤石にするため、いいところで利確しているようだ。

●ファイザー社がついにコロナ飲み薬を開発、イーロン・マスク氏がテスラ株約2.2兆円を売却へ(金融日記 Weekly 2021/10/29-2021/11/5)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52195877.html

●イーロン・マスク氏、5700億円分のテスラ株売却
https://www.cnn.co.jp/business/35179398.html

 アメリカでインフレが起こっている。10月の消費者物価指数は、前年同月比で6.2%の上昇となり、およそ31年ぶりの高い水準になった。これは多くの市民の感覚とも一致するもので、バイデン大統領もインフレを抑えることを最優先する、と発言した。
 多くのアメリカ市民は株やビットコインなど持っていないので、FRBの異常な量的緩和の恩恵は受けないが、こうしたインフレは市民の暮らしを直撃する。金持ちをもっと金持ちにしたコロナ緩和バブルに対して、批判が強まるかもしれない。

●アメリカの10月の消費者物価指数、30年ぶり高い上昇率 インフレ止まらず
https://www.bbc.com/japanese/59243599

★バイデン大統領もインフレ懸念を直接的に語るようになった。

★日本は円安と原油などのエネルギー高騰で物価が上昇し始めている。

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2021/11/05-2021/11/12)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2021/11/05-2021/11/12)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2021/11/12)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2021/11/05-2021/11/12)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2021/11/05-2021/11/12)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント

11月15日(月)
日7-9月期GDP(速報)
米11月ニューヨーク連銀景気指数
中国10月鉱工業生産
中国10月小売売上高
決算:リクルート、三菱UFJ、他

11月16日(火)
米10月小売売上高
米10月鉱工業生産
米9月対米証券投資
日7-9月期GDP(改定値)
決算:米Walmart、他

11月17日(水)
日10月貿易収支
日9月機械受注
米10月住宅着工件数
ユーロ圏10月消費者物価指数
決算:米Nvidia、他

11月18日(木)
米11月フィラデルフィア連銀製造業景気指数

11月19日(金)
日10月全国消費者物価指数

11月20日(土)

11月21日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ