TOPIX: 2557.88, +0.7% (1w), +8.1% (YTD)
Nikkei225: 36897.42, +2.0% (1w), +10.3% (YTD)
S&P500: 5026.61, +1.4% (1w), +5.4% (YTD)
USD/JPY: 149.26, +1.9% (1w), +5.5% (YTD)
EUR/JPY: 160.85, +1.0% (1w), +2.8% (YTD)
Oil(WTI Futures): 76.84, +6.3% (1w), +7.2% (YTD)

 相変わらず日米の株式市場が好調である。生成AIブームにより先端半導体需要増加で、孫正義氏が見い出し買収したARMの株価が一日で約50%も上昇し、時価総額が18兆円ほどになった。これの9割をソフトバンクGが保有しており、孫正義氏は中国のアリババに続き、莫大な利益を生み出す世紀の投資をまたもや成功させた。2022年に米国のインフレから急激な利上げが起こり、ハイテク株などが総崩れする中で、孫正義氏の肝いりのビジョンフォンドが大きな損失を出し、多くの評論家がバカにしていたが、結果的にはARMで大逆転し、あっぱれである。孫正義、どこまでも金に愛されいている男である。
 また、台湾のTSMCなどの株価も大きく上昇した。TSMCはトヨタ自動車などからも出資を受け、熊本県で大規模な半導体製造工場を建設中だ。
 現在、中国・香港は春節(=中国の正月)で大型連休である。日本も月曜日は建国記念日の振替休日で休みだ。中国人は不動産バブル崩壊で羽振りが悪くなっており、近場の国内旅行で済ませる人が多く、また、日本入国はビザの問題などもあり、中国からのインバウンド観光客は例年ほどではない。とはいえ、春節に合わせて、世界一金を稼ぐエンターテイナーであるテイラー・スウィフトのコンサートが東京で開催され、多くの中国人観光客が訪日したようだ。

●週刊金融日記 第534号 孫さんが金融のプロにカモられ損した話とAIの未来について、他
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52207306.html

●株価 小幅な値上がりも 一時 3万7000円台 約34年ぶりの水準に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240209/k10014353051000.html

●TSMC、熊本に第2工場 トヨタ2%出資 27年稼働へ、先端半導体量産 2.9兆円投資発表
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78291480X00C24A2MM8000/

★ARM大暴騰でソフトバンクGに天文学的な含み益がもたらされた。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1755437793868746773

●英アーム売上高・利益が予想超え、AI分野で収益拡大 株価急騰
https://jp.reuters.com/markets/japan/424SHXXQNJOB5IMBQTS4VL37OY-2024-02-07/

●ソフトバンクG株が続伸、9割保有のアームが米国時間に48%高
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-02-09/S8K60ST0AFB400

●「春節商戦」訪日客が多様化 中国人半減、東南アが補う
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC314VH0R30C24A1000000/

●テイラー・スウィフト 推しの経済効果“1.5兆円” 米国人「日本で見たほうが安い」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000336540.html

米個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/02/02-2024/02/09)
米個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: Google Finance, Yahoo!Finance

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

日本株
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
直近1年の日経平均株価とインプライド・ボラティリティの推移
出所: 日経新聞社

サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス(2024/02/02-2024/02/09)
サイズ/スタイル/セクター別の週間パフォーマンス
出所: 東証、日経新聞社、セクター指数はTOPIX17業種

個別銘柄の週間パフォーマンス(2024/02/02-2024/02/09)
個別銘柄の週間パフォーマンス
出所: 会社四季報、Yahoo!ファイナンス

直近1年のドル円とユーロ円の推移
直近1年のドル円とユーロ円の推移
出所: セントラル短資

イールドカーブ(2024/02/09)
イールドカーブ
出所: Bloomberg.com

主要通貨の週間パフォーマンス(2024/02/02-2024/02/09)
主要通貨の週間パフォーマンス
出所: セントラル短資

外国株とコモディティ
外国株とコモディティ
出所: Yahoo!ファイナンス、Bloomberg.com

地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD](2024/02/02-2024/02/09)
地域別株価指数とコモディティの週間パフォーマンス[USD]
出所: iShares: MSCI Japan (EWJ), MSCI Kokusai (TOK)、MSCI Core Europe (IEUR), MSCI All Country Asia Pacific ex Japan (AAXJ), MSCI Emerging Markets (EEM), GLOBAL REIT ETF (REET). Bloomberg.com: Oil WTI Futures (CL1), Gold Futures (GC1)

今週のマーケット・イベント

2月12日(月)
米1月財政収支
休場:日本(建国記念日振替)

2月13日(火)
日1月国内企業物価指数
日1月工作機械受注
米1月消費者物価指数
独2月ZEW景況感指数
決算:JT、アサヒ、INPEX、シマノ、日清食、鹿島、出光興産、他

2月14日(水)
決算:ソニーG、東京海上、MS&AD、第一生命、SOMPO、クボタ、バンダイナム、キリン、ヤマハ発、楽天G、電通G、SUMCO、他

2月15日(木)
日10-12月期GDP
米1月小売売上高
米1月輸出・輸入物価指数
米1月鉱工業生産
米1月設備稼働率
米2月NAHB住宅市場指数
米12月対米証券投資
米2月ニューヨーク連銀製造業景気指数
決算:サントリーBF、他

2月16日(金)
米1月生産者物価指数
米1月住宅着工件数
米1月建設許可件数
米2月ミシガン大学消費者態度指数
日12月第3次産業活動指数

2月17日(土)

2月18日(日)

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ