第625号の目次です。

●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行)
http://yakan-hiko.com/PU14

●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160749.html

●週刊金融日記 重要バックナンバー(note)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52021876.html

==============================
// 週刊金融日記
// 2024年5月8日 第625号
// ビザなし中国本土(Mainland)経由の海外旅行のすゝめ
// 神田財務官ゴールデンウイーク海外旅行応援介入
// 広州の食は香港の上位互換だった件
// 移民がいないと日本経済は回らないのか
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 僕は自営業で旅行などは融通が効くのですが、同行する人たちがそうも言っていられないので、ちゃんとゴールデンウイークの始まりに日本を発ち、ゴールデンウイークの終わりに日本に帰ってくるチケットで海外旅行してきました。いろいろ面白い発見があったので、メルマガで順次報告します。

 このメルマガ原稿を書いている時に、恒例のApple製品発表会があったのですが、楽器や画材などを破壊して、すべてiPadで置き換えるんだ!という映像がドヤ顔で流されて、界隈から顰蹙を買っているようですね。

★ティム・クックさん自らその部分をポストしていたので、確信的にやっているんでしょうね。炎上マーケティングでしょうか。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/1787900250893717509

 新潮新書の拙著2冊が期間限定でKindleのUnlimitedに加わっています。

『反原発の不都合な真実』
https://amzn.to/49Ygwrd

『コスパで考える学歴攻略法』
https://amzn.to/3UOEroZ

 今週も読者から興味深い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

-ビットコイン10億円購入したメタプラネットは大丈夫ですか
-子供が公立高校から阪大に現役合格した喜びをここで吐露させてください
-移民を受け入れないと社会が回らないというのは本当でしょうか
-結婚前にすでに持っていた非上場企業の株資産は財産分与の対象になりますか

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.ビザなし中国本土(Mainland)経由で行く海外旅行のすゝめ

 日本の外交姿勢は、良く言えば日米同盟に基づき、悪く言えば米国の衛星国とか属国としての立場を軸としつつ、現在では日本の最大の貿易相手国である中国に対して、親中と反中の間で揺れています。
 中国のGDPが米国のGDPの7割ほどに達し、また、中国の外交姿勢もアグレッシブになってきたことなどから、米国はここ数年はあからさまな中国封じ込め戦略を展開しています。誰がこの地球を仕切るんか、という米中覇権争いですね。いまのところ仕切っているのは米国です。中国は少なくとも表向きには仕切りたいとは言っておりませんが(多極化や相互の繁栄を謳っています)、米国覇権が脅かされるかもしれない、とりわけ米国がアジアでの地域覇権はあきらめるかもしれない(中国がアジアの地域覇権を取るか?)、というのが今後10年ぐらいのスパンで見た時、明らかに最重要テーマですね。台湾リスクもありますね。

週刊金融日記 第605号 台湾有事について
週刊金融日記 第607号 リベラリズムが終わりリアリズムの世界到来

 これは岸田首相の考えなのか、世論を汲み取ったのか、あるいはもっと大きな国際政治の中で決まったことなのか知りませんが、日本政府は親米反中の旗幟(きし)を鮮明にしました。米国が先端半導体関連で中国に制裁をすると、日本の半導体関連メーカーもそれに従い輸出規制したり、コロナ禍の時は世論が盛り上がって中国からの入国に対して科学的とは言えない制限をしたりしました。それに対して、福島原発事故の処理水を海洋放出した際には、中国政府が難癖をつけてきて日本の水産物の輸入禁止などしました。こうした細々とした日中の報復合戦で、昔は観光なら日本人は中国本土はビザなしで行けたのですが、行けなくなったわけですね。
 僕はそんなこと知らずに、とうとうコロナ禍が終わって香港から深センに行けるようになり、香港人の知人と喜び勇んで高速鉄道のチケットを買って深センに向かったところ、人生初の国外退去処分を喰らいました(笑)。その後、某ボーダーでアライバルビザを発行していることを知り、無事に深センには行けたんですけどね。
 現在に至ってもなお日本人のビザ免除は復活しておりません。

週刊金融日記 第576号 AlipayHKをインストールして深センに行ったら新世界への扉が開いた

●中国のビザ免除、日本置き去り 「相互主義」の壁厚く
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM21BB60R21C23A2000000/

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

2.今週のマーケット

●神田財務官ゴールデンウイーク海外旅行応援介入!一時151円台(金融日記 Weekly 2023/4/26-2024/5/3)
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52231726.html

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

3.ブログではいえないお店

-広州の食は香港の上位互換だった件

 前回、中国本土ビザなし旅行の方法を試したら、まんまと上手く行った、と報告しました。今回は中国本土経由で中東のドバイに行ったのですが、最初は、上海経由で行って、帰りは西安経由で帰ってきて、その上にとても安いチケットを見つけて購入を検討していました。しかし、本当にビザなしでいいんか、と心配になってきて、再度ググっていろんなサイトに書いてあることを調べたり、旅YouTuberたちの報告を見て確かめている間に、それが売り切れてしまいました! 良いチケットは出てきたらパッと買わないといけないんですよね。それで、仕方なく広州経由になりました。
 香港のすぐ北に深センがあり、ここが中国のシリコンバレーと呼ばれているところで、その北西が広州で、中国政府は広州とその下の珠海と深センと香港などの地域を「グレーターベイエリア」と呼んで、いろいろいっしょに発展させようと何年も前から言っていて、香港⇔マカオ⇔珠海と、めちゃくちゃ大きい橋(調べたところ世界最長?)を作ったりしましたが、いまのところ全くバラバラで、有機的に結びついて発展していく気配はありません。香港と中国本土とのボーダーはちゃんとした国境になっていて、良くも悪くもまだまだ外国ですからね。

●グレーターベイエリア
https://www.discoverhongkong.com/jp/greater-bay-area.html

 深センは昔は貧しい漁村だったのですが・・・

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

4.藤沢数希の身もフタもない人生相談

-ビットコイン10億円購入したメタプラネットは大丈夫ですか

上場企業のメタプラネットという会社がビットコインを10億円分購入しておりましたが今後の株価は上がっていくと思いますか?

●メタプラネット 4日続伸 ビットコインを総額10億円購入 平均単価は1枚1021万9524円
https://www.traders.co.jp/news/article/1_1942701

また今後ビットコインを保有する会社は増えていくと思いますか?

-藤沢数希の回答

・・・

続きはメルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ