金融日記

藤沢数希が運営するブログ。
金融・経済、Web関連ビジネス、書評、科学、恋愛工学などについて。

カテゴリ: 読書&映画感想文

損する結婚 儲かる離婚』藤沢数希

まえがき

 国際的なビジネスマンや起業家の方たちと話すと、彼らは目まぐるしく変化する世界経済のなかで、いかに稼いでいくか、そしてどうやってリスクを避けていくのか、非常に高い感度で情報収集し、とても深く考えていることに感心する。また、日本や世界の政治情勢に高い関心を示し、規制や税制の変化にもとても敏感である。これほど様々なリスクに関心を払っている優秀な彼らだが、身近にひとつの巨大なリスクを抱えていることに全く気がついていない。そのリスクとは「奥さん」である。
 これから話すことは、筆者の友人に本当に起きた話だ。筆者は国際金融の世界でトレーディングなどの仕事に従事し、いくつかの外資系投資銀行の東京オフィスを渡り歩いてきた。彼は以前勤めていた会社の同僚であり、友人だった。中国の理工系大学を卒業してから、やはり外資系金融機関の東京オフィスに就職して、かれこれ10年以上も日本に住んでいる、純朴な中国人の青年であった。日本語も流暢に話した。私たちは、英語と日本語のちゃんぽんでよく会話していた。その会社がちょうど東京でトレーディング・チームを拡張しているときに、私も彼もヘッドハントされて転職してきたので、自然と仲のいい友だちになって、たまに飲みに行ったりした。彼はまじめな青年だったので、あまり女関係の話はしなかった。仕事の話ばかりしていた。
 そんな彼が、ある日、奥さんのことで落ち込んでいた。彼には、日本人の妻がいた。その妻はホステスをしていたときに、彼と六本木のキャバクラで出会った。結婚して3年ぐらいになる。奥さんは専業主婦になり、子供はいなかった。当時の彼は30歳ぐらいで、彼の奥さんはたしか彼より3つぐらい下だったと思う。あるとき、彼は、妻が浮気をしていることを見つけてしまったのだ。そして、そのことで彼女を問い詰めると、あっさりと別の男と寝たことを認めたらしい。パブでふたりでビールを飲んでいるときに、彼はそのことを筆者に打ち明けてくれた。
 彼はとても真面目なタイプの男だったので、妻の浮気が許せなかった。彼から離婚を切り出した。すると、彼の奥さんも、それを認めた。そして、彼女は家を出て行ってしまった。しかし、彼の長い苦悩はここからはじまるのだった。彼に何が起こったのか? 結論から書くと、彼はこれから長い裁判を戦い続けることになり、最終的に離婚を勝ち取るのだが、それまでに2年間もの月日と膨大なエネルギー、そして大変な金額を費やすことになった。いったんは離婚を認めた妻だったが、その後にやっぱり離婚しないと言い出したのだ。そして、驚くことだが、彼は、この出て行った妻──どこに住んでいるかもわからない──に家庭裁判所から毎月37万円もの支払い命令を受けていた。これは彼の当時の年収の3000万円から家庭裁判所が計算したものだ。2年間、毎月37万円を支払い続けることになった。最終的に、彼は奥さんに3000万円もの解決金を支払うことにより、離婚裁判の最中に和解で離婚した。彼にはひとつも落ち度がないにもかかわらず、浮気をした妻に離婚してもらうために、37万円×24カ月=888万円、そして、和解の解決金3000万円で、合計3888万円も支払ったのだ。弁護士費用を含めれば、これは彼が別居をはじめたときのほぼ全財産に相当する金額になった。
 ここまで読んだ読者は、そんな理不尽なことがあるのか? 中国人の彼は、きっとその元ホステスと弁護士に上手いことやられたに違いない、と思ったことだろう。しかし、彼と同じ状況──夫の年収3000万円で妻は専業主婦──に立たされ、日本で離婚裁判に巻き込まれれば、誰もが似たような金額を払うことになるのだ。彼の離婚係争は、決して特殊なケースではなく、日本の司法慣習に完全に則っている。つまり、同じぐらいの年収があれば、誰もが陥る可能性のあることなのだ。
「離婚すると財産の半分を支払う」「相手が浮気をしたら裁判で簡単に離婚できる」「不貞行為をした相手からは莫大な慰謝料が取れる」などということが世間では言われているが、これらは全くの誤りである。
 まず、今回の彼のように、まともな企業からそれなりの給与を得ている場合、専業主婦と離婚しようと思えば、財産の半分で済むことは非常に稀である。なぜならば、婚姻費用という月々の支払い義務が発生するからである。また、相手が浮気をしたと言っても、いざ裁判になれば、そのことを相手が認めるわけもなく、それを立証するのは大変困難である。そして、日本は慰謝料自体は非常に安い。離婚で大きな金が動くのは、財産分与と婚姻費用であり、これらの支払いは、どちらが浮気などで離婚の原因を作ったかとは、全く関係ないのである。さらに、これは彼が極めて高額所得者であったからでもない。もちろん、ない金は絶対に取れないので、所得も貯金もない配偶者から離婚で金を取ることはできないのだが、まともな仕事である程度の所得を得ているビジネスマンが離婚するならば、彼と同じように、自分の財産の半分程度ではまず離婚できない、と思っていただいて差し支えない。
 このように実際の結婚と離婚でどうやって金が動くのか、世間には驚くほど正確な情報が伝わっていない。それはなぜかというと、弁護士の先生方は、建前の世界で生きているからだ。彼らは、司法の場で正義のために戦っているのであり、様々な司法テクニックを駆使して、相手から最大限に金を取るために働いてはいけないのである。少なくとも建前では。だから、弁護士の先生たちと、オフレコで酒でも飲みながら話すと、本当の司法の実態や裁判の戦い方を教えてくれるのだが、実名が出る書籍で、そのようなことが語られることはほとんどない。だから、弁護士でも何でもない筆者が、身もフタもない結婚と離婚のマネーゲームの真相を全て解き明かそうというのが、この本のひとつの目的である。
 また、法律家のみなさんは、キャッシュフローの現在価値の算出や、それぞれの司法戦略のリスクとリターンの分析など、近年、飛躍的に発達してきた金融工学の考え方が必ずしも身についていない。じつは、結婚(そして潜在的に将来の離婚)という法的契約は、ひとつの金融商品の取引だと考えて分析すると、驚くほどその本質が理解できる。
 ところで、本書は特に断りがなければ、男性のほうが年収が多いとして解説していくが、女性のほうが年収が多ければ、性を入れ替えて読んでいただければ、そっくりそのまま書かれている議論が当てはまる。なぜならば、男女平等というのは近代国家の法の精神の基本だからだ。当たり前だが、バリバリ働いている女性は、稼ぎの少ない男性と結婚したら彼を養う義務があり、離婚するなら彼に相応の金を払ってやる必要があるのだ。
 それでは、なぜこの中国人の青年が、浮気した専業主婦と離婚するために、これほどの労力と金額を費やさなければいけなかったのか、詳細に解説していこう。

税務申告に関しては、僕はこれまで領収書を手で分けて(この辺の仕事はアシスタントがやっていますが…)、エクセルで管理して、最後に税理士に投げるということをしていたのですが、これではいけないと思い、最近、また、いろいろと勉強して、経理事務の効率化のために、クラウド会計システムの導入に踏み切りました。そこで、個人事業主や小さな会社の経営者は、ぜひ、この4冊は読んでおいたほうがいい、というリストが出来上がりましたので、共有させていただきます。

1.フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。きたみりゅうじ



昔、紹介したことがある本です。システム・エンジニアを辞めてイラストレーターになった著者が、覆面税理士との対談形式で本にまとめたものです。基本的に、税金の話は、税理士が書く本は役に立ちません。なぜなら、税務は、ほとんどの零細企業が実際にやっているようなことと、教科書に書いてある税制はちがうからです。たとえば、社長と従業員がひとりかふたりの零細企業で、社会保険にちゃんと入っているところはほとんどありませんが、税理士が実名で書く本で、ぶっちゃけみんな入ってないよ、みたいなことを書くわけにはいきません。この本は、元プログラマのイラストレーターと覆面税理士が、実際の実務を書いていて、とても役に立ちます。何が経費になるかなど、フリーランスになった人が学ぶには、非常にいいです。古い本ですが、税制の変更には、増刷のたびにちょくちょく修正しており、それなりに新しくなっています。いまでも売れている本なので、買って損はありません。

2.フリーランス&個人事業主 確定申告でお金を残す! 元国税調査官のウラ技 第2版、大村大次郎



この大村大次郎という著者は、ほとんど同じ内容に、「裏ワザ」「合法的に脱税」「税金を9割安くする」などの過激な煽りタイトルを付けて、毎年、毎年、複数の出版社から本を出し続けています。しかし、内容は、とても常識的な、個人や零細企業ができる節税方法です。Amazonでざっと調べてみたところ、同じ内容の本を、かれこれ100冊は出版しています。税制は、毎年少しずつ変わり、古い本より、新しい本のほうが売れるので、ほとんどコピペで本を量産し続けられるわけですね。

しかし、同じ内容の本を100冊も書くと、さすがに100冊目ぐらいには、文章もこなれて、構成も洗練され、個人事業主や小さな会社の経営者が知っておくといい情報が過不足なく紹介され、とても完成度が高くなっています。受験勉強でも何でも、繰り返し練習することが大切なんですね。

ということで、オススメの1冊です。

3.2時間で丸わかり 会計の基本を学ぶ、岩谷誠治



この本も、同じ内容の焼き直しですが、やはり二度目、三度目だと、読みやすくなっています。PL(損益計算書)やBS(貸借対照表)をざっくりと読むことができない人は、この本を勉強するといいでしょう。上場企業の財務諸表が読めると、いろいろと視野が広がるかもしれませんし、何か頭の良さそうなことも言えるかもしれません。

この本は、あとで説明する「クラウド会計」について、記述があるのがいいです。とにかく、簿記を知らない人が、会社の財務諸表を読めるようになるためには、とても良い本です。

4.スッキリわかる 日商簿記3級 テキスト&問題集、滝澤ななみ



日商簿記3級というのは、意識の高いビジネス系の大学生や経理担当の高卒の女の子なんかが合格を目指す検定試験です。PLやBSは、複式簿記で、一つひとつの取引を積み上げていくことでできるわけですが、その記帳方法(といっても、最近ではシステムに入力するので、帳面には書きませんが)やそこからPLとBSを作る技術が簿記というものです。これを知っていると、大抵の会計ソフトが使いこなせるようになりますし、財務諸表もより深く理解できるようになります。

簿記3級に合格するために必要な勉強時間は、何も知識がないふつうの日本人で、50〜60時間だといわれています。偏差値が高く受験勉強が得意だった人や、すでにある程度の会計知識がある人なら、半分ぐらいの時間で合格するかもしれません。つまり、3日ぐらいの猛勉強ですね。僕も、簿記3級ぐらい取ろうかな、と思った次第です。

3級というぐらいなので2級も1級もあるわけですが、パッと見たところ、3級で、すでに零細企業の社長や楽しみでやる株式投資ぐらいには、オーバースペックですね。ということで、3級だけで十分でしょう。

この本は、一番売れているようで、まあ、上手くまとまっています。

以上の3冊、そして、簿記まで勉強したい人は4冊を読めば、個人事業主と小さな会社の経営に必要な会計知識は、おそらく日本トップクラスになることは間違いありません。個人の確定申告は1月1日から12月31日までが課税期間なので、いまから動かないと今年の分は間に合いませんよ。

★★★そして、時代はクラウド会計へ★★★

さて、経理や税務の一般論は、これらの本を読めばいいのですが、最近、急激に流行りはじめているクラウド会計というものがあります。

はっきり言って、経理をクラウド化することで、新世界の扉が開きます。と言っても、上の3冊(できれば簿記も含めて4冊)ぐらいの知識がないと、こうしたクラウド会計システムも使いこなせませんので、まずは勉強しましょう。

そして、具体的な、クラウドを使った経理の自動化に関しては、申し訳ありませんが、続きはメルマガで、ということでお願いします。

メルマガを購読 → noteブロゴス夜間飛行ブロマガまぐまぐ

先週の6月24日(正式には26日らしいです)、僕のはじめての小説が発売されました。いつもはブログですぐに紹介していたのですが、今回は、予約段階で重版され、発売日にも重版されるなど、バタバタしてしまい、ブログにアップするのがすこし遅れてしまいました。

主題は、現代社会を生きる男女の恋愛模様です。主人公は、新しい恋愛のテクノロジーである『恋愛工学』を学びながら、様々な経験をしていきます。ふつうの小説は、メインストーリーがあり、そこにサイドストーリーで恋愛が入る、という構造になっていますが、今回の僕の小説は、メインストーリーが恋愛、サイドストーリーも恋愛という、200%の恋愛小説になっています。

200%の恋愛小説ではありますが、どうやらマーケティングの教科書としても、よく読まれているようです。恋愛市場というマーケットを深く分析し、自分という商品をよく理解し、それを顧客である女性に売り込むという行為は、まさに、究極のマーケティングだからでしょう。

しかし、この本を作るに当たり、僕自身は、まったくマーケティングということは行わず、出版社には申し訳ありませんでしたが、売ることも、ほとんど僕は考えていませんでした。ひとつの物語を通して、読者が人間の魂の最も美しい部分を触れるような体験をする、そんな小説を作りたいという思いでずっと書いてきました。

ところが、発売日前にAmazonでは「日本文学」のカテゴリーでベストセラー1位になり、街の書店でも売れ行き好調で、先日は、TBSの王様のブランチで書籍総合ランキング2位で紹介していただくなど、多くの方が読んでくれているようで、僕自身とても驚いています。

王様のブランチ書籍総合ランキング2位






最後に、Twitterで寄せられた感想を、いくつか引用させていただきたいと思います。ここで紹介する以外にも多くの感想が寄せられました。本当にありがとうございます。
























僕は、高校生のときは生物が一番好きで(単にとてもいい先生だったので)、物理が一番得意だったんですが、僕の記憶が確かなら、センター試験は物理と生物では受験できない学科が多く、必然的に物理と化学を選んだように覚えています。それで大学に入ってからは工学寄りの物理を専攻していて、大学生のときはアルバイトでプログラマをやっていたし、大学院では実験チームと協力しながらスーパーコンピュータを使ったシミュレーションをやっていたので、コンピュータ・サイエンスや応用数学は少々かじった、みたいな感じですね。その後は金融工学恋愛工学と興味が移って行くわけですが。恋愛工学では進化生物学は非常に重要なので、この分野の生物学には明るいのですが、細胞の働きを理解するために必要な分子生物学はぜんぜん勉強していない、という状況でした。

ところで、僕の昔のスーパーコンピュータに関する記事を読み返していて、なんであの蓮舫がSTAP細胞捏造問題で、急に小保方晴子を応援して理研を叩くみたいな明後日の方向から乱入してきたのかわかりました。蓮舫って、あの民主党の仕分けで「2位じゃダメなんですか?」と言って、理研のスーパーコンピュータ・プロジェクトの予算を削ろうとして、ノーベル学者の野依理事に詰めてた人だったんですね(笑)。

スーパーコンピュータと核兵器と私、2009年11月27日
日本のスパコン開発はとても複雑で深刻な問題である、2009年11月29日

ということで、分子生物学や細胞生物学は全く僕の専門ではありませんので、今回のSTAP細胞捏造問題にブロガーとして参戦するために一から勉強したのですが、やっぱりこういう違う分野を勉強するにはニュートンムックが最高によく出来ているな、と思った次第です。特に以下の3冊は、ものすごくイラストが綺麗で、この分野の勘所が秒速でマスターできます。

   

細胞のしくみビジュアル図解―ミクロの世界の巧妙な生命装置 (ニュートンムック Newton別冊)
DNA―すべての生命をかたちづくる設計書 (ニュートンムック Newton別冊)
iPS細胞―夢の再生医療を実現する (ニュートンムック Newton別冊)

他分野のことを勉強したかったら、最初に読むべき本は(もしあれば)ニュートンムックで決まりでしょう。

先日の記事にも書きましたが、今回のSTAP細胞捏造事件の大変有益な副産物は、日本国民の科学教育に大きく貢献したことです。

リケジョの星だった小保方晴子氏のSTAP細胞捏造疑惑で世界中が大騒動、幻冬舎Plus、2014年3月28日

現在、日本国政府はバイオ関連の基礎研究に莫大な国家予算を投じており、今後10年、20年のスパンでは面白いバイオ系ベンチャー企業が多数産まれてくるでしょう。ビジネスや投資においても重要になりつつあるこの分野の勉強をするいい機会を、小保方晴子氏は我々に与えてくれたのだと考えないと、この日本の科学研究の信頼性を失墜させた今回の不愉快な事件に、どうにも前向きになれないのではないでしょうか。

すでにアカシック・ライブラリーのほうからは電子出版されていたのですが、Kindleのほうも出たので、簡単に紹介しておきます。メルマガでも連載していましたが、経済学者の池田信夫さんと、アベノミクスに対して対談したものを、書き起こして再編集したものです。

アベノミクスの終わり・リフレ派の嘘、池田信夫、藤沢数希

まあ、軽い対談ですが、300円で簡単に読めるので、アベノミクスの復習としていいんじゃないでしょうか? 目次とエピローグを載せておきます。

目次

プロローグ(池田信夫)
 
第1章 突然はじまったリフレ政策
 アンチビジネスからプロビジネスへ
 インフレ目標と金利引き下げは矛盾する
 「念力」でインフレ予想を起こそうとした黒田総裁
 
第2章 アベノミクスの成果は円安だけ
 黒田総裁の本当の狙いは円安誘導
 日銀はリーマン・ショック後の円高を止められたか?
 財政ファイナンスの下地を作ったリフレ政策
 海外の中央銀行や財務省はアベノミクスを支持
 
第3章 「ガラガラポン」で日本経済はよみがえる?
 リフレ派の狙いはヘリコプターマネー
 ハイパーインフレは起こるか?
 異次元緩和と財政ファイナンスの行き着く先は大増税か大インフレ
 
第4章 アベノミクスの第2、第3の矢は飛ばなかった
 税制改革は進まず
 雇用規制改革は進まず
 資本市場改革も進まず
 グローバル資本主義の中で日本人はどう生き抜くか
 
―エピローグ

 リフレ政策というのは、非常に素朴な発想に基いている。実質金利を引き下げれば金融緩和ができるわけだから、

 実質金利 = 名目金利 - 予想インフレ率

という式から、名目金利を引き下げて、予想インフレ率を引き上げればいい、と考えるわけだ。そして、それを実現するための方法論も素朴な発想であった。つまり、名目金利は、長期国債を日銀が無理やり買い続けることにより押しつぶす。予想インフレ率のほうは、日銀が長期国債をはじめ、ETFやREITなどの資産をめちゃくちゃ買い続けて、将来のインフレが起こっても放置するような「中央銀行としての無責任さ」を示し、また、単純にインフレにするぞ(インフレ・ターゲット)と声高に叫ぶことで引き上げる。
 これに対して、白川時代の日銀や少なからぬ経済学者が、短期金利がゼロになった状態で、中央銀行がそんな簡単に長期金利を思い通りに下げられないし、無理にリスク・アセットを買うことによるさまざまな弊害も大きいと主張し、量的緩和やインフレ・ターゲットが万能ではないと言ってきたわけだ。
 前者の理屈は素人にもわかりやすく、後者の主張はわかりにくい。よって、そうしたことからリフレ派のロビー活動が功を奏し、いつの間にか政権の中枢に入っていた。そして、2013年4月4日、安倍首相に指名された黒川日銀総裁は、黒田バズーカと呼ばれる、驚くほど大規模な量的緩和とインフレ・ターゲットを宣言し、まさにリフレ政策の王道を実行しはじめた。こうして世紀の大実験がはじまった。
 この対談原稿を直しているのはすでに9月だが、リフレ政策がはじまってから早5ヶ月が経ったことになる。結論を出すのは時期尚早かもしれないが、現時点でもいろいろと興味深いことがわかってきたようだ。
 まず、リフレ政策は、その素朴な目標自体には驚くほど効かなかった、ということである。国債の長期金利は白川時代よりも上がり、予想インフレ率(こっちは直接見えないが)にも目立った変化はなさそうなのだ。つまり、量的緩和にはデフレ脱却の効果がない、というのはこれほどの大規模なものでも、やはりそうだということがわかったのである。
 そうすると、日銀がこれから2年ほどで300兆円近いバランス・シートに膨張させていくことの弊害のほうが心配になってくる。それらの弊害とは、1. 今後リーマン・ショックのような危機が起こってもすでに緩和を全開にしている日銀には何もできなくなること、2. 中央銀行が市場で大きすぎるプレイヤーになりマーケット・メカニズムを阻害すること、3. 政府の財政ファイナンスを助ける下地を作ってしまったこと、などである。残念ながら、これらは多くの人にとって理解するのが難しいし、いますぐに弊害が出るわけでもない。よって、現在のリフレ政策が簡単に撤回されるとは思えない。
 量的緩和が効かなかった、というのは、良くも悪くも、現段階では悪い副作用もそれほど大きくない、ということでもある。僕は、リフレ政策が金融政策の枠組みに納まっているうちは、それほど大きなことが起こるとは思っていない。その点に関しては、僕は池田さんより楽観的だ。
 怖いのは、リフレ政策が財政ファナンスとなり、さらに次のリフレ政策としてヘリコプター・マネーが行なわれることだ。そうなれば日本の財政破綻と、かなり激しいインフレ、そして金融市場の大混乱が予想される。幸いなことに、黒田日銀総裁は、政府に消費税率の引き上げを強く主張するなど、この点に関してはかなり警戒しているようだ。だから、日銀のバランスシートが大膨張を続けながらも、インフレになることもなく、それほど代わり映えのしない日本経済を眺めていくことになるだろう、というのが僕のもっぱらの予測である。

2013年9月 藤沢数希

↑このページのトップヘ