March 04, 2014

イカナゴパターンに突入!


今週も二日間、明石でメバリングを楽しみました。

まずは初日!

初っ端からハードルアー投げまくり!

今日もゴム無しでイキまっせ!(´∀`*)






気合入れすぎたのか、開始から数時間の間、一切アタリ無し。

ところが、午前4時頃にラッシュが始まる。





ビートイート!


ビートイートでガッツンガッツンアタる♪

最高に楽しい時間でした。(*´ェ`*)






アイスジグ



魚が沈んでからは、アイスジグのボトムダートからのテンションフォールで、

まぁまぁサイズを拾っていきました。




アイスジグで


超高活性。

釣れたメバルのほとんどがアイスジグ丸呑み。




アミか?



でも、胃の中は大半がアミで、あとはよくわからない物ばかり入っていた。






24cm


初日の最大サイズは24cm。

25cmの壁はなかなか越えられない。(●´ω`●)
















そしてそして、雨の中の二日目。

開始から全くアタリ無しで、昨日と同じスタート。

明石最高でございます。



ヒロム君の釣ったメバル内容物


一緒に行ってたヒロム君がメバル(25cmオーバー)を釣った!

胃から出てきたのは、待ちに待った「イカナゴ」!!

今年のイカナゴは大きいぞ!









ショアーズストリーマー



それを見てからショアーズストリーマーで釣るも、

これがなかなかどうして、マッチしている感じがしない。

昨日のような激しいアタックどうも無い感じ。










ビートイート



ビートイートに変えると、ガッツン!

小さいながらも、ヒットが激しい。

見た目はショアーズストリーマーの方がベイトに合ってそうなのに不思議だ。

最近こういうのが楽しい。











24cmの壁


二日目は4時30分からがラッシュ!

本日最大はまたしても24cm!ぐぬぬ…(ρ゚∩゚)



しかし、体高のある良いメバル。

めっちゃ引いたし…。









いかなごパターン



胃の内容物はバッチリ!

イカナゴ大量!!

今年も春メバルがスタートしました!








さて、釣れたデータから、タイミングを割り出してみたいと思う。



初日の時合が4時〜5時。

この時の潮位は約30cm〜50cm。

転流の時間は4時57分。



二日目の時合は

4時30分から5時30分まで。

潮位は約37cm〜55cm。

転流の時間は5時36分。




転流の時間に合わせて、時合もキッチリ30分遅れた。

つまり、明石の場合、潮位はあまり関係無く、

転流から1時間前が時合スタートの時間となりそうだ。

今週末も明石でいろいろ検証してみたいと思ってます。(′∀`)




おわり



kazu_hobbybox1 at 23:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)メバリング 

February 25, 2014

釣り用のヘルメット!


最近、安全装備が気になって仕方が無い。

特に自分が良く行くフィールドは、夜間のテトラ帯が多く、

はっきり言って、足を滑らせたら、まず間違いなく怪我をするし、

下手をすれば命を落とす事もあるからだ。




去年の夏にCALM OCEANの、かずやんさんに怒られた。

その日は堤防からアジ釣りをしてる動画をFBにアップしたのだけど、

その時、自分はライジャケをしていなかったのです。

それに対して怒ってくれたかずやんさんには、本当に感謝しているし、

それからはどんなフィールドであろうと、水辺に立つ際は必ずライジャケをするようになった。



それまで、磯やテトラでは必ずライジャケをしていたけれど、

堤防なら大丈夫だと思って、ライジャケをしていなかった自分を、

今思い出しても恥ずかしいし、軽率な事をしていたと思います。


「ライジャケは釣りをはじめ、水辺に立つ人間の義務」


かずやんさんのこの一言は重かった…。

今日はそんな安全装備初心者の自分が、最近買ったギアを紹介したいと思います。











サイド


ヘルメットを買いました。

ライジャケはもちろんですが、テトラで釣りをする者なら必要だと思います。

冒頭でも言いましたが、テトラで滑ったら、まず怪我をします。

体はライジャケである程度守れても、一番肝心な頭は守れません。

少しでも使ってくれる人が増えれば良いと思い、

今回は写真と編集もカッコよくなるよう頑張りました。
(荒削りですが…)






フロント



このヘルメットの値段は9,000円ぐらい。

9,000円あったら、あれが買えるし、これも買えるな。

って思うでしょ?

それが普通だと思います。







オブリーク



自分も購入を考え出してから、実際に買うまで1年かかりました。

でも、もし、釣り用のヘルメット購入を考える時が来たら、

このブログを思い出して下さい。

今から購入までの経緯を書きます。










リア



さて、まず釣り用のヘルメットを買うぞ!と思っても、

そもそも釣り専用のヘルメットというのは存在しないのです。

なので、何かのヘルメットを流用しなければならないと言う所から始まりました。





バイク用のヘルメットはいくらなんでも大袈裟すぎるので、

自分が探した感じだと、

・スケボー用

・スノボ用

・ロードバイク用

・クライミング用

この辺りが軽量のヘルメットだと言う事がわかりました。





自分の場合は、夜間のテトラでの釣りが多いので、

ヘッドライトを装着できる物が大前提でした。

こうなってくると、選択肢はクライミング用しかなかったのです。








サラマンダー


クライミング用のヘルメットを探してみると、思った以上に種類がないのですが、

デザインだけで考えると、

↑「グリベル・サラマンダー」

これが抜群にカッコイイと思いました。

実際に、好日山荘やロッジなどで被ってみても、しっくりくる感じで、

この手のヘルメットの中では一番人気だそうです。

ただ、このヘルメットはクライミングヘルメットの中でも重量級の385gで、
(たぶん一番重いのではないかと思う)

これにヘッドライトの重量をプラスした状態では、逆にバランスを崩す事もあるのかな?

と思ったのです。






カルキットライト

次に候補に挙がったのは、

↑「シモン・カルキットライト」

シェルにガラが入ったクライミングヘルメットって意外と無いんです。

これの重量は275g。

かなり軽量ですが、実際に被ってみると、

おぅふ。

忘れてた、俺、頭大きいんだった。

クライミングヘルメットって、基本的に海外仕様の物を日本に輸入しているだけなので、

外人の小さな頭に合うように作られているんです。

なので、典型的な絶壁頭の自分には全く合いませんでした。



他にもいろいろ被ってはみたのですが、

なんて言うのかな、ヘルメット被ってますよ〜!みたいな感じ?

頭が長く見えるような雰囲気になっちゃうんですよね。





そうそう、お店の方に教えてもらった話しですが、

ヘルメットを選ぶ時は、実際に被ってみて、

頭全体がヘルメット内側に当たるような物を選ばないとダメなんだとか。

被ってみて、違和感がある物、痛い物は選ばないようにとの事です。









サイド



まぁそんなこんなで、お店にある物を全部被ってみて、

それも数店舗を見て、廻っているうちに、落ち着いたのが最初の、

↑「ブラックダイヤモンド・ベクター」

重量230gの超軽量ヘルメットになったワケです。

まぁ、自分の場合は頭が大きいので、自然と選択肢は減っていったのですが…




被ってみるとしっくりくるし、何よりコレ、カッコイイじゃないですか!

色はつや消しのブラック!

カラフルな物も良かったのですが、ウェアを選り好みしそうだったので、

無難な色にしました。

自分が愛用している「ZEXUS ZX-310」との相性もバッチリです。






ちなみに先日、明石釣行の際にこれを使ってて、

地元メバリンガーの方から、

「僕もヘルメットの購入を考えているんです。何用のヘルメットですか?」

と聞かれた時は、嬉しかったなぁ。

やっぱり、考えている人はいるんだ。と思いました。





自分の場合は釣りに行って怪我して会社休むのなんて考えられないし、

家族に迷惑かけるワケにもいかない。

怪我したり、下手して命を落として釣り場が減るのも悲しいので、

ヘルメットを購入しました。

だからちっともやり過ぎだとは思いません。




とまぁ、こんな感じですが、どうでしょうか?

これを見て少しでもヘルメット買ってみようかな?

と思っていただければ幸いです。

皆さんの安全な釣行を祈っております。




おわり


kazu_hobbybox1 at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)釣り道具 | メバリング

February 24, 2014

明石メバリングにて


みなさんこんばんわ。

今回は気分を変えて、明石でメバリングしてきました。

事前情報では、浮いてたり、ボトムだったりいろいろです。との事。

ツイッターのメンバーも、今はあんまり芳しくないと言う状況で、

神戸メバリンガーの自分がひょっこり行って釣れるのか非常に不安ではありますが、

釣れない方が(*´Д`*)ハァハァするんで、期待に股間を膨らまし明石へ行きました。




17時から釣りをスタートして、明るいうちはガシラでも狙うかと、

ボトムを叩きまくるも反応無し。

えぇ、興奮してきましたよ。

なかなか良い滑り出しです。





そこから19時まで、いろんなパターンで攻めるも、全くアタリ無し。

明石って素晴らしい。

ボトムと表層をこれでもかって程狙ったけど、

アタリが無いので中層を狙い始めました。

ルアーはミニマル。

2ヒロぐらいのラインでミニメバルを3匹キャッチ。

時合かと思って、焦って投げまくっていたので、写真無しですが、

どうも明石のポテンシャルには程遠い感じ。





今回のポイントは激流ポイントで、その流れが緩む場所を狙っていたのですが、

ここにはミニメバルしかいないと判断。

激流エリアに徒歩移動しまして、流れに居付いているメバルを狙います。

先行者の話しでは、ボトムでアタリがあるけど、

マイクロワインドではなかなか乗らないとの事だったので、

アタリが出さえすれば、フックアップの可能性が高いメタルジグ3gをフルキャスト。

















メバジグレベル



流れに乗せながらボトムから50cm以内をシャクりながらトレースすると、

コツ…って当たり。

即アワセで乗りました。

メバジグレベル3g丸呑み関係です。



流れと水深のある場所でのメバリングは楽しい!

普段やらない釣りなんで、めちゃくちゃ興奮しました!




でも結局、今回の釣りで20cmオーバーはこの1匹だけ。

なんとも厳しい釣行でしたが、明石のポテンシャルはこんなもんじゃないハズ。

ムラムラ感がハンパないんで、来週末も行こうかと思ってます。(´∀`)






おわり


kazu_hobbybox1 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メバリング