2005年03月

2005年03月31日

先日U−15(15歳以下)の春の選抜大会があり、森岡ジムからは6人の選手が出場しました。小学生3人中学生3人です。
ボクシングの試合は、とても過酷なスポーツです。
トランクス一枚でリングに上がり、観客の前でどちらが強いのか比べられる場なのです。ほかのスポーツ例えば陸上や水泳のように事前に自己最高タイムがわかり、自分がどのレベルで出場するのかがまったくわかりません。
また、この相手には勝てるが、この相手は苦手であるなど強いからといって誰にでも勝てることもありません。アウトボクサーやファイタータイプ、ボクサーファイタータイプと色々分かれます。
今回出場した選手は、3人が勝ち、3人の選手が負けてしまいました。
自分が負けた敗因は何なのか。
〜蠎蠅砲里泙譴董▲咼咼辰討靴泙辰拭
緊張しすぎて気がつけば試合が終わっていた。
もう一歩力を発揮したら勝てた。
私はこう思います。

,料手は、自分に自信をつけるために一生懸命練習すること。
誰もが試合をするとき怖いという気持ちを持つものです。
しかし、試合に出場する以上おもてには、自分はビビッていないという不陰気をオーラを見せないといけません。そうしないと相手選手にバレテしまうから。あとは自分がこれだけがんばったという練習をしたという自信をみなぎらせること。

緊張はみんなします。でも、自分がこの場所に何をしに来たのかです。
ボクシングをしに来たんです。緊張をしに来たのではありません。喧嘩は腹がたてば出来ますが、ボクシングは腹がたたないのに何月何日何時どこどこでっとリングで戦いをしなくてはいけません。そういうスポーツなのです。
殴ることがすき、ボクシングがすきっという気持ちが大切です。もちろん勝負の世界では勝ちにこだわらないといけません。
しかし、あまりに緊張をするのならスパーリングだと思って少し軽い気持ちになるのも必要です。

このタイプは目の前にぶら下がった宝石を取らないようなもので、執着心をもっと持たなくてはいけません。
自分がボクシングで勝てるのにもかかわらず相手に勝ちを譲ってしまっているんです。
絶対勝ちは俺のものにするっと自分自身が思うこととその悔しさを練習にぶつけることです。

最後に自分がボクシングをしているときにいつも心に思っていたことがあります。
『負けるものは、負けるべくして負ける』
負けるときには、必ず何かの原因があります。それは自分にです。まぐれで勝つことはありますが、まぐれで負けることはありません。
私はいつもこう思っていました。
負けることで自分を見直すことが出来るし、成長もします。
一回試合に出て負けて辞めたら戦績は生涯1敗のまま。しかし11回試合をして10勝1敗なら強い選手だと思いませんか。
強ければいいというのではありませんが、自分を磨くっと思って練習に頑張りましょう。
カズ



kazublog at 11:18トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月25日

よく言われている『有酸素運動』どんな運動かご存知ですか?
簡単に言うとジョギングや縄跳びなど酸素を体に取り入れながら行う運動のこと。
英語ではエアロビクス【aerobics】といいます。
体内に酸素を多量に取り入れることによって,心臓や肺の機能を高め,健康を増進させる運動法の総称。

このジョギングなどの有酸素運動、注意しなければならないことがあります。それは走るスピードです。あまりにもはやく走ると、運動に使われるエネルギーは脂肪ではなく、筋肉やグリコーゲンが中心になり、体脂肪を減らすことには効果的であるとはいえません。
走るスピードは、鼻歌が歌える楽だなと思えるスピードです。
当ボクシングジムで、踏み台昇降運動をものすごく速いスピードでしている人もいますが、脂肪燃焼には向きません。

脂肪が燃焼されやすい運動強度は、次の通りです。

最大心拍数 男性(220−年齢)×約50%〜約60%
最大心拍数 女性(210−年齢)×約50%〜約60%

是非参考にしてください。


kazublog at 13:23トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月22日

2月に1件、3月に1件とジムの会員選手の方がバイクによる交通事故を起こしています。二人とも打撲と捻挫程度の怪我ですんでいますが、不幸中の幸いです。
私自身、車に乗っていて衝突したり、当て逃げされたりの経験があります。
自分は悪くなくても事故は事故です。
過失割合というのもあり、100%自分に過失がない相手が悪いという事故はそんなにありません。まぁオカマで衝突されるときは100%相手が悪いですが、それ以外は何らかの責任を問われ自分も悪くなるんです。
また、自分がいくら正しくても交通事故ほど、わずらわしいことはありません。
怪我をしてまで、自分の正当性を問わなくてもいいとおもいます。
職業が当たり屋なら別ですが。
皆さんにはそれぞれ、目的があるんですから寄り道せずに、事故を起こさずに楽しい日々をおくっていただきたいと思います。
他人事とは思わず、明日はわが身です。注意しましょうね。
カズ

kazublog at 11:28トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月20日

ある旅館でマッサージのシステムについて伺いました。スタッフの方が詳しくはタイ式マッサージの方に内線で聞いてくださいと言うので聞いたのですがもっと解らんかった。
なぜか?
タイ人に日本語で説明されて解るわけないですよね。日本人スタッフおいて下さいよ。



kazublog at 22:28トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月18日

私は、体が疲れたら畦野駅まえの早瀬接骨院に行きます。
会員の女性に紹介してもらって行きはじめたのですが、すごく親切です。
電気をあてて、女性がマッサージしてくれ、その後先生が診療してくれる。
約1時間 大変満足できますよ。それだけしてもらって550円です。
自分の体のメンテナンス、一流選手になればなるほどきっちりしていますから、ほっといたら直るっと思わずに。



kazublog at 12:52トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月15日

来たる2005年3月26日(土)12時より全国の小学生・中学生が集まるボクシングの大会があります。
場所は大阪市我孫子中学校体育館(あびこ中学)
住所は大阪市住吉区我孫子東1−4−32
森岡ボクシングジムからは以下の選手が出場予定です。

小学1年生 丸田陽七太くん
小学3年生 吉村 嵐くん
小学5年生 堀内滉平くん
中学1年生 吉村 輝くん
中学2年生 黒田 亮くん
中学2年生 下村悠貴くん

試合観戦は無料です。みなさん応援にきてください。森岡ジムの未来のチャンプたちです。
尚、会場に駐車場はありませんので、近隣の駐車場をご利用いただくか公共交通機関をご利用ください。


kazublog at 16:04トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月13日

99a5de57.jpg本日の紹介者は広岡龍文さん 昭和48年11月3日生まれ A型
最初に名前の由来を聞きました。
父の知り合いがつけてくれたんです。龍のように上りつめていけるようにという意味と文化の日(11/3)に生まれたからっと。
写真のとおり男らしくサバサバとしている感じの方です。森岡ジムがまだ、池田市木部町にあるときに入会。目的は30歳を前にプロボクサーになりたかったから。サウスポースタイルで体の動きにもバネがある。しかし、腰痛に泣き選手としては断念した。今は好きなボクシングに少しでも携わっていけるようにトレーニングに励んでいます。ジムにいる会員の方で今現在の最高齢は63歳。あと30年はボクシング続けたいですね。っとブンちゃん。頑張ってください。

kazublog at 02:39トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月10日

平成17年3月11日から13日まで埼玉県大利根町で第3回全日本アマチュアボクシング大会が行われます。
森岡ジムからは松長結実さんが演技の部・軽量級で兵庫県代表として出場します。
初めての全国大会出場に不安もあると思いますが、出場選手全員が同じ思いで出場するんですからあせることなく頑張ってください。


kazublog at 13:30トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月09日

4a5fce52.jpgまたまたアミダくじで当選者を決定しました。
アミダくじの棒線も私以外に練習生の方にも入れていただきました。
では、発表します。

◇丸田陽七太さん
◇松長結実さん
◇佐藤幸弘さん
◇山本悦子さん

以上4名の方です。おめでとうございます。
当選者の方は来週中までに取りに来てください。
はずれた方、またのプレゼントの機会に申し込んでください。
メール会員になっていない方は、登録をしてください。
登録は無料です。

kazublog at 18:49トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月08日

88ff8623.jpg今日は良いお天気ですね。花粉が気になりますが・・・
今回はザバスのプロテインをプレゼントします。
ウエイトダウンという種類で減量目的のプロテインです。
食事と組み合わせることにより摂取する脂質の比率を下げることができます。
カロリーコントロールを容易にするため食事よりもさきにお飲みください。
もちろん、プロテインにもカロリーがありますので、食事量を減らすなどが必要です。
もちろん、運動をしないとあまり効果がありません。
でも、昨年私が、6kg減量したときは、
朝はパンと牛乳、昼は絶食、夜はおかずのみで、2週間で6kg減に成功しました。個人差はあると思いますが、効果あるとおもいます。
希望者は、メールマガジンの返信メールに会員番号と名前を記入してください。締め切りは、明日の12時です。
応募が多い場合は、くじ引きにより発表します。
プレゼント数は4個です。

kazublog at 14:55トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Archives