6月22日。
無事に協力隊活動を終え、夜20時に羽田空港に到着しました。


18日。無錫最後の夜。
配属先での送別会はなかったので(クール!)、無錫協力隊員のMちゃんに我が家に来てもらい、最後のお食事会&まったり部屋飲みをしました。

Mちゃんにはメンタル面、けっこう助けてもらってたなぁー。
お世話になりました!


19日朝、汗だくになりながら部屋の最終片付けをして、朝配属先病院へ。

病棟のスタッフルームでミニお別れ会(数分!!)をしてもらい、
そのあとは院内をめぐっていろんな人との写真タイム。
同僚たち、介護職員さんたち、一部患者さん。

ウルムチのトキと違って、事前に分かっていたお別れ。
だからこそゆっくりみんなと写真を取ることもできました。


そして、無錫の空港まで、院長、カウンターパート(リハ主任)、保安官が車で送ってくれました。

搭乗直前までいろいろお話してたかったんだけど、空港に車を路駐してたら警察に怒られまして…。
それで私もあわてて搭乗口へ向かい、安全検査を終えてみんなが見えなくなるまで手を振って別れました。



これがいけなかった・・・



北京へ到着し、JICAの隊員連絡所へ到着。
同期隊員と王府井に買い物に行って、晩ご飯は中華レストランで北京ダックとかを食べ、同期の家におじゃましてオランダ戦観戦。

オランダに負けたー、とくやしい思いをしながら連絡所に帰り、メールチェックしようとPCを探すと、PC見つからず


なーーーーぜーーーーーにぃーーーーーーー!!!!
どぉーーーこぉーーーーへぇぇーーーーーー!!!!



と、よくよく思い返してみると、無錫空港の安全検査のトキ。
「PCはとりだして、カゴの中に入れてください」と係員に言われ。
安全検査後にバックパック&手提げかばんは取ったけど、PCは取ってない
無錫空港に、わたしのPC放置中!!!!



そーんなこんなで、そこから大慌て。

無錫空港へ自分で電話するもなかなか話が前進せず(土日だったから)。

おまけに20日にHSK受けるのに、朝から寝坊するわ。
後輩隊員手造りの中国結びピアスも1晩で片方なくすわ。
サングラスのレンズがひとつ外れてなくなるわ。

いやー、北京滞在3日間、オオゴトでした。

でもPCはJICA北京事務所の才女DLさんが無錫空港へ電話をかけ、公的文書を出すなど超ウルトラスピーディーに対応してくれたおかげで
なんとなんと、帰国当日に私の手元に戻ってきたのでした
ばんざーーーい!ばんざーーーい!!

DLさん、T調整員、最後のサイゴまでご迷惑おかけしました





とまぁ、途中も最後もいろいろありました。

中国でなくした大事なもの(自分の不注意&不可抗力)は数知れず。

ピアス何個も…
書きこみ入りまくりの医学書3冊…
愛用の仕事用腕時計…
パソコン…(でも返ってきた!)
一般的日本人の生活スピード、清潔感、几帳面さ…



中国でもらった大事なものも数知れず。

ウルムチのおみやげ…
無錫のおみやげ…
友達からの誕生日プレゼント&カード…
目に見えないいろんな知識、気持ち、思い出、人とのつながり…




海外に出たからこそ気付いたこと、ほんとに数知れず。

日本で思い描いていたイメージと同じような中国人の一側面。
       〃      とは異なる中国人の一側面。

マスコミ&多数派意見に振り回されてる大多数の日本人と中国人。

日本にいたら気付きにくい日本のステキなところ。
     〃      日本のフシギなところ。

日本で感じていたイメージを覆すようなステキ国、中国。

我が国日本のめまぐるしい首相交代が、他国からみるとどんなに奇妙か。

日本食は基本甘めだということ。

日本は3民族だということ。
識字率100%ってものすごいことだということ。

日常生活上、日本って中国よりもエコじゃない面が意外にめちゃくちゃいっぱいあるってこと。

自国から遠く離れて暮らしている人たちに、自分が思ってる以上に密接に関係を持ってあげたほうがいいってこと。

「必要とされている」って自分にとっておおきなパワーとなること。

価値観の違い(それが大きくても小さくても)を埋め合わせていく行程の重要性。

あきらめないことの大事さ。
(一時的に)あきらめることの大事さ。
あきらめる、あきらめないの判断の難しさ。

習慣、文化、教育、価値観、違うことはたくさんあっても、どっかで必ず分かり合えるということ。
分かり合うためにはぶつかる必要(暴力じゃなくて対話でね)もあるってこと。



自分の根本は、2年くらい海外で生活したところで変わんないもんだなってこと。




ほんと、この2年の協力隊生活。
先輩隊員はみんな言ってるけど、私もやっぱりこう思いました。

自分が与えたことよりも、自分が得たことの方が大きかった。

私を受け入れてくれた中国という国、出会った中国の人々、出会った日本の人々や諸外国の友達、同期隊員たち、先輩後輩隊員たち、北京事務所で働くみなさま、そして日本から支えてくれていた友達と家族。

すべてに感謝。
ほんとうにありがとう。


今後は、中国の友達に日本に対するいい感情をいっぱい持ってもらいたいし、日本の友達にも中国に対するイイ感情をいっぱい持ってもらいたい。

自分のまわりから、少しずつ世界へ向けてイイ影響を放出していきたい。

中国ってめっちゃエネルギッシュな国なんだよー。

日本ってめっちゃホスピタリティ溢れる国なんだよー。

悪いとこが1コ目についたら、イイとこ2コ思い浮かべようよー。

自分の国も相手の国ももっと知ってもっと好きになろうよー。

ってな感じで。



ではでは、いつもまとまりのない日記ブログを読んでいただきありがとうございました。

これをもって、更新終了としたいと思います。

1回でも読んでくれたミナサマガタ、皆さん&ご家族のご健康とお仕事の成功、幸せがいっぱい感じられる人生になりますように


日本国際協力機構(JICA) 青年海外協力隊 平成20年度1次隊
中華人民共和国派遣 理学療法士 かず