コーヒーを飲めば知的に痩せる

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット


コーヒーダイエット

コーヒーダイエットとは、コーヒーを飲むことでコーヒーに含まれるダイエット成分のカフェインとクロロゲン酸の効果で痩せるという簡単ダイエット方法なのです。

コーヒーが大好きな私としては、コーヒーを飲むだけでダイエットできるなら一石二鳥ですね♪

コーヒーは、オフィスで仕事をしていて休憩時間に良く飲みます。適度にコーヒーを飲むと集中力も増しますし、イライラしたストレス発散にもなります。

そもそもコーヒーは、昔は「薬」として飲まれていたのですから、飲みすぎなければ害はないと思いますし、 コーヒーの消費量が高い国は長寿国が多いって言いますから、もしかしたらコーヒーの成分のお陰なのかもしれませんね。

ただ、妊婦さんや授乳中の方、心臓病・高血圧の人はカフェインを摂ることはあまりお勧めできませんので、お気をつけください。

このサイト内にコーヒーダイエットについての情報をたくさん載せておきましたのでじっくりとご覧くださいね。

トップページには簡単にコーヒーダイエットの実践方法と注意点をまとめておきまーす!


■ コーヒーダイエットの方法と注意点 ■


● 浅煎り豆のコーヒーを使います

● ブラック(入れてもミルクのみ)で飲みます

● 入浴や運動前に飲むと、より効果が実感!

● 3〜4時間程度でカフェインは消えてしまうので、続けて飲む事が大切

● 1日4〜5杯は飲む

● クロロゲン酸は熱に弱いので、80〜90度で焙煎して下さい

● アイスよりもホットコーヒーが効果あり

● タバコとの服用は絶対に禁止



1日に5杯のコーヒーを飲むのが無理なら4回でも可能、それ以下だと少し効果が弱いかも・・・

でも胃が痛くなったりしたら元も子もないですから、体調に気遣いながら楽しみながらやりましょうね!

気分転換も出来て、その上痩せればラッキー程度の軽い気持ちで望むのが成功のコツだと思います!

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・





運動の30分前にコーヒーを飲もう

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

コーヒーダイエットでは、運動をする20〜30分前にコーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が高まると言われています。

そして15分程度の運動をします。無理のない運動がよいと思いますよ。例えばストレッチは最高ですね。

呼吸を止めないで、反動を使わずに、ゆっくりときついくらいのポーズで1分ほど止めるのです。

汗がじんわりとにじんできて、コーヒーのダイエット成分が脂肪を燃焼してくれますよ。

さらに、食欲が抑えられて食べすぎもなくなるかも。

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・

カフェインのダイエット効果

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

コーヒーダイエットに含まれるダイエット成分のカフェインは、脳の視床下部を刺激して交感神経の働きを活発にする効果があります。

コーヒーの成分カフェインって言うと一般的には眠気覚ましっていうイメージがありますよね。でも効果はそれだけじゃなかったんです。

カフェインは脂肪を消費するのに関わっている褐色脂肪細胞の働きも活性化するため、体脂肪の消費しやすい状態となるんです。

ある研究では、ブラックコーヒー3杯を飲んだ後に自転車こぎ運動をしたところ、水を同量飲んだ場合と比べて、脂肪の燃焼度が2倍にも高まったとされています。

すごいですねー。

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・


マウス実験で証明された効果

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

マウスを使った実験で、コーヒーによる体重減少の効果を確認した京都市立病院糖尿病・代謝内科の吉田俊秀部長はこう説明する。

「コーヒーを毎日飲み続けると確かに一定期間体重の減少が見られる。

ところが、2週間目以降になると体重減少が見られなくなる。コーヒーを飲んで体重が減るのは、カフェインの熱産生効果によるもので、2週間飲み続けると逆にカフェインに対して体内に耐性ができてしまう。

このためダイエット効果が期待できなくなる」

熱産生効果というのは、脂肪の中の褐色脂肪細胞が、カフェインによって活発になり、体内の余分なエネルギーを燃やして熱に変える働きのこと。エクササイズなどの運動をしなくても、褐色脂肪細胞が活発化すれば、余分な脂肪は使われて、体重も自然に減ってくるというわけだ。

ところが、カフェインを飲み続けていると、褐色脂肪細胞は、カフェインに慣れて活発化しなくなってしまう。つまり「コーヒー・ダイエット」は、毎日飲み続けてはダメ、ということ。

それではカフェインの熱産生効果を最大限活用するには、どんな飲み方が最適なのか。

「2週間飲み続けたら、2週間はカフェインレスのコーヒーなどでカフェインを抜くこと。そしてまた2週間経って飲み始めると、体重は減るようになるでしょう。1カ月で1― 2キロ程度減らすことも可能です。コーヒーを飲む量は1日5杯くらいを目安に」(吉田部長)

2週間交代でカフェインたっぷりのコーヒーを飲むと、無理なく体重を減らすことが可能。この飲み方はカフェインの入っている日本茶などにも同様にいえるそうだ。

コーヒーといえば最近は血圧の改善や肝機能の回復、整腸作用など健康飲料としても再評価されつつある。

コーヒー豆から抽出・精製した「コーヒーオリゴ糖」に体脂肪を減らす効果があることも明らかにされるなどメタボリックの救世主としても注目だ。毎日の飲み方にちょっと気を使って、健康的なダイエットを実践してみては。(2006.12.19紙面掲載)




へー、いろんな実験結果や意見があるんですね。困っちゃうなー(^^;

ま、いいか。あまり神経質にならないで、気軽に飲みながら試しましょう♪

「気分転換できてさらに痩せたらラッキー」程度で行きましょう!

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・


コーヒーの身体への効果効能

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

コーヒーの利尿効果はとっても健康に良いんです。

コーヒーは体内の水分の排出・摂取サイクルを活性化してくれて、体内の水分や老廃物が排出され、体内を綺麗にしてくれます。

デトックス効果ってやつですね!美人にも健康にもなれるってすごい。もしかしたら美肌効果もありなの?

また、コーヒーの味や香りが気分をリフレッシュさせて集中力の低下を防ぎ、作業効率UPへと繋がります。

これは仕事をばりばりこなすOLとしては、非常にありがたいです。

イライラしがちなダイエットでも、気分がリラックス出来ると言うのは非常に助かりますね。

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・


コーヒーダイエットが禁止される人

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

コーヒーダイエットを行ってはいけない人もいらっしゃいます。

健康状態によっては、コーヒーに含まれるカフェインが身体に良くない場合があるんですね。気をつけてください。

以下の症状が当てはまる場合、症状が悪化する恐れがあるのでコーヒーを飲む際は注意が必要です。
場合によっては飲用を控えた方が良いでしょう。

● 消化器系疾患持ちな人

● 肝機能が著しく低下している場合

● パニック症候群の患者だと言う人

● カフェインの摂取に非常に敏感な体質の人

● 普段から不眠や不安に陥っている人

● 10歳児未満の方(そもそも、ダイエットは子供には健康上良くない)

● 流血気味な人 。

また、現在お薬を服用されている方はお医者さんにご相談の上実践してください。

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・


ホット、ブラック、食前に飲む

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

● コーヒーはブラックコーヒーで

コーヒーダイエットで注意すべき点は、ブラックで飲むことです。コーヒー自体はほぼ0カロリーなのに、ミルク、砂糖で、脂肪、糖分を取り込んでいては元も子もないからです。

そしてブラックコーヒーが脂肪燃焼速度が速まるのです。砂糖を入れるとカフェインとクロロゲン酸の吸収率が悪くなります。



● コーヒーはホットで

アイスコーヒーは胃腸を弱めて冷やします。ホットコーヒーで飲みましょう。

入れるお湯の温度は80〜90度が目安です。お湯の温度が高すぎると熱に弱いクロロゲン酸の抽出量が減少してしまいます。沸騰したらしばらく冷ましてからいれましょう。


● コーヒーを飲むタイミングは食前、運動前がよい

コーヒーダイエットを行う上で覚えておくと良いのが、コーヒーは食前、運動前に飲むとより効果的で、食前の温かいコーヒーは満腹感が出てくるので食べすぎの予防にもなるということです。


また通勤、買い物、仕事での外回りの前に飲むと、体内の脂肪がより燃焼しやすくなるので、朝食前、外出前、昼食前、会社から帰宅する前、夕食前と言うタイミングで1杯ずつ飲むような習慣をつければコーヒーダイエットの効果をより高められるのです。

● コーヒー豆は浅煎りで

クロロゲン酸は生のコーヒー豆に最も多く含まれ、焙煎することで減少していきます。

ですから深煎り(エスプレッソなど)より浅煎り(アメリカンなど)のほうがカフェインとクロロゲン酸が多く含まれますので、浅煎りでコーヒーを作りましょう。

またコーヒー豆の種類でハワイコナとマンデリンは香りにも脂肪燃焼効果があるらしいです。

へー。私はハワイコナって好きです。

今度ハワイに旅行に行った時にはたくさんお土産で買ってきちゃおうっと♪

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・


コーヒー成分トリゴネリンとは

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

トリゴネリンとは、多くの植物に含まれるピリジン環を持つアルカロイドの一種で、1-メチルピリジン-1-イウム-3-カルボキシラートのことです。

オシロイバナの種子や根(有毒)に多く含まれるほか、コーヒーなどの農作物や一部魚介類にも含まれています。

痴呆の予防に効果があり、コレステロール減少効果も期待できます。 この効果がコーヒーダイエットの目的ですね。

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・


コーヒー成分クロロゲン酸とは

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

コーヒーダイエットの有効成分であるクロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種でコーヒー以外にはジャガイモの皮やゴボウ、ヤーコンなどに含まれている成分です。

私もテレビで紹介されていて始めて知りましたー。クロロゲン酸。。

発ガン抑制作用の他にも、脂肪燃焼を促進させる効果があります。これが効きますね、私たち女性には。

このクロロゲン酸は、ポリフェノールの特徴である抗酸化性を持っている他、体内で発ガン物質ニトロソアミン(発がん物質)の生成をおさえ、さらにニトロソ化合物の動きを不活性化する抗変異原作用があることが研究により分かっています。

コーヒーを多く飲んでいる人に肝臓ガンが少ないといった調査報告もあるそうですよ。

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・


コーヒーダイエット質疑応答

運動なし・レシピなし・カロリー計算なし3ヶ月で12kg痩せたダイエット

Q.コーヒーを飲むと何故ダイエットになるの?

コーヒーダイエットの痩せる最大の理由は、コーヒーに含まれているカフェイン成分によるものです。

体内にカフェインが取り込まれると、体内活動を働かせるアドレナリンが分泌され、これが脂肪細胞に働きかけて分解を促し血中に脂肪酸として放出され、痩せることができるのです。




Q.なぜブラックコーヒーじゃないとダメなの?

単純にカロリーが高くなるから砂糖はダメ、というのもありますが、砂糖が入っている場合と入っていない場合では、脂肪の分解速度が全く異なってくるのです。

脂肪の分解速度が早くなると言う事は、燃焼のしやすさが早くなるのと同じことと言えます。 本来ミルクもあまり好ましくは無いのですが、これは仕方がないところかも知れません。でも入れすぎないでね。





Q.コーヒーのカフェインは身体に害があるのでは?

以前まではコーヒーのカフェインには発がん性が含まれているので、人体には良くないと言われていました。

しかし、最近ではコーヒーを飲み続けている人は、飲んでいない人に比べて生活習慣病の発症率が低いと言う結果も出ているのです。

栄養学ってほんと、難しいね(^^;




Q.コーヒーダイエットは病気を治すの?

もちろん、コーヒーは病気を治しません。でもコーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸にはガンを予防する働きがある事も分かってきています。

また、カリウムとトリゴネリンも人体に健康を与える効果が実証されているようです。

そもそも、昔は「薬」として飲まれていたのですから、体に悪いとは思えません。

コーヒーの消費量が高い国は長寿国が多いのも、もしかしたらコーヒーの成分のお陰なのかもしれませんね。

ただ、妊婦さんや心臓病・高血圧の人はカフェインが刺激になってしまう危険があるので注意が必要です。

コーヒーダイエットよりももっと簡単に、がっつリ痩せるなら・・