misato


僕はいつも風呂には入らずに、シャワーばかり浴びていました。

浴槽にお湯を貯めるという行為が面倒くさいのと、シャワーよりも湯の量を使うので、非経済的という理由でした。

でも、たまにお湯に浸かりたいという気持ちになる時もあります。
今日がその日でした。

そして、湯に使って、ジップロックに入れたNexus7を使って、Twitchをみていました。
浴槽から上がって、部屋に戻ってからの気持ちの変化が如実に感じました。

風呂にはいる前は面倒臭いことはやりたくないという気持ちになっていた、つまりネガティイブな状態でした。
しかし、風呂に入ってからはあれやらなきゃ、これやらなきゃと、キビキビと動けるようになり、つまりポジティブな状態に変化しました。

お湯に浸かるだけで、これだけの変化があるってすごいことだなぁと思いました。

毎朝シャワーじゃなくて、浴槽に浸かることができれば、毎日気持ちよい一日のスタートを切れるのかもしれない。そんなふうに思いました。

エヴァンゲリオンでは、葛城ミサトさん が「風呂は命の選択よ」って言ったいた言葉を思い出して、そのとおりだなと思いました。