2007年10月27日

移転のお知らせ。

当サイトは移転しました。
移転先は、http://kazuhiro-swim.com/です。

更新が止まったままになってしまい、読者の皆様並びに新風連関係者に多大なご迷惑をおかけしたことをこの場を借りまして深くお詫び申し上げます。
特に選挙期間中は、新風を応援すべき立場であったものの、記事すらも書かず何の役にも立たなかったことに関しましては、弁解の余地もございません。
本当に申し訳ありません。

  

Posted by かずひろ at 00:22clip!

2007年02月17日

【労働ビックバン 枩策決定プロセス

週間エコノミスト07/01/30 1947年に労働基準法が制定され60年が経ちました。今国会で「60年に1度」の労働法制の大改革が行われようとしています。柳沢・厚生労働相は年初から「2007年は労働法制、労働国会の年になる」と抱負を語っており、今国会を労働国会と位置付けています。

 しかし、世間ではホワイトカラー・エグゼンプションのみ話題に上り、それに対する批判が相次ぎましたが、その他の法案に対する説明が足りず改革の全体像が見えてきません。労働法制の大改革は、我々の暮らしに直結した大きな問題です。

 そこで、当ブログ【KAZUHIRO.SWIM】ではこれから3回に渡り『労働ビックバン』を取り上げます。(*一応3回の予定ですが、もう少し増やして書くかもしれません)

第1回:政策決定プロセス(今回)
第2回:格差社会について(予定)
第3回:個別論点と私の見解(予定)


 今日のエントリーでは、労働ビックバンシリーズの1回目として、改正・新設を予定している労働法制を示し、これらの決定方法を説明します。  記事全文

Posted by かずひろ at 05:36Comments(2)TrackBack(34)clip!

2007年02月15日

これからのエントリー

 更新が滞っていました。仕事が忙しかったわけではなかったのですが、別な理由から忙しくてエントリーをあげる時間がありませんでした。それも一段落つきましたので、これからはバリバリ更新していく予定です。

 これからのエントリーですが、まず、今国会の目玉である労働法制の新設・改正(労働ビックバン)についての記事を何回かに分けて書きます。それから、維新政党・新風への政策要望についての記事も書こうと思います。

 先日、新風連事務局より参院選に向けての新風の政策課題[案]がメールで送られてきました。その政策課題[案]は、新風のホームページで掲載されている政策を要約し箇条書きにしたもののようです。

 天皇を中心をした国のあり方、他国に屈しない外交姿勢、自分の国は自分で守るという国防意識の高さには、既存の政党にはない斬新さと清廉さを感じとることができます。今までにこんな政党はありませんでした。本当にすばらしい政党です。

 ただ、ひとつだけ苦言を述べさせていただきますと、参院選では経済問題が大きな争点になると思われます。新風の政策で唯一の欠点は、経済政策が曖昧なところです。どういった方針でどういった経済政策を採るのか、よくわかりません。そこで、新風の経済政策について質問するとともに、私の方からも積極的に提言していこうと思います。


 新風連にまた新しい仲間が増えました。
暇人凸撃隊
明日へ架ける橋
愛する祖国 日本
西村真悟と行動する「真悟の会・堺」
 これで、協賛ブログが25になりました。まだまだですね。少なくとも50に、できたら100くらいになって欲しいと思います。

 維新政党・新風及びそれを応援する新風連に興味のある方は以下のサイトを覗いてみてください。
維新政党・新風
国民の総意
新しい風を求めてNET連合
がんばれ新風ー応援団ブログ(メールマガジンもあります)
 
 人気ブログランキングに参加しています。
 応援クリックよろしくお願いします。
 ↓↓↓↓
人気ブログランキング  

Posted by かずひろ at 13:36Comments(5)TrackBack(0)clip!

2007年01月24日

【共謀罪】 3点セットブログの印象操作に騙されるな!

 最近、共謀罪に関する議論がおかしなことになっている。反対派が「言論封殺だ!市民生活が脅かされる!共謀罪、絶対反対!!」と悲鳴を上げるのは毎度のことですが、「新風連」の協賛ブログまで、反対派の印象操作に引っかかりつつあります。

 反対派がどんなバカバカしい見解を出そうが、たいして興味ありませんし、それについて意見を述べようとも思いませんでしたが、新風連の協賛ブログにまで影響を及ぼしているのをみて、黙っている訳にはいかなくなりました。

 今回のエントリーでは、共謀罪に対する最近の議論のなかの主要な論点について、私の見解を述べます。  記事全文

Posted by かずひろ at 18:21Comments(14)TrackBack(4)clip!

2007年01月18日

「小沢ハウス」は存在した。

Posted by かずひろ at 05:45Comments(2)TrackBack(0)clip!

2007年01月17日

新風連協賛ブログが21に

 当ブログ〔KAZUHIRO.SWIM]も参加している新風連に、新たに6つのブログが加わりました。

 ・亜細亜会議
 ・大東亜戦争の真実を伝えたい何でもそろう便利屋です
 ・東洋の魔笛
 ・或る浪人の手記
 ・小説以外にも語りたい!
 ・「日本の夜明け」

 協賛ブログは21になりました。新風連は、政界に右からの風を吹かせようと、
維新政党・新風を応援しています。人気ブログランキング  

Posted by かずひろ at 23:59Comments(2)TrackBack(0)clip!

2007年01月16日

未納三兄弟の再現か!「小沢ハウス」疑惑

だんご三兄弟 昨日のエントリー「ここ2,3日の出来事(事務所費、2ch閉鎖騒動他)」の中でお伝えしたとおり民主党小沢代表の事務所費に関して新たな疑惑が浮上しています。それは、小沢氏が事務所費の膨れた理由としてあげている不動産が存在しないのではないか?という疑惑です。

 小沢氏の平成17年度の事務所費は約4億1500万円で、平成16年(約3800万円)の10倍以上になる。この膨れ上がった事務所費の大部分は、秘書の独身寮建設に伴う土地の購入費用で、政治資金収支報告書によると金額は3億4264万円となっています。この土地が存在しない。これはどういうことでしょう。

 年金未納問題と同じ臭いがします。民主党は「未納3兄弟」の時のように伊吹文明文部科学相、松岡利勝農林水産相、中川昭一自民党政調会長の3名の事務所費を追及してみたものの、最後は小沢代表が返り討ちにあう可能性が出て来ました。

 今日のエントリーでは、小沢氏の事務所費疑惑を昨日のエントリーを掘り下げ、分り易くお伝えします。*写真は、島根県農村整備課の農村景観フォトコンテストの第3回入選作品よりお借りしました。タイトルは「だんご三兄弟」です(笑)。  記事全文

Posted by かずひろ at 16:06Comments(2)TrackBack(8)clip!

2007年01月15日

ここ2,3日の出来事(事務所費、2ch閉鎖騒動他)

小沢一郎民主党代表 先週は金曜日から旅に出ていましたので更新できませんでした。更新が遅れた事、お詫び申し上げます。

 この2,3日の間に面白い出来事がたくさんありました。私は、パソコンを利用できる環境にありませんでしたが、携帯電話にてインターネットをチェックしていましたので、最近のインターネット上の話題についてはある程度把握しています。

 今日のエントリーは、ここ2,3日の出来事の中から、\治資金収支報告書に記載された多額の事務所費の問題、■欧舛磴鵑佑襪諒頂秦動、Eブログの記事を紹介してくださったブログについて、の3本立てでいきます。  記事全文

Posted by かずひろ at 23:59Comments(3)TrackBack(1)clip!

2007年01月11日

【溶けゆく日本人】電車内でのマナーを正せ!

JR北海道721系JR北海道731系









 1月8日から、産経新聞の生活・健康面で新連載が始まりました。【溶けゆく日本人】というシリーズです。この連載は、最近急速に失われつつある日本人のモラルについて、いろいろな事例を紹介しながら、検討していくものです。

 連載第1回の【溶けゆく日本人】携帯の奴隷の最後の部分にその趣旨が書かれていますので引用します。
かつて「菊の優美さ」に喩(たと)えられた高いモラル観が、小泉八雲が礼賛した美しい礼節の数々が、日本人から急速に失われようとしている。溶けゆく日本人の姿を連載で追う。
 今日のエントリーでは、産経新聞生活面【溶けゆく日本人】の1月10日の記事
“自己中”マナー を紹介しながら、電車内での“化粧”や“座り込み”について考えてみます。  記事全文

Posted by かずひろ at 20:13Comments(11)TrackBack(2)clip!

2007年01月09日

安倍首相と麻生外相の訪欧にケチをつける道新社説

 9日、安倍首相と麻生外相が相次いで欧州を訪問します。

 安倍首相は英国、ドイツ、ベルギー、フランスの西欧4カ国を歴訪し、日本の首相として初めてNATO理事会で演説そます。麻生外相はルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、スロバキアの東欧、中欧4カ国を回るようです。

 産経新聞社説1/9:【主張】首相・外相訪欧 戦略的外交のスタートにから一部抜粋
安倍首相が、就任後早い段階で、主要国首脳との個人的関係や信頼関係を築く意味は大きい。外交に首脳間の信頼関係は不可欠だからである。
----------------------------------------
麻生外相は昨年来、欧亜にまたがる新興民主国を支援する「自由と繁栄の弧」構想を提唱、今回の中東欧訪問をその重要な一環と位置づける。
----------------------------------------
このように、今回の安倍首相、麻生外相による欧州歴訪には、日本に従来欠けていた戦略的外交の始まりを感じさせるものがある。期待したい。
 安倍首相と麻生外相のコンビ、期待できそうです。従来の日本の外交に欠けていた戦略性を感じさせる訪欧で、非民主主義国家である中国や北朝鮮を牽制する意味でも大きな意義があると思えます。
 
 今日のエントリーでは、これにケチをつける的外れな北海道新聞社説を紹介します。  記事全文

Posted by かずひろ at 23:43Comments(2)TrackBack(2)clip!

2007年01月07日

新風連の協賛ブログが15に!

耕さんプロフィール
 維新政党・新風を応援するネット連合「新風連」に新たに「歴史と日本人―明日へのとびら―」さんが加わりました。拙エントリー史実を世界に発信する会他、サイトの紹介でも紹介したブログで、私もいつも読ませていただいています。日本の真の歴史を扱った熱いブログです。

 これで「新風連」協賛ブログは15になりました。
極右評論
侍蟻 SamuraiAri
この国は少し変だ!よーめんのブログ
女をなめたらいかんぜよ
皇国史研究会 敷島倶楽部
Flight to Freedom/神の国へ…
トラクターの上から
Empire of the Sun太陽の帝国
ハッピークラッシャー通信
マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会
子供達の未来
Independence JAPAN
知らされなかった日本
歴史と日本人―明日へのとびら―
KAZUHIRO.SWIM

 今夏の参院選で「維新政党・新風」の議員を政界に送り込みます。人気ブログランキング  

Posted by かずひろ at 23:55Comments(2)TrackBack(0)clip!

2007年01月06日

少子化対策?11月23日は「家族の日」

伊勢神宮 政府は「家族の日」なるものを制定するようです。日付の第一候補は11月23日で、「勤労感謝の日」の祝日にダブらせる方向で調整しています。

 わざわざ勤労感謝の日にダブらせる理由が11(いい)23(ファミリー)の語呂合わせということで、批判が続出しているようです。

 今日のエントリーでは、少子化対策の一環である「家族の日」を考えてみます。  記事全文

Posted by かずひろ at 23:55Comments(3)TrackBack(3)clip!

2007年01月04日

去年の漢字は「命」、今年の漢字は「風」

命-清水寺 ちょっと古い話ですが、去年の漢字は「命」でした。これは、財団法人日本漢字能力検定協会が毎年公募で決定しているものです。秋篠宮紀子さまが約40年ぶりに親王「悠仁さま」をご出産されたこともあり、日本中が祝福ムードに包まれました。
漢検ホームページ参照)

 今日のエントリーでは、去年の出来事について思うところを述べ、今年の漢字を勝手に予想します。
                   記事全文

Posted by かずひろ at 23:59Comments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月03日

ライブドアブログをお使いの皆様--コメント欄のURLについて

 ライブドアブログを使っていて一番不満に思っていたのは、コメント欄に記述されたURLがリンクされない点です。せっかくコメント欄でURLを書いて頂いても、いちいちURLをコピペしなければ開けませんでした。

 ところが、昨日これを解消する方法を発見しました。地獄変00さんのサイトに書かれてあったのです。
 まずは、当ブログのコメント欄をご覧ください。そこに私(かずひろ)がテストで入れたコメントがあります。

 今日のエントリーでは、コメント欄でのURLリンクの付け方をご紹介します。「ライブドアブログ」を借りているブログ管理人で興味のある方はご覧ください。
                                    記事全文

Posted by かずひろ at 23:59Comments(7)TrackBack(1)clip!

2007年01月02日

フセイン死刑執行:「人道に対する罪」に想う

サダム・フセイン 12月30日午前6時(日本時間同日正午)ごろ、サダム・フセイン(69)イラク元大統領の死刑が執行されました。

 フセインは首にロープをかけられる直前に、「神は偉大なり。国家(イラク)は勝利する。
パレスチナはアラブのものだ」
と叫んだといいます。

 元々イスラム教圏では、異教徒であるアメリカに対して良い感情を持っていません。フセインはイスラムの偉大な殉教者としてあがめられる可能性があります。

 フセインは、「人道に対する罪」で裁かれました。「人道に対する罪」、東京裁判を想起させますね。今日のエントリーでは「人道に対する罪」を考えてみます。
                                     記事全文

Posted by かずひろ at 17:53Comments(6)TrackBack(4)clip!