CEOコーチング™ 久野和禎のブログ - ゴールドビジョン™によって「自分の限界」をどんどん超えて行く生き方

「ゴールドビジョン™ を掲げて自らの才能を発揮、人生を徹底的に楽しみたい人」のためのブログ。コーチングの元祖ルー・タイスと天才苫米地英人が確立し、久野和禎が自らの経験と理論に基づいて高めた世界最高峰のCEOコーチング™ をブログ上で展開するバーチャルコーチング。

テンプル大学でのコーチングの講義、9月26日から(Temple University Japan Coaching Class)

9月26日からテンプル大学で、認知心理学(コーチング)の講義を行います。
脳の仕組みを理解して、仕事を含む人生全般がうまくいくようにするための授業で毎回2時間強、20時間に渡って学ぶことができる本格的なコースです。
心理学についての学問的な内容ではなく、実際に人生を豊かにするために脳を上手に使う技術を習得するクラスです。

I will be teaching "Cognitive Psychology" class at Temple University Japan, starting from September 26th. 
This is a class that provides basic knowledge and skill of effective usage of your brain. By learning how your brain functions and how you can use it, your life will start becoming better.

The class will continue for 8-10 weeks and we will spend 20 hours together to understand and practice the skill. 

グループで学びますので、仲間と楽しく成長できます。
今回で3学期目ですが、過去には人生が大きく変わったしまった方も少なからずいます。

以下、テンプル大学のこのクラスのホームページのリンクを貼っておきます。

日本語のページ
認知心理学:脳の使い方を学ぼう (PSY107) 

English page(内容は日本語と同じです)
Cognitive Psychology: Understanding the Human Mind (PSY107)

脳の効果的な使い方を身につけて、より良い人生にしたい方はぜひご参加下さい。
大学の講義になっているおかげで、いわゆる、コストパフォーマンスがとてもいいクラスだと思います。

講義も課題も全て、英語で行うということだけ、ご留意下さい。 

ゴールを実現させるシンプルな方法

アファメーション(ゴールが実現した時の臨場感を高めるためにその世界を描写する技術)を毎日するのはとても効果的です。

推奨は毎朝、毎晩ですが、続けるのはなかなか大変なようです。
でも、やりさえすれば結果が出ます。
ちょっと日本人には慣れない面があるのかもしれませんが、結果は出ます。
自己イメージを高めるためにも効果があります。

オリンピックの選手を見ても分かりますが、みな自分が目指すゴールに対して本当に真剣です。
それだけ真剣なら、アファメーションもすると思います。
仕事そのものと比べても大事なんです。

毎日歯磨きをするように、アファメーションができるようになると将来、必ず大きな成果が生まれます。
地味なことなんですけどね。


「脳バカ」

最近、自分の中で流行っているのが「脳バカ」という言葉です。

元々はある友人が自分のことを「知財バカ」と言っていたのがきっかけですが、私としてはツボにはまりました。

つくづく自分は脳バカだなぁって思います。
師匠の苫米地先生は世界的な認知科学者で間違いなく「脳」のプロの中のプロですし、私も毎日寝ても覚めても脳のことを考えています。
そもそも、今の自分があるのはひたすら脳について考えてきたから。
もちろんコーチングでは過去は全く気にしないので、過去の実績はすっかり忘れてしまいますが、それでも脳について学び、考えてきたから、未来を作る自信があるのも確かです。


脳について学び続け、無意識の真髄を理解した今、それをどこまで使いこなせているかは次の課題としても、最低限これを伝えていくことはいろいろな方の役に立つだろうと思います。

成果をあげるのは簡単。
それを誰もができる形で、しかも再現性を持って伝えるのが自分の役目かな、と思ってみたりします。


実は、「脳」を知ったおかげでたくさんのいいことがありましたが、一番良かったのは、腹が立たなくなったことです。
いろんなことが起きる理由がわかるようになったので、とても穏やかな気持ちになりました。

「脳バカ」の毎日はゆったりと幸せに流れているんですよね。

あ、別に脳の世界への勧誘ではありません 笑

脳の上手な使い方を身につけるためにかかる時間

私は、よく脳の上手な使い方を自転車を乗ることに例えます。
一度覚えてしまうと、なぜか一生忘れない。
その典型が自転車の乗り方だと思います。

自転車の乗り方を身につけるのは、最初は大脳で考えながら体を動かし、その動きが滑らかになってきた頃からは小脳が運動モデルとしてコピーする、というように考えられています。
一度定着すると、いつでも乗れるようになります。

脳の上手な使い方も同じです。
一度、基本となる使い方を習得すると、その後は安定的に上手に使えるようになります。

自転車に乗るのは速ければ1週間、ゆっくりなら数ヶ月かかって身につける感じでしょうか。
脳の上手な使い方の習得には3~4ヶ月ぐらいかかるというのが、私の印象です、

誰でも、それまでの人生で積み重ねてきた「思考のクセ」がありますが、そのクセがほぐれて新しい脳の使い方をマスターするのにかかる時間です。
もちろん、元々とてもいい使い方をしている方もいます。 
そういう方は特に速いです。

でもたいていは3~4ヶ月ぐらいはかかります。
長いかもしれませんが、それでももっと長い人生のたった3~4ヶ月間です。

一度身についたら、あとは練習です。
とは言え、脳は毎日使うので生きていれば練習はできます。
心配しなくても日ごとにどんどんうまくなっていきます。

ですから、ちゃんとした技術を持っているコーチにサポートしてもらえばコーチングは必ず効果が出るのです。 

8月15日まで早期割引:テンプル大学講義 認知心理学(脳の使い方を学ぼう)

今年の1‐3月と5‐7月に2学期続けて担当したテンプル大学での認知心理学の講座ですが、次回は9月26日から始まります。

講義は認知心理学(Cognitive Psychology)というタイトルですが、内容は人生の質を高めるためのコーチングです。
もちろん、認知心理学の知見も盛り込んでいますが、アカデミックな内容ではなく、学問の世界で理解されたことを生かして実際にどうすれば幸せになれるのか、仕事で成功できるのか、などを学べる場になっています。

月曜日の夜に8週間に渡って2.5時間ずつ継続する授業ですので、働いている方にとっては全部出席はなかなか大変ですが、毎回期間中に人生が大きく変わる方が多数出ています。

人生を変えたい、幸せになりたい、仕事で成功したいと思っている方にはとても入りやすい内容と価格設定になっていますが、難点は 授業が全て英語で行われることです。
英語での講義、ディスカッション、課題、プレゼンテーションに抵抗感がない方でしたら、すんなり溶け込めると思います。

詳細は下記のサイトをご覧ください。
認知心理学:脳の使い方を学ぼう (PSY107)

できればゴールドビジョンの内容も一部取り入れていきたいと思っています。
8月15日までは早期割引で15%オフのようですので、お申し込みをされる方はお早めにどうぞ! 

要注意、のタイミング

今までの自分から変化して、より高いパフォーマンスを発揮できる自分になったり、より幸せになるために気をつけたいタイミングがいくつかあります。


一つ目は、何かを始めるとき。
始める何かが、新しく設定した高いゴールによって導き出された活動の場合、それを始めるときにかなり大きな現状維持の力が働きます。

この現状維持を乗り越えることは最初のチャレンジです。

次に気をつけたいのは、「ここを越えたら本当に変わってしまう」というタイミングです。
現状維持は無意識の働きですが、不思議なことに無意識は一度始めてしまったことに関しては比較的寛容です。
しばらく黙ってやらせてくれます。

ですが、「いよいよ変わる!」という瞬間にはとても強い現状維持が働きます。
最も分かりやすいのはマリッジブルーと言われる現象です。

夢にまで見た結婚式が近づくにつれて不安が高まり、大好きだったはずの結婚相手の欠点がたくさん見え出して、「もうダメ!私には結婚は向かないんだわ!」となってしまうあれです。

もちろんたいていは周りになだめられたり、大勢招待してしまった結婚式の招待客のことを考えて、そこを乗り越えるのですが、脳の視点から見た現状維持としてはとても分かりやすい例です。

この二つが典型的な注意ポイントですが、他にも小さな山はいくつもあります。

それほど、脳の現状維持のチカラは強いものです。

ふっとやる気がなくなったり、無性に不安になったり、急に周りの人にやけに腹が立ったりする時は、たいていは現状維持のチカラが働いています。
じっとしていれば乗り越えられますので、そういうときにカッとなって全部巻き戻してしまうことがないように、ぜひご注意下さい。

そして、落ち着いたらその先にあるものを見つめます。
コーチングでは、ゴールを更新すると言いますが、つまり、もっと先を見据えるわけです。

この先にあるものを見据えて、新しい自分になっていくんですね。
ブログ:国内MBA日記(卒業後編)
ブログ:久野和禎のベンチャー奮闘日記
ニュースレター登録:ブログでは書けない本質的なテーマを掘り下げるニュースレターを毎週一回配信しています。 豊かに幸せになるための情報をご提供しますので、ぜひご登録下さい。
Benchmark Email
Powered by Benchmark Email
記事検索
livedoor プロフィール
Twitter: @kazuhisa_vision