December 04, 2005

仕事のできる人間になりたいなら手を汚すのをいとわずどんなテクニックも使うべきだ

タイトル:パワープレイ 〜気づかれずに相手を操る悪魔の心理術〜

著者:内藤 誼人

出版社:ソフトバンククリエイティブ








やっぱり何でもそうだけど
インプットするだけじゃ何も身につかない。

アウトプットするからこそ
いや、
アウトプットしようとするからこそ
インプットした知識やスキルは自分のものになるんだろうな。

何度も半端なアウトプットを出し続けて
それを繰り返す内に
やっと満足なアウトプットが出せるようになる。


ってゆーか、こんなことは常識で、誰でも知ってることだと思う。
おれ自身、ずっと昔からこんなことは知っていた。

でも、気づけばしばらくアウトプットの機会の無い生活を送ってきた気がする。

いや、そーゆー機会が無いわけじゃないけど、すごく少ない。
あったとしても、その機会を自分で活かしきれてない。

そんなことを思った。


今の自分には「発信」が足りない。
かなり受け身になってるんじゃないかな。

べつに何もせずに生きてるわけじゃないし、それなりに充実した生活を過ごしてる。

そう。それなりのインプットはしてるはず。

なのになんでこんなに中途半端なのか。
それは「発信」の経験を積んでないからだろう。

いや

ただの「発信」じゃ足りなくて、必要なのは「搾り出す」みたな作業。


少ない時間しか与えられていなかったり
のんびり考えてても思いつかなかったり

それくらい自分から何かを「搾り出す」ことが必要となる課題にチャレンジしないといけない。

それを続けていく内に、いつかきっと
他人のアウトプットを見て
「その手があったか!」
なんて悔しい思いをしなくて済むようになるかな。


今後は自分から「搾り出す」ことが必要となるフィールドを求めていろいろ行動していこうと思う。
というか、何気ない日常の中で、そんなフィールドを創り出していこうと思う。


もちろんインプットも現状で満足はできない。
いや、全然少ない。
もっといろいろ吸収する余裕はあるし、吸収するべきことは無限にある。
自分という「スポンジ」の品質はこんなもんじゃないはず。


限界って
挑戦しないと絶対に超えられない。
挑戦すれば絶対に超えられる。

だから挑戦し続けよう。と思ふ。




んじゃ今日の本!




タイトル:パワープレイ 〜気づかれずに相手を操る悪魔の心理術〜

著者:内藤 誼人

出版社:ソフトバンククリエイティブ

¥1,500
245ページ
ソフトカバー


【キーフレーズ】



第1章 会った瞬間から優位に立つためのパワープレイ


・初対面の4分間で相手に好意を抱かせられないと、その後でいくら努力しても評価を変えることはなかなかできない
・手っ取り早く親密になりたいなら「病気の話」をすればよい
・半袖シャツを着ると、パワー戦で負けてしまう
・挨拶は、先にした方が勝ちだ。先に声をかけた方が、確実に会話の主導権を握れる
・すべてのパワープレイは、オーバーすぎるくらいにやらないと相手の目には映らない
・たまたま相手の方が早く挨拶をしてしまったら、相手の倍も頭を下げよう
・握手のタイプ
  顱▲僖錙爾魎兇犬気擦燭ぁ、 手のひらを下に向けた形での握手
  髻対等な協力関係を持ちたい → 真横から手を差し出す握手
  鵝服従を示したい → 手のひらを上に向けた形での握手
・空間を支配するということは、その空間に居合わせた相手の心理を支配することでもある
・優位に立ちたければ、右足を一歩踏み出しながら相手の左側にまわり込むような格好で近づくことだ
・相手が曜日や日付を指定してきたら、こちらは時間を指定する。何から何まで相手に決定権を与えないことが
 実際に会ったときに、気分的に飲み込まれないための秘訣である
・どれだけ人を待たせられるかで、その人の重要度が決まってくる
・どんなに暇で時間を持て余していても、それを相手に見抜かれるようでは仕事のできるビジネスマンにはなれない
・相手がこちらの時間を奪おうとしてきたとき、そのカウンターとしては、罪悪感を与えるテクニックが有効
・時間を奪われた時のカウンターは、こちらが奪われた時間の分だけ相手から奪い返すのがセオリーである
・脚が不揃いな椅子は、集中力を奪う効果がある
・人間には、見知らぬ場所に出かけると、それだけで萎縮してしまうところがある
・ホームで試合をした方が勝ちやすいのは明らか


第2章 会話の主導権を握るためのパワープレイ


・相手よりも立場が上位になりたいのなら、相手が答えられないだろうと予想される質問をたくさん投げつけてやることだ
・相手が質問攻めしてくるときには、こちらのパワーを奪おうという目論見が隠されている場合が多く、そういう場合には
 わざわざきちんと返答する必要はない
・相手からの質問攻めにあったとき、あるいは何かの報告を行うときには、とにかく知っている限りのことを堂々と話せばよい
・ビジネスの成功は、つきつめて考えると、会話術をきちんと身につけているかどうかにかかっている
・受信表現を多用すると説得力が落ちる
・おしゃべりな相手から発言権を奪い返すには、手に持っているモノを落として会話を中断させる、その場からいなくなる
 という2つの作戦がある
・コントラスト効果を使えば、スムーズに相手からのOKを引き出すことができる
・余計な言葉が追加されていくほど、それに反比例して、説得力は落ちていく
・「すみません」という言葉は、相手の警戒心をゆるませたり、イライラしている相手をなだめるという効用がある
・言語調整動作をうまく利用すると、あらゆるやりとりを意のままに進めることができる
・聞き手に弱々しいイメージを与える4つの表現
  顱強調表現(intensifiers) − 「とても」「すごく」「たくさん」
  髻垣根表現(hedges) − 「思うに」「…と考えられます」
  鵝△燭瓩蕕ど集(hesitation) − 「ええと」「あの」
  堯⊆遡簓集(questioning) − 「〜だったかなぁ?」(語尾が上がる)
・パワーを感じさせたいのであれば、断定的な口調で、短く言い切ってしまうことが大切だ
・力いっぱい否定すると、こちらが望んでいない方向に人々の心は動く


第3章 意のままに相手を動かすパワープレイ


・交渉を始める前にできるだけ好ましい話を相手に吹き込んでおくと、交渉が協調的に行われる
・相手がはっきりと態度を決めかねている場合、心を変化させようとするよりも、まずは行動を取らせることが先決
・できるだけ正確な数字を使うようにすること。それだけでパワーを高めることができる
・香りは人間の本能に直接訴える効果がある。いい香りを嗅いだ人間は、知らないうちに心を軟化させられてしまう
・距離の遠さは、きわめて強力な支配のシグナルとなるので、相手を心理的に貶めることができる
・相手の姿勢を真似してみると、驚くほどの共感が得られるばかりか、信頼感も手に入る
・「別れを切り出すのは自分から」とたえず戒めておくこと
・好印象をきちんと相手の記憶に残すためには、別れ際にもう一度だけ相手の名前を言うのがよい
・人は直接的な説得よりも、間接的な説得に弱い
・「お世辞」というテクニックはなかなか強力で、言われた本人もお世辞だと分かっていながら悪い気にはならない
・好印象を与えるための3つの作戦
  顱意見同調
  髻⊃得攅坩
  鵝△世辞
・上司に対して取り入りをするより、部下に対して取り入りをした方が、結果としては好ましく評価されることがある
・ちょっとした失態なら、笑ってごまかせることも覚えておこう
・難攻不落の相手とやり合わなければならないときは、食事をさせ、良い香りのコーヒーを出してあげることである


第4章 絶対に説得できる、プレゼンテーションのパワープレイ


・こちらの話に興味を持っていない相手に説明するのなら、情報はできるだけ少ないほうがいい
・プレゼンや報告を行う場合には、どんな説明や話をするのかを伝える予告話法を忘れてはならない
・情報は、わかりにくくすることで、かえって価値を高めることがある
・ヒトラーは、小さな声でボソボソと演説を始め、ざわついている聴衆が静かに耳を傾けてくれるようになった
 ところで徐々に激しい演説を開始した
・会話中に手を使うテクニックの3つの作戦
  顱⊆蠅篁悗鮠紊ら下へ動かす動作は、「力強さ」や「権威性」のアピール
  髻⊆蠅篁悗魏爾ら上へ持ち上げる動作は、「やさしさ」や「温かさ」をアピールできる
  鵝⊆蠅篁悗魏に広げていく動作は、「受容的」「共感性」をアピールできる
・相手からの「好感」を勝ち取るためには、できるだけ相手と視線を合わせなければならない
・プロジェクターやOHPを使うのは大いにけっこうだが、ただ一つの注意として、室内を明るくしてから終わりを
 告げなければならない


第5章 パワープレイを使いこなす強さを手に入れるために


・下を向く姿勢は、一般的に弱さをアピールする。背筋を伸ばすことが強さのアピールになる
・感情は顔の左側の方が豊かである。個人差はあるかもしれないが、どんな人でも顔の左側の方が魅力的に見える
・人間の身体は、多少の運動をした後の方が、ずっと椅子に座っているときよりも活発に動く
・仕事場をキレイにするのは、実際に仕事の能率を高め、従業員同士の関係を円滑にする効果がある
・ビジネスの勝利の秘訣はタイムマネジメントである。ビジネスの成功者は、間違いなく時間の管理が上手である
・相手に好意を感じさせたいのであれば、類似性を強調することが大切
・こちらが相手を好きになると、相手もこちらを好きになってくれる傾向にある


第6章 何気ない手がかりから本音を読み取る


・アメリカの調査によると、研修会や講演会で一番前に座っている人と、最後列に座っている人のグループには
 年収に倍の差があった
・時間による能力の変化
  顱∪鎖精邏(計算や暗記)は、お昼近くまでは能率が上がる。午後1時頃いったん低下した後、午後3時頃まで
    いくぶん上昇し、その後は少しずつ低下する
  髻運動の場合は、一日中能力が上昇し続け、午後になるほど筋肉のコントロールやスピードがスムーズになる


【コメント】


タイトルだけ見ると変な印象与えそう。
「悪魔の心理術」って…。

まぁこんな悪い言葉を使う必要はなくて
内容は「人と関わる上でのちょっとしたしぐさや心得」みたいなものの紹介。

正直、なんとなくウサン臭い感じがするけど、ここで紹介されているテクニックを使う人がいたら
自分も予想通りの反応をしたり、感情を抱いたりしてしまいそう。


やっぱり心理学ってのは恐ろしい…。


ただ、人によっては反感を持つような内容もあるかもしれない。
おれは「こんなテクニックは絶対に使いたくない!」なんて思うポイントがいくつかあった。

それと、こんなテクニックを中途半端に習得して日常で使ってると
「なんだか信用できない人間」
みたいな印象を持たれそうなリスクを感じる。


たぶんパワープレイを習得する目的をどう持つかが重要なんだと思う。
もし「人を操ってやりたい」とか思って読むつもりなら、あんまりお薦めはできない。


おれは「自分が操られない」ために読んだ。
というのも、きっとパワープレイに含まれるテクニックを無意識に使っている人や、意識的にでも
名前なんて知らずに使っている人は世の中にたくさんいると思うから。
そんな人と関わりを持った時に、自分は何をされているのか、相手は何を狙っているのか、それを
見抜く術を身につけておくことは絶対に必要だと思うから。


この本は文字も大きめだしイラストも豊富なんで、誰でも抵抗少なく読めるんじゃないかな。
パワープレイを使うか使わないかは別として、一読しておくことをお薦めします。




ちょっとだけ誰かに試してみようかな(笑)









kazuki0329 at 19:27│Comments(2)TrackBack(1)その他 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. パワープレイ  [ 創造マラソン ]   December 12, 2005 10:30
パワープレイ内藤 誼人ソフトバンクパブリッシング 2005-06-04売り上げ...

この記事へのコメント

1. Posted by hrd   December 05, 2005 19:00
インプットはしなくてもアウトプットは可能だよ。今ままでの人生の過程でいろんなことをある程度はインプットしている。そぉある程度はね・・・。俺みたいにインプットを怠るとそのある程度で限界がくるんだよ(- -;俺の場合アウトプットが止まった時点で「THE END」の世界だからツライね。
ただ最近ずっと思ってるのが偏ったインプットは以外に行き詰るということ。映画でも小説でも散歩でも、いろんなものからインプットできる。自分がそれを見落とさなければ。インプットしたものをアウトプットする力ももちろん必要だけど、いまはいろんなものが訴えかけるものを自分に取り込む力をもっと鍛えたいと思ってるよ!街を歩くだけでアイディアが溢れ出てくるくらいにね!


つか俺が言いたいのはそんなことじゃなくて。おまえさぁ・・・

タイトル変えたべ!?

よかったのになぁお前らしくて。




いつかは俺を見下してくれーーー( ̄□ ̄;!!!
2. Posted by kazuki   December 05, 2005 23:17
うわー、hrdこのブログ見てるんだ(汗)
昔からの仲間に見られるとちょっと恥ずい…

さて、hrdが言ってるのは
自分に訴えかける何かを探して、それをインプットするんじゃなくて
普段の生活で自然と受信してる有意義なものを、もっと受け止められる自分になる
って発想か。

なるほど。
いいこと言うなぁ。

たしかに言われてみればそうだ。
日常の中にも自分を刺激したり、成長させたりするようなものや機会は
いくらでもある。

問題は、自分がそれに気づけるか。んで、それをきちんと享受できるか。

ちょっと視野が広がったよ(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: