2011年11月03日

風邪引きの季節

毎年このくらいの季節、朝晩と昼間の寒暖の差が大きくなり風邪を引いてしまいます。

毎年「今年こそは風邪を引かないように気を付けよう」って思うのに、やっぱり引いてしまいます。

ちょうど今がそう…。

数日前から鼻の奥が痛くて頭がボ〜ってして、風邪の引きはじめって感じです。

喉だけは痛めないように、10月中旬くらいから夜寝るときはタオルを首にグルグル巻いて、夜も冷たい飲み物はなるべく飲まないように、温かい飲み物を飲むように気をつけているので、今のところまだ喉は痛くなってはいないんだけど、喉を痛めるとすぐに熱が出てしまうのでここからさらに気をつけないと。


風邪の予防や引きはじめにはさまざまな民間療法や予防法があるよね。

私もなるべく「いい」と言われているものは試すようにしてます。

まずはショウガ。

最近は出かける時にはいつもサーモスにショウガ湯を入れて持ち歩いています。

ショウガ湯は薬局とかに売ってる市販の甘いものにさらに生のショウガをすりおろして辛さを足しています。

喉がイガラっぽくなってきたり、夕方寒くなってきたりした時には抜群だと思います。

それから最近はまっているのは「柿」

「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われているくらい、昔から風邪にいいと言われていますが、実は私、柿は子供の頃からあまり好きじゃなくてあまり食べたこともなかったんです。

そんな柿ですが、それがちょっとしたきっかけで、料理に使ってみたらとてもおいしいことを発見!

柿は熟れてやわらかくなってスーパーで「見切り品」となったものを買うのがポイントです。

安いしおいしいし一石二鳥!


熟れてやわらかくなった柿の果肉を取りだしペースト状にして料理に使うんです。

豚バラ肉との相性もいいしので煮込む時に砂糖やみりんの代わりに入れてみるとこれが絶品。

砂糖よりも優しい控えめな甘さなんだけどコクが出て味わい深くなりました。

豚肉もビタミンが豊富で風邪にはいいって言われてるから、さらにいいかな?と思って試してみたの。


カレーにも入れてみました。

カレー粉やその他スパイスを炒める時に少量ずつ足しながら入れていき、ルーを作ります。

ポイントはかなり辛口にすること。

そうすると柿の甘さが非常に心地よく感じます。

他にも煮詰めてソースを作ってみたり、いろいろとチャレンジしてみました。

どれもなかなかの絶品でしたよ。

ただ、熱を加えた柿が風邪に効くのかどうかはわかりませんが…、
でも気分的にはちょっと健康になったような気がします。


他にも風邪にいいと言われる食材はいろいろとありますよね。


「これはいいよ!」っていうオススメがあれば是非教えてください。


kazukiecole at 15:15|PermalinkComments(2)

2011年10月02日

免許を取りに教習所へ

本日より、ようやく教習所に通うことになりました。
なんの免許を取るかって?

オートバイの免許です。

まずは中型、そして最終的には大型の免許を取る予定。


教習所に通うのなんて、学生の時に自動車の免許を取って以来だから、もうかれこれウン十年?になります。めちゃめちゃ久しぶりです。


今日は午前中から入校式とやらに参加してきました。
普通自動車の方の人たちとも一緒なので、平均年齢はかなり若いと思われます。


教科書が配られ、いろいろな話があったあと、「適性検査」を受けました。

図形が同じものをチェックしていくとか、マスの中に三角を書いていくとか、計算とか。

あとは、「はい」「いいえ」で答えていく質問とかね。

小学校や中学校の時にはこういう『性格診断テスト』みたいのが毎年くらいあったような気がするけど、久しぶりにやると面白いね。

設問を冷静に見れるというか…

「周りの人が自分を落としいれようとしている」
とか
「たまにふと死にたくなる」
とか
そんな質問に「はい」って答える人はいるのかなあ〜?
それに「はい」と答えた時点で運転免許を与えたらダメなんじゃない?
とか思いながら質問に答えていました。

適性検査も終わり、いろいろな説明も終わり…

今日このあとからもう実際に教習がスタートで、このあとにも乗れるってことだったので申し込んでみましたが、このあとすぐはいっぱいで、2時間半ほど待てば…ってことだったので、せっかくだからと思い、2時間半待って今日は2コマ乗ってきました。

まずは
バイクを起こす
センタースタンドを立てる
そして、手押しで動かす

手押しで8の字のコースを回ったのですが「これ、明日絶対筋肉痛になる」って感じでした。


そのあとは実際に乗って走ってみました。

今日はまだ最高でも時速30キロくらいしか出せませんでしたが、楽しかった。


タイのツーリングに今度はバイクで参加出来るようにがんばります!!


kazukiecole at 21:48|PermalinkComments(0)

2011年09月27日

人間ドック

今日、生まれて初めて「人間ドック」を受けてきました。

私たちの仕事は体が資本。
しかし、会社勤めじゃないので健康診断とかもなく、学校を卒業してから今まで一度も健康診断を受けたことがなかったので、思いきって受けてみることにしました。

朝8時に受付を済ませ、検査着に着替え、身長体重、血圧、眼底圧?、採血、心電図、腹部エコー、などの検査のあと、違うフロアに移動し、バリウムを飲んでの胃透視。

最初に顆粒の発泡剤を飲むんだけど
「なるべく水なしで飲んでください」
と言われたのですが、そんなの絶対無理。

水がないと飲めなくて、口に含んだままでいると少量の水を渡されました。

と言ってもおちょこ1杯にも満たないくらいの超少量です。

それでも飲めなくって、口の中に残ってる感じがすごくイヤな感じでしたが水はもうもらえませんでした。

そして、ものすごくゲップが出ます。

でもゲップをするとすかさず「ゲップはしないでください。」

でもゲップって止めるの難しくないですか?

もう一度ゲップをすると「ゲップはしないでください。またゲップをしたらもう一度発泡剤を飲んでもらいます。」
って。

さすがにもう一度発泡剤を飲むのはイヤなので必死で我慢しました。

そして次はバリウム。

頑張って飲んでみましたがどうしても入っていかない。

なんとか最初の小さいコップのは飲んだんだけど、台の上で数回転がったあと、撮影の画面を見ていた技師の方が
「足りないからもう少し飲んで」
とのこと。
バリウムが足りなくて胃に行き渡ってなかったらしい。何度か追加で飲まされましたが、結局「ここまで」って言われた線までは飲むことができませんでした。

そして一番辛かったのが、食道のレントゲン。

横向きとか斜め向きとかになった状態で
「はい、バリウムを口に含んでください」
「はい、一気に飲み込んでください」
って言われるんだけど、そんなにたくさんを一気に飲めなくて、ちょっとずつ飲んでたら、少ないと言われ、しまいには「はい、なるべくたくさん口の中に入るだけバリウムを口に含んでください」と言われました。

苦しいバリウムの検査のあとは、婦人科の検査。
乳ガンのマンモグラフィーと子宮頸ガンの検査です。

これは生まれて初めて受ける検査で、めちゃめちゃ緊張しました。

ってか、マンモグラフィーって普通にレントゲンみたいに撮るのかと思ったら全然違うんですね。

めちゃくちゃ痛くて胸がちぎれるかと思いました。


そして最後に聴診器を当てたりとかの簡単な診察があり、すべての検査が終わりました。

服に着替えて受け付けに行くと

「お疲れ様でした。それではこのあとは10時からあちらでお食事ですので、あと5分ほどお待ちください」
全部が終わるとなんと食事が出るんですね。
知らなかった〜

お食事を食べて、本日の検査、すべて終了〜


kazukiecole at 11:47|PermalinkComments(0)

2011年08月14日

日焼け対策

この夏の時期は外のイベントも多く、炎天下でのイベントなんかも非常に多いです。

まさに私は今日がその炎天下。

名古屋の気温も36℃を越えているらしいけど、今私がいるところの温度計は41.4℃をさしています。
昨日、多治見では38℃を超えてたらしいけど、今日もそのくらいいくのかなあ〜

そんな炎天下のステージは下はコンクリート、もちろん屋根はなく日射しを遮るものは何一つないようなそんなステージです。

そのステージに何時間も出たままなんて…
数年前・・・もっと若い時だったらよかったんだけど、最近は炎天下がホントにつらくなってきました。

若いつもりでも年には勝てませんね〜

暑くて水分ばかりとってるから汗はこれでもかってくらい滝のように流れ落ち、せっかくのメイクもあっという間に流れ落ちてしまいます。

だいたいの場合が途中でメイクを直す時間もほとんどないため、そうなるとほぼノーメイク状態に大量の紫外線を浴びることになります。

当然、相当の日焼けをします!!

ステージでしゃべっていると顔中がジリジリと熱くて痛くて焦げそうな感じ。

帽子をかぶったり、日傘をさしたりできればずいぶん違うんだろうけど、さすがにステージではそういう訳にもいかず…

その結果、毎年「どこの海に行って焼いたの?」って言われるくらい真っ黒になってしまいます。

しかも、その日焼けの黒さが、最近では冬になっても引かずに年々蓄積されてるような…

こんな時はどんな日焼け対策をすればいいんでしょうか?

そして、これだけ真っ黒になったあとの美白対策は?

来週からはほば毎日、平安桜のステージがあり着物を着ないといけないのに、この黒さでは日本人に見られないかも!?

日焼けした顔に和服ってなんか似合わないよね〜


もう今さら遅いとは思いますが、何か効果的な日焼け対策と美白対策があれば教えてください〜


kazukiecole at 13:29|PermalinkComments(0)

2011年08月12日

どこまでも続くひまわり畑

7d483a1d.jpg
935c55a8.jpg
先日、ドライブ中に見つけた光景です。

ひまわりがいっぱい。


ちょうど夕日があたってすごくきれいでした。

ただ…

ひまわりって太陽の方を向いて咲くって聞いてたけど、

ここのひまわりはみんな太陽を背中にして咲いていました。

なので、ひまわりの花を撮すと全部逆光です。

でも夕日とひまわりっていうのもなかなか相性がいいでしょ?

ひまわりって、夏らしくていいですね〜

見てるだけで元気が出ます。


kazukiecole at 13:05|PermalinkComments(0)

2011年08月03日

二の丑

今日、8月2日は土用の丑の日(二の丑)です。

夏の土用には丑の日がその年によって一日の時と二日の時があるって知っていますか?
今年は夏の土用の期間中に丑の日が二日あるんだそうです。

今年の夏土用は7月20日から8月7日までの19日間。
その中に丑の日が2日あるんだって。

最初は7月21日。
これを一の丑といい、二回目の今日8月2日は二の丑というんだそうです。

ちなみに去年は7月26日の1回だけだったらしいです。

土用というのは、春夏秋冬の年に4回、季節の変わり目の18日間(季節によっては19日だったリ17日だったリすることも)なんだそうですが、

季節の変わり目ってことで、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間だそうで…、



夏の土用が終わると「立秋」−暦の上ではもう秋なんですね。


さて、今年は2回も土用の丑の日があったので、ウナギ屋さんはさぞかし儲かった事でしょうと思いきや、残念ながら二の丑については一般的にもあまり知られてないそうで、一の丑の時のようにたくさんはお客さんも来ないんだそうです。

そういう私は、ウナギは大好物なのに、今年はまだ1回もウナギを食べていないです。

ウナギっていうと滋養強壮ってイメージですが、ウナギにはビタミンAやB1、B2、Eなどのビタミン類も豊富だというので、お肌のためにも夏の間に1回は食べに行きたいですね。



kazukiecole at 01:03|PermalinkComments(0)

2011年07月29日

志村魂を見てきました

先日、中日劇場でお芝居を見てきました。

今ちょうど上演中の「志村魂」 です。

夏休み中ということもあり、子供の姿がとても多かった
小学生低学年生くらいの子もいて、なんだかちょっと意外な気もしました。

そして中日劇場といえば、年配の方の姿が多そうなイメージありますよね。
この日ももちろん、元気なおばあちゃんたちもたくさん来ていました。

またその他にも全身志村けんのキャラクターの服を身にまとった「8時だよ全員集合!」世代の男性の姿も…

やはり人気はまだまだ健在ですね。
この日はかなり満席に近い状態でした。

実は、私は、小さい頃は親がこのてのテレビは絶対に見せてくれなかったので、「8時だよ全員集合」とかもほとんど見たことがありません。

「バカ殿様」も「変なおじさん」も名前は知っていますが実際にテレビ番組では見たことはありませんでした。

そんな私でも「バカ殿様」や「変なおじさん」って名前はしっかりと知ってるんだから、きっと一般的にはすごい認知度ですよね。


でもやっぱりさすがだなあ〜って思ったのは「笑いの間」

ちゃんとお客さんが笑うツボを知っているっていうか知り尽くしているって感じですね。

あとは、ところどころに入れる「アドリブ」

共演者がとっさのことで対応できなくなるくらい自然に入るアドリブは、会場はもちろん共演者も思わず笑ってしまったり。

私は「お笑い」を目指すわけではありませんが、私自身のステージやしゃべりにも取り入れられそうなポイントはたぶんたくさんあったと思います。

それは、言葉がなくても伝わる万国共通のプロの「間」かな?

笑わそうと思ってという感じではなく、自然に顔がほころび笑顔になるような「間」かな〜と思いました。



<おまけ>

今回の「志村魂」の内容はこんな感じ。
(公演資料より抜粋)

2006年の旗揚げ以来、志村けんが毎年挑み続けてきた舞台「志村魂」。
今年も昨年に引き続き、第一幕はおなじみの『バカ殿様』とコントライブ、
第二幕は、志村けんによる津軽三味線演奏の披露、
お芝居『初午の日に』(松竹新喜劇より)という構成となります。

■1幕:1場 『バカ殿様』
(作:朝長浩之)
ナニが起こるかわからない!テレビとはひと味もふた味も違う“バカ殿様”の暴走ぶり(?)を生でお届け!今年も見逃しちゃヤーョ!

■1幕:2場 『コントライブ』
(作:朝長浩之)
志村けん一座の魅力が大爆発するコントの数々!超メガ級の笑いが劇場を揺らす!?

■2幕:1場 『志村けん津軽三味線』
(作曲:上妻宏光 EMIミュージックジャパン)
「志村魂」恒例!志村けんによる津軽三味線の生演奏!
普段とは違う一面をお見せします!  

■2幕:2場 『初午の日に』ー松竹新喜劇より
(原作:茂林寺文福、舘直志(合作) 潤色:ラサール石井/協力:松竹新喜劇)
老人・平野弥七は、以前は船場でも有名な大商店の主人だったが、本業以外に欲を出し、株式相場や商品相場に手を染めて破産。
その心労で奥さんは病死し、寄る辺のない老いの身を、芸者上がりの小唄の師匠・初江に引き取られ、細々と暮らしていた。
お稲荷さんを祭る二月最初の午の日。そんな弥七を突然訪ねてきたのは、昔の彼の同業者で悪友でもあった井上喜作という人物。
彼は、みすぼらしい服装に似合わず金廻りが良いらしく、分厚い札束を見せびらかして、「パーっと陽気に騒ぎに行こう」と弥七を誘う。
したたか酔った二人だったが、やがて喜作の意外な真相が明らかになり…。




kazukiecole at 19:34|PermalinkComments(0)

2011年07月20日

毎年恒例伊勢旅行

毎年恒例となっている伊勢旅行。

旅行と言っても別に観光地に行くわけでもなんでもないのですが、私が10代の終わりくらいからお世話になっている「兄貴」の店に行くのです。

それも「お手伝い」に

名古屋で十数年店をやって、伊勢に行って今年で6周年。

そんなにしょっちゅうは行けませんが、せめて周年だけは必ず行こうと思い、いつしか毎年恒例の「お手伝い」になりました。

特にバイト代をもらうわけではありませんが、お手伝いをしながら飲み食いをさせてもらい、夜は「兄貴」の同級生(女性です)の家に泊めてもらい、非常に充実の伊勢旅行です。

金曜日、仕事が片付いたのは夜の8時。
そこから伊勢に向かいます。

年に一度のお手伝いですが、もう何年も毎年来ているので伊勢の常連さんとも顔馴染みになり「久しぶり〜」なんて会話をしながらお店に入りました。

土曜日の昼はこれまた恒例となった、鳥羽の駅前の「水沼」という貝のお店に貝を食べに行きました。

ここには見たこともないような「地」の貝がたくさんあります。
それを目の前で焼いてもらって食べます。

この日は大きなウニがあったので、まずはこのウニを生で頂きました。
IMG_3795

つづいては…
IMG_3785

そしてアワビのお刺身。
IMG_3788

サザエのお刺身
IMG_3790

伊勢の方の方言でアッパ貝。
IMG_3789

そして大きな岩ガキ
IMG_3792

ニシ貝
IMG_3793

イノ貝
IMG_3794

この日のメニューにあるものはほとんど食べた感じです。

貝だけでおなかいっぱい〜
なんて贅沢なんだろう〜

とかなんとか言いながら、このあとさらに別の店で「めひびそば」を食べてしまいました。
IMG_3803


このあとは、お店に戻っていろいろと準備のお手伝いをしていると、夕方5時頃、名古屋から昔からの飲み友達がやってきました。

みんな年齢も職業もバラバラですが、みんな名古屋の「兄貴」の店で知り合った人たち。

みんなもう10年以上の付き合いです。

昔はみんな20代で、私が一番年下なくらいだったのに、気がつけばもうみんないい年。

結婚したり
子供が生まれたり、
転勤で名古屋を離れてしまった人もいたり、

メンバーはバラバラですが、毎年集まって来ます。

来る時間も交通手段もみんなバラバラなのに、気がつけばみんな一緒の店にいるから不思議です。



kazukiecole at 03:20|PermalinkComments(0)

2011年07月16日

日本一の伏流水

まだ7月の半ばだというのに連日35℃を超える猛暑。
そんな暑い日には、少しでも涼しくなる場所に行ってみたいよね?ってことで、
岐阜県の山の中にある「日本一の伏流水」ってとこに行ってきました。

山の中って言っても、ここは岐阜県山県市(旧美山町)で、岐阜の街中からは車で一時間もかからないくらいの場所です。

そんな場所に「日本一の伏流水」と呼ばれる水があるなんで、ちょっと半信半疑だったんですが、行ってみてびっくり!

ものすごく神秘的な場所でした。
IMG_3828

川の横の岩肌から水がこんこんと湧き出ています。

こんこんと…ってよりもかなり勢いよく水が噴き出している感じのところもありました。
IMG_3826

川の中に入ってみると、なかり冷たいです。

そして、水が湧き出ているところへ近づくと…

冷たいってのを通り越している感じ。

冷たすぎてまるで氷水に足をつけたみたい。

冷たすぎて足が動かない…。

実は、「もしかしたら泳げるのかな?」って思って水着も用意してきたんだけど、
とんでもない!

こんな冷たい水の中に入ったら、心臓マヒで死んでしまうかも!!

本当にそのくらい冷たいんです。

水も非常に透明度が高くって、そして周りの景色はもののけ姫に出てきそうなくらい神秘的です。

水はもちろん冷たいのですが、あたりの空気も少しひんやりとしていて、さっきまでのあのうだるような暑さはいったいなんだったんだろう?っていう感じです。

あまりに冷たくてきれいな水だったんで、途中で寄った八百屋(?)で買ったキュウリを冷やしてみました。

すぐに冷たく冷えました。
スイカも買ってくればよかった。

ここにいるとさっきまでのあの暑さを忘れてしまうのですが、帰り道、30分も走ればやはり元の暑さが戻ってきました。

家に着く頃には「あの涼しさ、あの水の冷たさはいったいなんだったんだろう?」ってくらい暑さが戻っていました。


kazukiecole at 22:38|PermalinkComments(0)

2011年07月15日

高温注意報

最近のテレビでの天気予報を聞いていて、ちょっと気になるのが「高温注意報」という言葉。

「あれ?こんな注意報、あったっけ??」という感じです。

今日も天気予報で

「・・・各地、高温注意報が出ています。明日の日中は35度を超え、熱中症の危険が非常に高くなります。」
って感じのことを言っていました。。


ある局では
「・・・高温注意報が出ています。・・・冷房の控えすぎに注意してください。」


まさに今年を象徴するような言葉だなあと思いました。

今年はどこも節電節電で、冷房を控えたりしているからってことなんでしょうけど。

私も、冷房は控えて扇風機とうちわだけで何とかしのごうと思っていましたが・・・
ちょっとバテ気味・・・


きっと、暑い時には我慢しない方がいいと思います・・・

それにしても、今年も(毎年)異常気象なんじゃないかってくらい暑いですね〜

数年前に記録した、岐阜県多治見市の「40.9℃」

今年もそんな暑さが日本列島を襲ってくるんでしょうか??


kazukiecole at 21:15|PermalinkComments(0)