2007年11月07日

少し前のことですが、「はてるま」に行ってきました。

波照間ではなく「はてるま」。西表島にあるお料理屋さんです。以前、那覇で開いてらしたお店ですが、ご自身が納得するお料理を作るため、さらに自然に近い場所に移られました。那覇でさえ満足できないとおっしゃって。

初秋の台風と台風の間、私も追い掛けていきましたよ。石垣島から船を乗り継いで。

パパイヤの煮物
お魚の塩煮
地の貝の和え物
しまえびとハーブの揚げ物

 パパイヤの煮物魚の塩煮

 

 

 

貝の和え物しまえびとハーブの揚げ物

 



 

 

こうした素敵に素朴なお料理を作ってくださるのが吉本ナナ子さん。波照間ご出身だから「はてるま」なんですね。
不要な手を一切加えず、素材の味がそのままお料理に活かされています。

はっとさせられたのがお魚の塩煮。シークヮーサーを絞っていただいたのですが、少しのお醤油もなし。確かに暑い土地ではお醤油は少々暑苦しく感じられるもの。夏場の京都でもお醤油は控えます。不要な手を加えないどころか、シンプルにできるところはよりシンプルに。


ナナ子さんはご自身でお魚を採りに行き、野菜もご自分でお作りになる。そしてチョマと呼ばれる織物も麻を紡いで織っていらっしゃいます。

パパイヤの木

 

 


 

 

私たちが便利な時代に忘れ去ってしまった何かを思い出させてくれる・・・そんな生き方だと思いませんか?



(20:40)