もうすぐ夏休みです。
今日からの3連休は夏休みの前哨戦ですね。
気温もアツいし・・・・
さっき、バイパスの温度表示は「37度」になってました。
恐るべし、福島w

さて、夏休みです。
結局のところ、多少の不便は感じつつも、ここまでけっこう普通に過ごしてしまいました。
よくないですね。
いいのでしょうか?
それで、この夏の過ごし方です。
某T田教授のブログなんかには、「放射線の心配の無い所へいって、ゆっくりと過ごすのが良い」
と、書いてありました。
でも、そんな事は現実的に不可能です。だって、日常が動いているんですからね。
日常生活が普通になっているのに、その日常をすてて、避難的な生活をすることは無理でしょう。

これは大きな意識の差ですね。
実際に私の職場でも、校庭等の除染が終了した段階で、安全宣言みたいな感じです。
窓も開けてるし、外での活動も普通にしようとしています。
でも、自然放射線の量から比べれば、まだまだ明らかに高いのですよ。
今までからは半分から5分の1くらいになってますけどね。
安全宣言ではないですよ。
でも、人間の心理って不思議ですね。
線量が減ったって事で、なんだかとっても安心します。
その心理なんでしょうね。

夏休みはいつもどうり、合唱やりまくりです。
いつもどおりの“夏”をすごします。