2008年03月

2008年03月31日

裏面

011bafb8.jpg Yokkeアフリカイベントのチラシ裏面です。こちらに掲載したマスクや木工品など以外にもピグミーのタパ絵やクバ族の古布なども展示します。

 さて、そろそろ準備に行かないと

 明後日からは1週間ほど東京経由でタイへ出張です。今回は久々に私一人での渡航。タイ語、思い出せるかな・・。

 

 

kazukuti at 15:47|Permalink イベント 

2008年03月29日

真夜中のアフリカ展

8d46bc94.gif 4月1日から友人の芳賀洋介氏が経営するバー『Yokke』でアフリカの美術工芸を展示するイベントを開催します。

Art & Music of Africa
4月1日(火)〜11日(金)【6日はお休み】
会場 studio bar Yokke
秋田市大町5丁目1−10 第2サンビル地下1階(NSビル向かい)
営業時間 20:00〜3:00 入場無料

 会場では小松が集めたアフリカの美術工芸品(マスク、布、木工品など)を展示(販売はなし)。BGMは自前のCDコレクションからもちろんアフリカンミュージックを流します。

 4月4日(金)には秋田を代表するJazzバンド「Under4」によるスペシャルライブが開催されます(開演20:00、料金1500円、1ドリンク付)。

 お問い合わせはYokke018−866−3384まで。

 私自身、夜の展示というのは初めてなのでとても楽しみです。日頃Jazzの流れる落ち着いた雰囲気のYokke。プリミティヴでありながら洗練されたデザインを持ったアフリカの造形にはぴったりの空間になる気がします。

 ぜひグラスを傾けながらでも、アフリカの空気に浸ってみてはいかがでしょう


kazukuti at 12:06|Permalink イベント 

2008年03月24日

イカット

2f23759a.jpg 両親無事フィンランドから戻りました。今回は久しぶりに仕事を完全抜きにした海外旅行。最後までトラブルに見舞われることもなく、楽しい12日間だったようです。

 現在2Fギャラリーでは『ナガ族、チン族展』から引き続きアジア各地の布や工芸品、アンティークを展示いたしております。ミャンマー少数民族の作品に加えて、今回新たにインドネシア、ラオスで集めたものも出品しました。特にインドネシアのイカットと呼ばれる絣布はなかなか見ごたえのある布が揃っております。

 絣といえば日本古来の伝統文化のように思われがちですが、おそらくインドから東南アジア、そして日本とその技法が伝えられたと考えられております。特にインドネシアは世界で最も絣織りの盛んな地域。それぞれの島や民族によって異なるデザインや技法の絣布が織られており、イカットの名前は今や絣を意味する共通語として世界で使われております。

 私のイカットとの本当の出合いは大学で考古学を専攻していた頃、民族考古学の教鞭をとられていたE先生がインドネシアのヌサ・トゥンガラ諸島の村々で収集されてきたイカットを拝見した時でした。アジアン雑貨として日本で流通しているイカットとは違い、手紬ぎのざっくりとした風合と天然染料の色合い、手抜きのない柄に魅せられました。先生が大学を退官された時、貴重なコレクションの一部をお譲りいただきましたが、その時に出会った布が今でもイカットを見る上での指標となっております。

 その後インドネシアに足を運んでイカットも直接収集するようになりましたが、いいイカットと出会う機会は年を経るごとに減ってきているような気がします。イカットは腰機という原始的な機で織られるのが古くからの技ですが、近年は半自動の高機で織った安価な量産品が多く目にします。バリ島には様々な島に伝わるイカットを高機でお土産用に大量に織っている工房(というより工場)もあったり・・。このようにお土産や雑貨という範疇だけに止まるのではなく、優れた民族芸術としてのイカットがそれぞれの土地に永く伝えられて欲しいと願っております。

kazukuti at 20:01|Permalink イベント 

2008年03月22日

Message from Finland

7b3fbcc3.jpg 明日帰国予定の両親。これまで旅先から私の携帯電話に入ったメールをまとめてみました。

ご隠居(G)、マダム(M)

(M)これから街に出掛けます。昨日は美術館巡り、夜はコンサートに行きました。ヘルシンキは車も少ない静かな街並です。無駄な看板、広告もなく多分規制されている。アパ−トも店も照明の取りかたがすばらしくセンスがいい、勉強なりました。

(M)今日はかもめ食堂に行きました。小さい店はとても混んでいて日本人も三人いました。ウェ−トレスも一人日本人でした。値段はとても安くボリュームがすごい、映画のポスターも貼ってありました。今晩は石の教会でコンサートです。

(M)今エストニア行きの船の中。船といってもデパートにいる感じ。何んでもある。レストラン、バ−、ス−パ−、タイタニックもこんなだったかも。丁度出航。

(G)お仕事ご苦労様です。黄昏旅行社のガイドです。連日連夜VIPマダム様の接客に勤めています。見知らぬ国でVIPマダム様にお使いするのも気苦労が多いものでガイドをしながら地雷原を歩んでいる感じです。
 ヘルシンキは完璧に都市交通機関が整備され脱車社会を見事に形成しています。お陰様で不慣れな外国人の私でもすぐに自由に行動でき助かりました。日中はミュージアム巡り、夜はクラシックコンサートかレストランでディナーです。VIPマダム様はお元気ですが私は毎晩濡れ雑巾のようにベットに寝て朝を迎えています。只今タリンへ向かう船上ですが濃霧で視界不良につき暇になりました。

(M)昨日エストニア上陸。少ない日程なので正雄ガイドは完璧な下調べでここでも優秀な案内人。世界遺産にもなっている中世の城壁が街を見下ろすまるで映画。まさかここまで来れるとは。健康で長生きはするものです。教会も古くイコンも見事。

(M)二泊三日のエストニアの旅も終わり今ヘルシンキに戻る船の中です。今度の旅行で初めて晴れ、青空を見ました。船の中とは信じられないほど揺れもなく、正雄ガイドすごいイビキかいてソファーに横になっています。

(G)バルト海決戦も無事回避しタリン港を出航。黄昏旅行社VIPマダム様よりご好評を得て職務遂行。あとは慣れたヘルシンキで買い物随行の四日間。地雷を踏まないように願うだけ。

(M)エストニアの街、料理本当に良かった。街は昔のまま残されみんな大切に守ってる。気にいったものが他に昔のエストニア料理・ホッワイン。二日通った。

(G)昨夜もクラシックコンサートにお出かけです。フィンランドの音楽レベルは高くききごたえあり。五年分の鑑賞をした。フィンランドで買う物予想通り全くなし。ただし長身美白8頭身はエチオピアを凌ぐ世界一か?美人です!来る仕事があれぱ喜んで来ます。トナカイの毛皮でも扱いませんか?

(M)こちらに来て今までどんなにゆとり無く動いていたか感じてます。今は贅沢に朝五時には目が覚め本も読む時間もあります。

(G)昨夜もコンサートにお出かけです。教会で行われるコンサートは通常格安ですがバッハだと言う事で3000円もした。会場は古くて1200収容できる大きな教会で満員。マタイ受難曲だった。3時間半の演奏。歌う人70人、演奏する人30人総勢100人。途中寝ていたが面白かった。マダム様大いに感激の様子。演奏会案内は楽だ。明日で最後の夜、何かコンサートを捜さなければ。

(G)復活祭でした。信者数の少ないロシア正教の教会で儀式見学。祭日で商店、デパート全て休み。ガイドのネタ無く困惑中。トラムで市内巡りでもするか?ボンギン精神不安定かと思うのでお早くご帰宅を。

 はい、全くもって不安定です>ボンギン。少しの間二匹を家において外出しただけでもパニックです。頼むからあと一日頑張って〜

kazukuti at 09:28|Permalink  | ご隠居コーナー

2008年03月18日

一人暮らし二週目

aaa32220.jpg 両親は現在エリトリアからフィンランドに向かっている頃。バルト海決戦は無事回避しているとご隠居からが届いておりました。母親=お客、ご隠居=ガイドという図式で旅を続けている様子です。

 親達が居なくなってからウチの犬たちは私をストーキングし続けています。お風呂に入っても扉の外で待っているし、寝るときは勿論一緒。どこに行くのにも金魚の糞のようについてくる。余程心細いのでしょうが、頼られすぎるのも居心地悪いなぁ・・。

 先週末で『ナガ族・チン族展』終了したしました。お陰様で予想以上の盛況でした。ありがとうございます。4月の第一週まで、この会を一部継続し、アジア各地の布や工芸品を加えた形で展示していく予定です。

kazukuti at 23:06|Permalink 店主の日常 | 

2008年03月12日

Coming soon

50699978.jpg 今朝は久々に6時前起き。両親を空港に送って行き、帰りに犬の散歩、朝食の支度、お片付け、その他諸々・・・結構やることあるな、一人暮らし。

 来月のDM原稿もあと一息で完成です。HPにも間もなくUPできると思います。

 4月の催事は11日から5月3日まで『春を告ぐ'08』。石見銀山「群言堂」さんの新作春夏コレクション(写真はその一部)と京都のガラス工房「晴耕社」の荒川尚也さんの作品展です。荒川さんの作品展は以前にも何度か開催させていただいたことがありますが、今世紀に入ってからは今回が初めて。昨年6月に京都へ出張した折、たまたま開催されていた個展にお邪魔して、その作品の素晴らしさに改めて感動しました。ガラスの展示自体が久しぶりなので、今からとても楽しみです。

 それにしても今日の快晴なんと素晴らしいことよ!

 

kazukuti at 10:42|Permalink 店主の日常 

2008年03月11日

Battle of Baltic?

df7c51ac.jpg 明日からうちのご隠居夫婦(両親)が還暦旅行に出かけます。行き先はフィンランドと隣国エストニア。還暦旅行に夫婦喧嘩はつきもの、という話もちらほら聞いたことがありますが、「犬も喰わぬ」ものをバルト海で勃発などという事はならないで欲しいものです(したらしたで面白い話題ですが(^∀^)。

 という訳で私と犬たちはしばらくお留守番。やらねばいけない山積みされた仕事や先日の失敗談もあって、鬼の居ぬ間に弾ける分にもいかず、まずは今週末までの『ミャンマー展』をご隠居に代わって無事務め上げる事が当面の課題であります。

 数週間前に近所の楽器屋さんの「閉店売り尽くしセール」で人生初のエレキギターを買いました。それも夢のギブソン。「いい歳して今頃!?」とよく言われますが、宝の持ち腐れにならぬよう毎朝毎晩練習です

kazukuti at 21:04|Permalink 店主の日常 | ご隠居コーナー

2008年03月02日

コレクション

 3月です。今日は冬の寒さも和らぎ、ようやく歩道の雪も溶け地面が見えました。このまま春になって欲しいなあ。

 「小松家生々流転」今月の表紙は我が家のお雛様(?)インド・バスタルの真鍮製神像。この手の古い彫像は完全に私の趣味で、インドに行くたびに買い漁っています。特にコンド族などが作るロストワックス(ロウで原型を作り粘土の型で鋳造する技法)の工芸品は商売を度外視して収集し、今やコレションが家の神棚を支配する勢いです。

 それと同じく増殖しているものにテラコッタの彫刻というものがありますが、それについてはいずれまた・・。

kazukuti at 21:32|Permalink 店主の日常