2010年05月

2010年05月21日

6月催事

 当店HPに6月11日(金)から開催する『Voyage.vol,2展』の催事情報をUPいたしました。お馴染み、仙台の人気ブランドRocojuliさんの春夏コレクションを中心に、初登場の帽子職人・アトリエD'artisaneさんと、昨年末に引き続き登場のwool,cube,woo!さん、そして日本のゆかたを出展いたします!(前回掲載したポスターの中でD'artisaneさんの名前がnom de la marqueとなっておりました申し訳ございません)


 昨日でようやく店舗と住居の内装工事が完了。あとは店舗の入口に新たに制作中のオブジェが取り付けられれば、先月から取り掛かっていた塗装&リフォームの完成です。

 
re1 店舗1Fから2Fギャラリーに上がる入口にイベントポスターを掲示できるパネルを設置。今までは両面テープで貼っていたポスターもマグネットで取り付けられるようになりました。これで時折起こる粘着事件から解放されます。




re2 1Fと2Fギャラリーの一部の壁紙を取り替えました。店の外観と同じ打放しコンクリート風です。前よりも重厚感が出たような気がします。本間先生の掛け花もより見事に映えます。





re3 たいぶ汚れが目立っていた住居の壁面はライトブルーで塗装しました。そこに飾ってみたのは昨年ガーナで見つけたアサフォの旗(アサフォ結社という武装組織の旗でアップリケをしてつくられたもの)。アフリカの元祖ポップアートが加わって、部屋の中は青の世界に。

kazukuti at 13:53|Permalink イベント | 店主の日常

2010年05月18日

『インド古典音楽LIVE』開催いたします

29b9244a.jpg 昨年開催した『アフリカンパーカッションライヴ』に続き、今年もワールドミュージックのライヴを開催します。今年はインド!日本を代表するシタール&タブラのミュージシャンが、秋田でなんと3連続公演です。

インド古典音楽LIVE・ヨシダダイキチ&ユザーン

6月18日(金)19:00〜秋田市・カフェ・ブルージュ
3000円(1ドリンク&オードブル付)

6月19日(土)20:00〜秋田市・SOUP CURRY SAVINA
2500円(1ドリンク付)

6月20日(日)17:00〜能代市・感応寺
2000円


 3日間、場所も違えばゲストも会場装飾も違う(初日、2日目の装飾は私が担当いたします、3日目はキャンドルで!)、もしかしたらセットリストも!

詳しくは こちらの特設サイトをご覧ください。

チケットは各会場と当店で発売中です。ぜひお早めに!

今回のライヴは6月開催されるこちら(↓)のイベントの関連イベントです。お楽しみに。

ポスター裏

kazukuti at 15:20|Permalink イベント | 店主の日常

2010年05月16日

『萩房・本間幸夫展』

e48f51a4.jpg 『日本の漆芸・萩房本間幸夫展』現在好評開催中です。漆芸家・本間幸夫さんの作品展を当店で開催するのは今回で5回目(5年前に開催した前回の個展の模様はこちら)。日本産漆を守る活動をされながら、漆の精製から木地づくり、塗りと一貫して制作を続けられている本間さんは、私個人が最も敬意を抱いている工芸家の一人です。今回は本間さんの今年初となる新作展を開催させていただくことになり、品数は今まで以上に充実。本間先生ご本人にも初日、2日目とお越しいただきました。




hon2 木の皮を活かして制作した重箱や茶道具などは、まさに本間幸夫による他に類なき技と創作。色やデザインも素晴らしいですが、見えない部分にまで、たっぷりと時間と手間をかけた仕事ぶりがうかがえます。




hon3 碗や酒器などは私自身も日常愛用している優れもの。使えば使うほど味が出てくるのが本間さんの器です。「見れば見るほど欲しくなってくる」のはここ3日間、私も含め当店のスタッフ皆の悩み事。今回はもう一個ぐい呑みが欲しいぞ。



hon4 店主の趣味の部屋?という声もチラホラ聞こえる併催の『世界の漆と仏教美術展』ですが、こちらも多くのお客様に楽しんんで見ていただいております。初日にコレクターのお客様に多数ご購入いただき商品数もだいぶ減ってきましたが、まだまだ大丈夫です。ガンダーラから東南アジアにかけての仏像コレクションも(写真)。高価な古美術品ばかりのように見受けられるかもしれませんが、一個1260円の「東南アジアの仏像テラコッタ&アンティークお守りコレクション」などもありますので、お気軽にご鑑賞ください。



hon5 2日目の15日は本間幸夫さんによるトークショー『日本の漆を伝える手仕事』を開催。当日ご用意した椅子がギリギリになるほどのお客様に足を運んでいただきました。本間さんからは日本漆に対する熱い思いやその創作姿勢について語っていただき、私も含めとても感銘を受けられた方も数多くいらっしゃいました。残念ながらお話を聞くことが出来なかった、というお客様でも会期中は展示室で本間さんのDVD『漆と木にあやかって』を放映しておりますので、是非映像もご覧になりながら、その作品を手に取られてみてください。


 今回の展示がスタートした日と機を同じくして朝日新聞HP「ひともの、幸せな出会い」に本間幸夫さんのインタビューが掲載されました→こちらです。

 『日本の漆芸・萩房本間幸夫展』は5月29日まで(期間中無休)。


 LINK:小松クラフトスペース

kazukuti at 23:55|Permalink イベント 

2010年05月13日

いよいよ

 明日14日から『日本の漆芸・本間幸夫展』始まります!準備もだいぶ済ませたところですが、さすが日本の漆、目が覚めるような色と完成度です。初日の午後から日曜日までは本間幸夫さんご本人もいらっしゃっております。15日(土)午後一時半からは本間先生のトークショーもあり(入場無料)。お誘い合わせのうえ是非お越しください。


an 本間幸夫さんの作品展より、ひと足先に飾りつけが終わった併催『アジアの漆芸と仏教美術展』の展示。こちらもお見逃しなく!

kazukuti at 22:53|Permalink イベント 

2010年05月06日

5月の旅・十文字編

 先日もお伝えしましたが5月2日〜4日、横手市十文字のデリカテッセン『紅玉』さんで開催された『旅するマーケット・紅玉に国へ行くvol2』に手作り雑貨の作家さんやユニークな食材を提供されている方々と一緒に参加いたしました。3日間天候にも恵まれ大賑わいの楽しいイベントでした。

kou1 こちらが私が出店したブース。最近東南アジアやインドで買い付けした工芸雑貨を中心に出品。ミャンマーのシェル細工とボタンが一番人気でした。雑貨の他にもちょっとしたアンティークも。最近いろんなマーケットを見ていくうちに、「骨董」という存在の必要性を感じていました。ちょいと浮いていたかなw


kou2 初日はレセプションパーティーに出席したので、紅玉さんのご自宅に泊めていただくことに。翌朝、会場に向かう途中にふと立ち寄った「梨木公園」の桜がまさに満開。今年のお花見はこれが最初で最後。綺麗だったあ。



kou3 私のブースから外を見ると、紅玉さんの建物に沿って綺麗な小川が。時折カモが羽根を休めていたり、カラスが水浴びをしていたり。癒しの空間です。




kou4 紅玉さんのお総菜はどれも美味しいですが、私の一番のお勧めはお店で食べられるこの親子丼。初日に食べてあまりにも美味しいので、最終日まで3日連続お昼に食べました。3日も続けて食べるともういいかなと思うはずですが、今でもまだ食べたいです。。。


 初日のレセプションパーティーでは、紅玉の高橋店長、旅するマーケット代表とのトークセッションに出させていただきました。会場にいるほとんどの時間をお客様や作家さんたちとのおしゃべりに費やしたり飲んだり食べたりしていたので、イベントの写真はこれだけです。詳しくは紅玉さんのブログ旅するマーケットのブログにアップされておりますので、そちらも是非ご覧ください。

kazukuti at 16:41|Permalink イベント | 

4月の旅・京都編

 ゴールデンウィークを挟んで京都、十文字と店から出ている事が続いておりました。まずは4月後半出かけていた京都編です。

kyo1 京都では作家さんの工房をはじめ様々な作品づくりの現場を視察してまいりました。これまで海外では数多くのものづくりの現場を見てきましたが、日本の着物に関わる現場はほとんど見ることがなかったので、日頃よく目にしている着物や帯がどんなところでどのような工程で作られているのかを見たいと常々思っておりました。
 こちらは当店の着物の催事にいつも出展していただいている京絞りの染色工房。「桶絞り」と呼ばれる150年近く続く技法によって、布の染め別けが行われています。日本の手仕事ならではの計算された細やかな染め技法です。


kyo2 こちらは西陣にある帯の織物工房。ほとんど手仕事によって織りだされる工房から半分近く機械によって織られている工場(?)まで訪ね歩きました。伝統織物にこだわって生産されている老舗の機屋さんは、若い人を積極的に受け入れて西陣の技を伝えようと頑張っておられました。



kyo3 京都造形大学の染織工芸コースの八幡はるみ先生、大高亨先生、そして大学院生の皆さんと一緒に行ったのが、美山にある世界的な藍染作家・新道弘之さんの工房。新道先生にはご隠居の代から当店でもたいへんお世話になっており、一昨年は個展も開催させていただいております。いつも創作力に溢れ世界を飛び回られている新道先生から、現在染められている「シンジゴ絞り」について詳しく説明をしていただきました。


kyo6 今回は京都造形大学で『アジア・アフリカのクラフト』と題した講演をさせていただきました。最初にお話を頂いた時は恐れ多くて戸惑いましたが、これも度胸試しだと思い引き受けさせていただいた次第。あの内容でホントに良かったのかな、と未だに不安があります。。八幡先生、大高先生をはじめ大学の先生方やスタッフ、学生の皆さん、わざわざお越しいただいた新道先生や石塚広先生、齋藤洋先生他染織工芸作家の皆様、遠いところ自転車で駆けつけてくれた鎌田沙織さん、許斐さん、ありがとうございました!


kyo5 緊張の講演が終わった後は、素敵な作家さんたちに囲まれて打ち上げ。二次会を含めると明け方までワイワイ飲み明かしました。それにしても毎晩楽しくお酒を飲んだ京都の旅でした。


 続いては5月の旅・十文字編です。

kazukuti at 14:44|Permalink 店主の日常 | 

2010年05月01日

ゴールデンウィークは『紅玉』へ

c75420f0.jpg 更新をしばらく滞ってしまい申し訳ございませんでした!先週から1週間ほど京都に行っておりました。京都では伝統的な染織の工房や作家さんの個展を訪ね、最終日には京都造形大学で特別講義『アジア、アフリカのクラフト』をやらせていただいてきました。その詳しい模様は後ほどに。

 明日5月2日から4日までの3日間、横手市十文字にある地産地消デリカテッセン『紅玉』さんで、昨年に引き続き『旅するマーケット、紅玉の国に行く』が開催されます。今年は私も3日間すべて出店しております!毎日ハンドメイド雑貨から食材、カフェなど、たくさんのお店が出店されるそうなので、来て見て食べて間違いなく楽しめるイベントになるでしょう。私自身とても楽しみです。

 連休中は2日(日)を除き、当店も営業いたしております。2Fギャラリーではご隠居が自らのコレクションの中から「刺繍」をテーマに展示しておりますので、秋田にお越しの際には是非お寄りください。

kazukuti at 12:09|Permalink イベント | 店主の日常