2012年01月

2012年01月28日

たそがれ見聞録・スラウェシ編1

1.誰も知らないスラウェシ島

3 千秋公園のお堀の蓮のつぼみが薄紅色に咲いていた。ボン、ギンの散歩を半ば寝ぼけながらお堀沿いの歩道を歩いていた。犬の散歩が早朝になった。暑がりのギンちゃんが日中の散歩を嫌がりだし、マダムから禁止命令が出たからだ。マダム様ご寵愛のボン、ギンです。早速、散歩は早朝にとのご指示が下った。

 始めは億劫だったが暫くすると早朝の爽快感が気持ち良く感じるようになった。早朝の公園には意外にも汗だくになってジョギングする人、まだ死にたくないと黙々と散歩する人、のんびり体操する人、犬の散歩する人、果てはゴミ拾いする社会貢献派の人など沢山の人がやって来るのに驚いた。別世界を覗いた気分だ。毎日通えば犬も人を顔馴染みになりボン、ギンは朝から大喜びで早寝早起きの超模範的が始まった。早朝散歩のお陰で朝の英語、インドネシア語の勉強もはかどるようになった。夜は早寝のために飲み歩く事もなく、お金を散財する機会もなく二宮金次郎さんみたいになった。

2 全てギン様のお陰です。名犬ギン様、忠犬ギン様、孝行犬ギン様。銅像モノだ!30年前にギン様に出会っていたら今頃、俺も英語を自由に話せ、お金持になっていたかもと一瞬、脳裏を過った。がしかし、ギンちゃんは冬は寒がりで朝は部屋が暖かくなるまで起きないのだ。


 しばらく経ってから不思議な事に気が付いた、夜に飲み歩く事がないのに財布の中身の見ると以前と変わらない。散財しないのにお金が増えない、エネルギー保存の法則は通用しないのだ。以前と変わらず中身より革の財布の方が値打ちある、俺はお金に無縁なようだ。布を求めて世界に出掛けられるだけで結構だと諦めている。

1 今回の旅はインドネシア・スラウェシ島だ。インドネシア4番目、世界11番目の大きさを誇る島だが誰に聞いても知らないと言う。甥や姪の大学生に聞いても「インド?」、「アフリカ?」など的外れな答えが返ってくる。オランダの植民地時代はセレベス島として言われていた。島はアルファベット文字の「K」を押し潰したような形をし、高い山が連なり赤道直下に位置している。島の中部にはコーヒーで有名なトラジャがある。

 向かう場所は島の南端都市・マカッサルとトラジャ族が住むタナ・トラジャとママサの3ヵ所だ。マカッサルでは古い陶磁器をトラジャでは古渡り更紗を探しに行くが、どこにあるとも書いていないし報告も無いが、長年の経験と勘で「あるはずだ」と出掛けることにした。臭う!臭うのだ。

チケットを手配し出発の日が近づくとだんだん不安になってきた。絶対ある!多分ある、ある筈だ、無ければおかしい、もう無いかも知れない、無ければどうしようと頭の中を不安が駆け巡った。同行する三代目は仕事が忙しく、いつものごとく全くの無関心で「本当にあるの?」と言っていた。「行って見なければ分からないのだ!」と不安を抱えながら情報収集とインドネシア語に熱を入れて勉強した。

隠居人・小松正雄

(続く)

kazukuti at 11:39|Permalink ご隠居コーナー 

2012年01月25日

『大高亨展』29日まで

otaka9 1月4日から開催していました新春企画『大高亨展』。期間中たくさんのご来場ありがとうございました!展示会は21日までの予定でしたが、会期終了数日前にタペストリー(写真)や小物などの作品が到着!「せっかく来たのに終わるのはもったいない」ということで、29日まで延長して開催する運びとなりました(最終日29日は17時までの営業)





otaka12 一時は品数が残り3点にまで減っていた大人気の吾妻袋もようやく数が揃いました。大高先生が多忙なお仕事の合間を縫ってミシンを踏んで作られたとの事(!)この吾妻袋、お馴染みのこちらこちらのブログでも紹介していただきました。






otaka10 今週から1Fでは昨年末の展示会が大好評だった手袋作家・福島令子さんの作品が再び登場いたしました。鳥のミテーヌが楽しい「手袋の樹」のインスタレーション(写真)も。








IMG_7706 建築家でキャンドル作家の吉岡優(Y・U Candle)さんの作品やインドのアイアンクラフトも。ハンドメイドのぬくもりが伝わるアイテムが揃いました。










裏面 HPにもUPしましたが、来月10日からはインドネシア・スラウェシ島でご隠居と私が昨年秋に蒐集した古美術、工芸を出品する『俺のスラウェシ展』が開催されます。毎回マニアックな(?)世界の美術工芸を紹介する「俺(=ご隠居)シリーズ」。今回はトラジャ族のユニークな染織や工芸品、かつてアジア各地から渡ってきた古陶磁を中心に展示いたします。是非ご期待ください♪


◆ご隠居の「電子版・たそがれ見聞録スラウェシ編」は近日中にこちらのブログで順次アップいたします。私が昨年載せた「スラウェシ島・トラジャの旅」はこちら

kazukuti at 15:27|Permalink イベント 

2012年01月10日

大高亨さんのギャラリートーク

2 1月7日、『大高亨展』の関連企画として大高亨さんによるギャラリートーク「クリエーターのエコなものづくり」を開催いたしました。当日はイベントの開催すら危ぶまれる程の大雪でしたが、たくさんのお客様にご来場いただきました。お客様の中には大高さんの同級生でこの日33年ぶり(!)に再会されたすみよしよしえさんも。




3 ギャラリートークでは前半はこれまでの創作活動をスライドを使って紹介し、後半は私も少し交えて大高さんの目指している染織工芸についてお話していただきました。日本の質の高い繊維産業にクリエーターの新しい感性を加えることによって、量産される製品とは対極のものづくりをしていくというお話など、どれもプロダクトデザインとファイバーアートの第一線で活躍されてきた大高さんならではの視点で、とても興味深い内容でした。




otaka5 大高さんが在廊されていた3日間、作品制作の事から現在のアートクラフト事情まで楽しく貴重なお話を聞かせていただきました。その作品が職人の手による質の高い素材と大高さんのアーティストとしての造形表現の両方に根ざしていることを改めて感じさせられました。

 『大高亨展』は1月21日まで(期間中無休)

kazukuti at 14:48|Permalink イベント 

2012年01月05日

2012年スタート!

1 改めまして新年あけましておめでとうございます。私の年末年始は大晦日の昼頃、突然39度の熱が上り、元旦までほとんど床についておりました。昨年は夏風邪を少しひいたものの基本的に健康な一年でしたが、年の瀬にまさかのダウン。しかし2日連続で寝ていられる機会は大晦日、元旦以外には無かったので、タイミング良く休養を取れたと思います。体調は仕事始めの4日には完全に回復☆(写真は大晦日の我が家の食卓。お節料理はデリカテッセン紅玉さんにお願いしました)



otaka8 1月4日から新年最初の催事『大高亨展』と『初市』が始まりました。秋田県出身の染織工芸作家・大高亨さんの4年ぶりとなる作品展です(前回の様子)大高先生にも前日の飾り付けと展示会初日にはお越しいただきました。今回はタペストリーの大作の他、スカーフやストールなど身に纏う作品まで出品されております。 和装に使われているしなやかな絹や縮を利用し、色とりどりのプリントを施したスカーフは春の到来を感じさせるかのような美しさ。




otaka6 吾妻(あずま)袋と風呂敷の作品。吾妻袋とは江戸時代に反物の残り裂などを使って制作されていたエコバッグ。三角に折りたためる機能性と古くて新しいファッション性を持ち合わせた魅力があります。若い人にも大人気で、そろそろ品薄になりそうな予感。

 大高先生は教鞭をとられている京都造形芸術大学の授業の関係で今日と明日京都に戻られておりますが、7日から9日の3日間は会場に在廊されております。そして7日(土)14時からは会場でギャラリートークを開催いたします。出品されている作品のことから制作についてお考えになっていること等いろいろお話をされますので、ぜひお誘い合わせの上ご来場ください。


大高亨ギャラリートーク『クリエーターのエコなものづくり』

日時:2012年1月7日(土)14時〜15時半
会場:小松クラフトスペース2Fギャラリー

震災以降さまざまに使える布の価値が見直されつつあります。クリエーターが今後どのような価値観で仕事をしていくべきなのかお話していただきます。 (入場無料、予約不要)

大高亨プロフィール

1964年 秋田市生まれ。 秋田県立能代高等学校卒業。 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業。
川島織物入社。デザイナーとして日本の自動車メーカー9社のカーシートや特急はるか、JALボーイング777、福岡シ―ホーク、宮崎シーガイア、国会議事堂等の内装ファブリックを担当。
97年 独立。
染織造形作家としても国内外の多くの美術館、ギャラリーで作品を発表している。
現在、京都造形芸術大学美術工芸学科 染織テキスタイルコース 准教授

kazukuti at 18:17|Permalink イベント | 店主の日常

2012年01月01日

謹賀新年

nenga
2012年もどうぞよろしくお願いいたします!

kazukuti at 00:00|Permalink イベント | 店主の日常