旅マmeetsバーンロムサイPart2『矢原大二郎・矢原早苗展』

2010年09月01日

滝の頭で涼む

taki1 9月になったというのに毎日暑い日が続いております湿気を帯びた熱気はまるで東南アジアのどこかにいるで、ビールとスパイスの効いた料理が毎日やめられず、夏太りしそうですw

 先日、こんな暑い夏こそ最適な場所に行ってまいりました。そこは男鹿市の寒風山の中腹にある『滝の頭(たきのかしら)水源地』。江戸時代から現在に至るまで飲料水や農業用水として使われてきた由緒ある湧水です。
 市の上水道施設に許可を得てから裏山に入ると間もなく、コバルトブルーの沼が見えてきます。沼底や泳いでいる魚の鱗まで見える澄んだ水。マイナスイオンがいっぱい


taki5 沼の奥には神社があります。その麓から湧水が!「三吉神」、「太平山」といった石碑も立ち、ただならぬ神聖な雰囲気。湧き出る水はこの暑さでも冷蔵庫に保管していたような冷たさです。




taki2 どうやらお社の真下付近から水が湧き出ているみたいです。周囲にそびえ立つ巨木と勢いよく流れ落ちる湧水の効果でこの辺り一帯はヒンヤリとしています。自然の冷気のなんと心地良いことよ。



taki3 神社の脇に立つ二体のお不動さん。またなんとも言われぬ趣のある石像。この像の下からも水が湧き出ています。お不動さんがまるで「長い間、俺たちがこの水源を守ってんだぞ」と言っているみたいでした。自然の恩恵がそのままカタチになったような柔らかな造形に心惹かれます。やっぱ、秋田にはいいドゴいろいろあるなあ。


 明後日3日(金)からは『矢原大二郎・矢原早苗展』がスタートです。『滝の頭』で充電したエネルギーをフルに使わないと!

kazukuti at 23:48│ 店主の日常 
旅マmeetsバーンロムサイPart2『矢原大二郎・矢原早苗展』