ジップロックが建って一年半。当たり前だけど大入りの日もあればガラガラな日もある。
それでも壁と課題と出来た仲間を気に入ってくれたクライマー達が少しづつ増えてきている。

沢山のジムが建っている昨今、若いクライマーの中にはいつかジムを出したいって思っている子もいるはず。自分も漠然とクライミングで食べていきたいっておもいつづけてきたから そういうクライマーは応援したくなる。
ジップロックのようなジムを出したいって思ってもらえるようなジムを作っていきたいねぇ。


ジップロックのコンセプトは
「クライミングで渡辺家三人が暮らせるお金を稼ぐ」

ジムのランニングコスト払って、そこから+アルファーがうちの稼ぎな訳だけど。とりあえず暮らしていけてる。お金持ちにはなれないけど何とかなってる。


週に一度の休み、どこに行きたいか?っていったら岩だし、さーりもブランドの服着たり高い物買ったりする事よりも のんびりした時間を大切にしたいみたいだし(多分)。
ジップロックのコンセプトは上手く働いてるし、渡辺家も生活できている。


「めちゃ儲かるジム」
がコンセプトなら都心に出して、スタッフ沢山にすればいーのかな?


「強いクライマーを育てたい」
がコンセプトなら時間を決めてスクール開いてってなっていくんだろうな。自分がクライミングしないならそれも楽しいんだろうな。


「皆にクライミングの楽しさを伝えたい」
なら施設利用料総額500円位にすれば自然と人は集まる。儲けはないけど安い家賃を選べばプラマイ0には出来るでしょうw



今日も何が伝えたいか分からなくなっちゃったけど、、

ジムって楽しいなーと。
今日のジップロック来店人数7人だけどね。たのしかったよ。