February 21, 2008

F1 富士スピードウェイ 08年日本GP概要発表

富士スピードウェイが2008年の日本GP概要を発表しました。流石に2007年の悲惨な運営を反省したようで、幾つかのカイゼンが施されるようです。

お客様の安全を第一として
1.安心で確実な交通アクセス
2.楽しく快適な観戦環境
を基本方針とする・・・

能書きはどうでも良いんですが、去年一番酷かったと思われるチケット&ライドは継続するそうです。確かにあの環境では他に良い手は無いようにも思いますし、一応復路についてはシャトル方式ではなくバスを会場内にそのまま待機させておく「留置き方式」に変更するんだそうで、これで雨風を凌げということのようです。まあ、これで寒い中立ってバスを待つ必要はなくなりそうですが、バスの中で何時間も待つんだろうなぁ・・・と(^_^;)
他にもチケット購入時に観戦席までのアクセスに要する時間を予測できるような所要時間見込みの提供や、ゲートの改良や場内バス動線の整備、場内歩道の一部拡幅または歩道橋の新設なども計画されているとのこと。

移動やアクセス関連以外でも、大型スクリーンを全指定席スタンド前に設置したり、応援旗や横断幕の(危険や迷惑とならない条件付で)自由化、スタッフの大幅増員&事前教育徹底、案内看板の英語併記、仮設トイレの適正配置化などなど・・・
詳細はここで確認頂きたいんですが、およそ2007年に駄目だしされた案件にはほぼ何らかの手が入るようです。

大企業が真摯に批判を受け止め、カイゼンするスタンスはさすがだと思う部分がある一方、これが全てクリアできてやっと及第点というレベルなのかなぁという感覚は否めません。良くなかった部分のカイゼンではなく、根っこから大改革を行わないと能書きの「安心で確実な交通アクセス」「楽しく快適な観戦環境」は実現できないような気がしますねぇ・・・

今年もF1観戦に行くつもりですが、去年の惨状を憂いつつ富士に行くか、思い切ってシンガポールのナイトレースに行ってしまうか、悩ましいところですねぇ
 
ニュース記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080220-00000012-maiall-moto
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/02/f12008gp_6aac.html
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080220/oth0802201841006-n1.htm

      



Posted by kazumitsuzuka at 12:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL