June 09, 2008

F1 カナダGP〜不死鳥の初勝利

ハミルトンの2年連続ポール獲得で幕を開けたカナダGP。元々コースからコンクリートウォールまでのスペースが狭く、今年からトラクションコントロール&エンジンブレーキコントロールが禁止されている上、予選後に雨が降ったり、アスファルトを補修した黒い部分が剥離し始めたり・・・これで荒れないわけがないということで、見る側としては非常にエキサイティングな展開を期待してしまったりしました。実際に予選でもかなりスピンやコースアウトが見られましたしね。

TV中継が元々25:55〜の生中継、ってことで、非常に辛かったりはするんですが、バレーボールが延長されずに予定通りの生中継でちょっと安心しました。

で、決勝レース。

予選終了時には決勝時の雨も予想されていたようですが、実際はレース中の雨予報はないとのこと。それも手伝ってか、カナダGPにしては珍しくスタート後の1コーナーでの混乱もなく、ハミルトン-クビサ-ライコネンというグリッド通りのオーダー。4&5番手こそアロンソがロズベルグにパスされていましたが、しばらくは大きな波乱もなく、ちょっと予想外の展開に・・・

が、このまま行くわけがないのがカナダGP。スーティルがコース上の微妙な位置でストップし、18LAP目にセーフティーカーが導入されると、レースが大きく動き始めました。
ピットレーンオープンと同時に上位にいた4〜5台が一斉にピットインし、ライコネンとクビサが併走する形でピットロード出口へ。出口の信号が赤の点滅だったために2台はここにストップしたんですが、なんとこのライコネンにピットストップで先行されてしまった(多分ガスが軽かったんでしょうね)ハミルトンが追突!! これでポイントリーダー2台があっけなくレースから脱落・・・ロズベルグもこのハミルトンに続けて追突していましたが、一応リタイアせずに済みましたが、この追突した2台は次戦フランスで10グリッド降格のペナルティを受けることになってしまいました。
この結果、ハイドフェルド-バリチェロ-中嶋一貴-ウェーバー-クルサードという見慣れないオーダーになったんですが・・・ いよいよ首が噂されているピケJr.が良いレースを見せながらもリタイアしたり、最近ブイブイ言わせていてちょっと気になっているアロンソが、ハイドフェルドを追いかけていた時にスピン&クラッシュしてリタイア(無線でギアボックスって言っていたように聞こえましたけど)するなど、まだまだ荒れ気味の展開だったんですが、その後はセーフィティーカーに繋がるようなアクシデントは無し。あちこちでバトルはあって見ていて面白かったですけどね。

結局、ピットストップ時に事故を貰わなかったクビサがセカンドスティントで逃げを打ち、2回目のストップを終えた時点で1ストップのハイドフェルドの前に出ることに成功し、そのままフィニッシュ。クビサ自身の初優勝に加え、BMW初優勝&初1-2を決めてくれました。クビサは去年のカナダで壮絶な大クラッシュを演じていましたから、その悪しき流れを自ら断ち切ったように思えてちょっと嬉しかったりしましたね。TVのテロップでも「不死鳥」なんて煽られてましたが、不死鳥=ニキ・ラウダのイメージが強いので、ちょっと持ち上げすぎのような気がしないでもないですが・・・ 流石に荒れるカナダGPってことですね。荒れるレースはとにかく最後まで残ってナンボですし。
あ、そういえばポーランド国歌って初めて聞きましたし、ドイツ国歌も懐かしかったなぁ

一方で、今年に入ってからクビサに完全に先に行かれているように思えるハイドフェルドがちょっと心配だったりもします。地上波のグリッド紹介のときにもセカンド呼ばわりされていましたし、チーム初PPに続いて初優勝もクビサに持っていかれるとなると・・・年齢的にもベテランと言って良いところまで来ていますし、正念場なのかもしれませんね。

惜しくもQ3進出を逃し、12番グリッドからスタートした中嶋一貴。スタートで10位まで順位を上げたものの、ペースの上がらないバリチェロに前を押さえられ、ウェーバーに後ろから突っつかれるちょっときつい展開になっていました。セーフティーカーの導入で3番手に浮上しても大きくは状況が変わらず、ハイドフェルドがピットインして2番手という日本人最高位を走行するも、バリチェロをかわすことは出来ずにラップリーダーには成れず・・・33LAP目に唯一のピットストップかとおもいきや、なんとハードタイヤでピットアウト。中継でも右京がコメントしていましたが、ソフトに履き替えれば1ストップでかなり良いところまで行けたかも知れないんですが・・・ 確かにバリチェロも終盤失速していましたし、ハイドフェルドも2ストップのクビサに先行されましたが、セーフティーカーを生かしきれなかったと言われても過言ではないかと・・・ う〜ん、ちょっと勿体無かったですねぇ・・・ 初優勝は兎も角、表彰台は十分に狙えたはずなんですが・・・
結局、一貴は9番手辺りを走行中にバトンに仕掛け損なってマッサの先行を許し、今度はそのバトンにヘアピンで追突、フロントウィングを破損してピットインしたものの、ピットロードでそのウィングを踏みつける形となってしまい、曲がれずにウォールにクラッシュしてリタイアとなってしまいました・・・ この時点でもちゃんとコースに残っていればポイントぐらいはあったかも知れませんが、どうにも悔やまれるなぁ・・・

そういえば・・・ 最終シケインのアウト側のコンクリートウォールが、地上波の中継でいつの間にか「チャンピオンズウォール」なんて名前になってましたねぇ・・・

さて、次戦は2週間後のフランスGP、今年で最後になるかも知れないマニクールサーキット。気がつけばクビサがチャンピオンシップをリードするという予想外の展開で、新4強(クビサ-ハミルトン-マッサ-ライコネン)なんてことになっていますが、個人的には旧4強のコバライネンにもうひと頑張りしてもらって、チャンピオンシップを盛り上げて欲しいところですね。

ニュース記事
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/06/bmw12_07e4.html
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080608231638.shtml
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/06/08/190365/

レース結果
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2008/06/f17gp_ca1b.html

     



Posted by kazumitsuzuka at 10:09│Comments(2)TrackBack(17)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/50946282
Trackbacks
第7戦 カナダGP  決勝   ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット トヨタティモ・グ
F1 第7戦 カナダGP【ザッキ】at June 13, 2008 19:06
結果は以下の通り(GPUpdate.netより)。 Pos.ドライバーコンストラ
F1 カナダGP 不死鳥クビサが昨年大事故を起こした地で初優勝!!【蔵前トラック??】at June 12, 2008 19:03
第7戦 カナダGP  決勝   アルバートパーク・サーキット トヨタティモ・グロ
F1 第7戦 カナダGP【ザッキ】at June 12, 2008 00:08
日本時間の今日未明に行われたF1カナダGP。琢磨が出ないので、起きてみる価値無し、と録画で見たんですが…。 びっくりしました。勝ったのがまさか、彼とは…。 PDriverNat.CarGoalTime/DelayPit1R.クビサPOLBMW Sauber1:36:24.44722N.ハイドフェルドGERBMW Sauber16....
F1カナダGPは、昨年地獄を見た男の初勝利!【この際、言いたい放題=別冊版】at June 11, 2008 17:23
おめでとー!  ロバート・クビサ! BMWザウバー 1-2 フィニッシュ! 決 勝 GPUpdate 1   R・クビサ   BMW   1:36:24.447 2   N・ハイドフェルド   BMW   + 16.495 3   D・クルサード   レッドブル   + 23.3...
F1(4355) カナダGP 決勝【戀は糸しい糸しいと言う心】at June 11, 2008 13:09
お気に召したらTB並びに、ワンクリックお願いしまぁ??す! 人気blogランキング にほんブログ村 テクノラティJAPAN p-netbanking 第7戦 Canada GP が行なわれ、BMW SauberのRobert Kubicaが嬉しい嬉しいF1初優勝を果たしました!!ポーランド人F1ドライバーとしては歴史...
カナダGP Kubicaが嬉しいF1初優勝!!!【お気楽ブログ F1・Moto GP -Part3-】at June 11, 2008 03:36
【F1カナダGP】決勝…予測不能の結果 昨シーズン終盤から徐々に力を付け、今シーズンは確実に上位に入ってきていたBMWがついに1-2フィニッシュっ とゆう歴史的瞬間を狩りに出掛けて観はぐりました……orz 1位:ロバート・クビサ 2位:ニック・ハイドフェルド 3位:デビ....
観はぐりました【OTHERS!】at June 10, 2008 23:03
王者は本日の作業所ゲーム大会でのトーナメントで優勝したし GPはクビサが初制覇しポイント首位もSCの影響で大荒れだったし ジャンプ28号はブリーチ&銀魂は良いが次回のキン肉マンに期待だし ブリーチは藍染の独壇場で平子は可哀想も予想通り浦原で次が注目で ナ...
オセロ王者&加奈陀GPクビサ初制覇&少年ジャンプ28号【別館ヒガシ日記】at June 10, 2008 20:44
今回は動きがありましたね〜! って、途中で寝落ちのオイラですから多くのことは語れませんが…(汗 今回は予約録画したものを水曜日に観...
2008年第7戦カナダGP決勝結果【カンヂのあなた!(40代の青春)】at June 10, 2008 14:51
2008年F1第7戦カナダGPは決勝が行われ、BMWのロベルト・クビサが初優勝を飾った。また、ニック・ハイドフェルドも2位に入りBMWは殊勲のワン・...
2008年F1第7戦カナダGP決勝結果【にこらすの徒然なるままに・・・part2】at June 10, 2008 10:09
いつもTBなど当BLOG世話になってます。今後とも当BLOG&別館BLOG&両BLOGからのネット通販で美味の御菓子をTELとFAXで注文を宜しくお願い申し上げます
カナダGPはクビサ初制覇もSC影響で大荒れ【スポーツ瓦版】at June 10, 2008 07:47
赤は止まるんだ!信号を良く見ろ!! と最近、haru娘にきつく交通ルールを教えているところだが・・・ さてモナコで思わぬ勝利を得た我がマクラーレン。今回のカナダでもハミルトンはポールポジションを取り、スタートも難なく決めてゆうゆうとトップを走った。「圧倒的だ....
おお神よ!!【V36スカイラインクーペが欲しい!】at June 10, 2008 06:07
カナダGPの話。ねむい・・。
2008F1 第7戦カナダGP/モントリオール【はびのすブログ 〜ブサイクな日々〜】at June 10, 2008 06:01
2008年F1第7戦は、北米ラウンドのカナダGP。 モントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキット。 PPはハミルトン、2位にクビサ、3位ライコネン、4位アロンソで決勝スタート。 毎年波乱の起こるカナダGPは、今年もセーフティカー導入で大混乱。 トップ独走中....
2008 F1 カナダGP 決勝【グレート・タカの徒然なるままに…】at June 09, 2008 23:58
運もタナボタも実力のうち。 拾えるところにいなければ、優勝だって、今週予想できなかった表彰台・入賞だってできないんだから。 その上で、プッシュプッシュの2ストップクビカの方が初優勝したのは満足。 あそこまで行けたら優勝が・・・で憮然とするのも分かるけど、...
F1世界選手権 第7戦カナダGP 決勝【F1とテレビとケータイと。】at June 09, 2008 23:51
1st:R クビサ 2nd:N ハイドフェルド 3rd:D クルーサード それ以
2008 F1 第6戦 カナダGP 決勝【ミーハー日記】at June 09, 2008 21:29
BMW、1-2フィニッシュ!   クビサ、遂にポディウムの真ん中に立ちました!! 最後まで観ようと思っていたのですが、アロンソリタイアと同普..
F1カナダGP 決勝【mints life】at June 09, 2008 18:36
Comments
こちらこそいつもTBありがとうございます。

ドイツ国歌は他に聞くこともないんですけどね〜
やはりミハエル効果で耳に残っているんですよね。

ウォールの名称は確かに意味的には良く分かります。
個人的にはジャック・ビルヌーブが父の名を冠したサーキットで自滅してしまった嫌なレースが思い浮かびますけど・・・(T_T)
Posted by 管理人‘み’ at June 11, 2008 10:05
トラックバックありがとうございます。
私もドイツ国歌は懐かしく思いました。シューマッハが現役のころは嫌というほど聞きましたが。あとチャンピオンウォールも私も初耳でした。私的には歴代のチャンピオンもこの壁の餌食になってますという意味でなかなかいい愛称ではないかと思います。
また来ます。
Posted by haru at June 11, 2008 08:21