June 23, 2008

F1 フランスGP〜見えない力

フェラーリがフロントローを独占した上、マクラーレンデュオがペナルティで中段グリッドに沈み、カナダで1-2を決めたBMWもいまひとつ・・・というフェラーリのタメのお膳立てが全て整ったかのようなマニクールでのフランスGP。
レース前に軽い雨があったようで、レース中にもスタートから30分以内に雨が降るような予報が出ていたのでちょっと荒れ模様を想像しながらの観戦です。

レースはスタートからアデレードヘアピンまでは大きな混乱も無く、ライコネン-マッサが1-2体制で逃げを打ち始めました。3番手にはオベ・アンダーソンの弔い合戦になるトゥルーリがアロンソをかわして上がって来ていました。まあ、アロンソのスタートが余り良くなく、クビサにも前に行かれてしまったと考える方が自然でしたけどね。
1回目のピットストップ後もこの状況は変わらず、ライコネン&マッサ&トゥルーリの差は開く一方だったんですが、ちょうどレース折り返しの35LAP目あたりでライコネンのペースが落ち、トップ2台が急接近。ライコネンは右のエグゾーストパイプのアウトレットあたりのエンジンカウルを損傷しており、ペースが一気に落ちていたんですよね。珍しいトラブルですが、これでマッサが39LAP目あたりでライコネンをパスしてトップへ。

レース終盤には、30分で降る筈だった雨がぱらつき始めたものの、レインタイヤに交換するほどではなかったこともあり、大きな混乱はありませんでした。‘み’がちょっと期待していたアロンソがアデレードヘアピンでオーバーランし、ピケJr.に先行されたのは雨の影響かもしれませんけどね。

で、この頃非常に見ごたえがあったのがトゥルーリを軸にした3位争い。1回目のピットストップ後にはトゥルーリがクビサに突っつかれ、2回目のストップ後には同じようにコバライネンに突っつかれ・・・TVの解説でもコメントされていましたが、BMWのクビサは最後のスティントを合っていないソフトで走ったため、第2スティん戸を押さえられた時点で3位争いからは脱落。2回目のピットストップ後にトゥルーリの背後にコバライネンが付き、残り15LAP程度残っていて、両社の動きを見た感じでは、もうコバライネンが前に行くのは時間の問題だと思っていたんですが、トゥルーリは良くコバライネンを押さえたなと。こんなことを言うのもなんですが、トゥルーリって結構ムラッ気があるドライバーですし、予想外の結果だったのは確かなんですよね。
オベ・アンダーソンの件でマシンにも喪章を付けたのが効いたのか、何か見えない力が働いたかのように思ってしまいます。まあ、それならマッサにも何か起こって奇跡の初優勝なんてことがあっても・・・ これは出来すぎでしょうけどね(^_^;)
(2度目の)ベネトン時代のベルガーが、蓄膿やらでレース自体を欠場していたりした時期があったんですが、その時に父を亡くした直後のドイツGPで優勝したのが思い出されました。あ、ちなみにこの頃の代役でデビューしたのがアレキサンダー・ブルツだったかと。

一方、13番グリッドからスタートしたハミルトンはいくつか順位を上げたものの、シケイン不通過でドライブスルーペナルティを受けたり、ピケJr.&ピットアウトしたばかりのアロンソに引っ掛かったりして踏んだり蹴ったり・・・ カナダに続いてノーポイントに終わりました。

ハミルトンの後ろ、15番グリッドからソフトタイヤでスタートした中島一貴ですが、こちらは直ぐに14番手まで上がったものの、その後は淡々と周回を重ねたようで、レース中盤(多分37LAP目)に唯一のピットストップを慣行、ここでハードに履き替えていたので今度こそ1ストップ作戦かと思いきや・・・ なんと残り11LAP程度で再度ピットイン・・・ カナダでも同じような状況だったように思いますが、マシン自体がマニクールではイマイチ決まっていなかったのは間違いありませんし、ここは1ストップ作戦で行って欲しかったんですけどねぇ・・・ 結局そのまま良いところ無く15位完走に終わりました。

ってことで、結局トップに立ったマッサは危なげなくチェッカーまで走りきり、ライコネンも何とかペースを守って2位確保、以降トゥルーリ-コバライネン-クビサ-ウェーバー-ピケJr.-アロンソというオーダーでフィニッシュとなりました。
これでマッサがポイントリーダー。クビサは2週間天下に終わりましたが、1位マッサから4位ハミルトンまでのポイント差はまだまだ10ですから、この先も熱いバトルが期待できそうです。

次戦はシルバーストーンでのイギリスGP。フランス-イギリスは連戦のイメージがありますが、今年は2週間後の7/6。マクラーレン&ハミルトンが地元で巻き返すんでしょうか? ウィリアムズ&一貴にも同じように期待しちゃいますね〜

ニュース記事
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/06/22/191586/
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080622155802.shtml
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/06/gp_22d4.html

レース結果
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2008/06/1_2_d5ef.html

     



Posted by kazumitsuzuka at 10:20│Comments(0)TrackBack(10)clip!
Trackback URL
Trackbacks
今回もレースは面白かったが… このグランプリの一番のハイライトは、残り一周69周目のトゥルーリと我らがマクラーレンのコバライネンとのバトル。シケイン前の直線で、コバライネンがトゥルーリの前に出る。トゥルーリとコバライネンはタイヤとタイヤをヒットさせ、押し....
コバライネン表彰台逃す!<F1フランスGP>【V36スカイラインクーペが欲しい!】at June 26, 2008 00:08
【F1フランスGP】決勝…フェラーリの1-2に続く、熾烈な3位争い トゥルーリでしょ 予選も4位に付けてたし、国際映像は終始トゥルーリ抜いてたし いつになく静かなスタート、フェラーリ2台が抜け出した後は特に大きな山も谷もなく、軽く寝そうになった程… っつかね、ライ....
今回は間違いなく【OTHERS!】at June 25, 2008 22:46
FIA Formula 1 World Championship French GP 決勝 結果はこちら レポートはこちら レポートはこちら 中盤 序盤 レポートはこちら 2008年F1第8戦フラ...
2008年F1第8戦フランスGP決勝結果【Blog Epsilon 3】at June 24, 2008 22:25
GPはマッサ制覇しドライバーP首位だが混戦だし中嶋は15位だし ヤッターマンはドロンジョ達がで孫悟空の輪を奪いに行く展開だが 今回はバトルは微妙もダンボールで偽者を凄く前面に押し出してたが ドロンジョ達のメカ歌を聴け満足でヤッターワン&ペリカン良いね ...
仏GPはマッサ制覇&ヤッターマン&ジャンプ30号【別館ヒガシ日記】at June 24, 2008 20:26
さぁ、本家LovelogでのF1記事再開だ!! コバライネンは今度は予選妨害で5グリッド降格。 「たら・れば」を言い出すと一番優勝のチャンスを逃しているかも。。。がんばれ。
'08F1フランスGP。【◆ 桃尻開発研究所 ◆】at June 23, 2008 22:39
2008年F1第8戦は、欧州ラウンドのフランスGP。 真夏の欧州高速3連戦の初戦、マクニール・サーキット。 決勝は、ライコネンがPP、マッサ2番手でフェラーリの1,2体勢。 予選3位のハミルトンは10グリッド降格のペナルティで遥か後方へ。 その結果、3番手にア....
2008 F1 フランスGP 決勝【グレート・タカの徒然なるままに…】at June 23, 2008 22:15
フランスGPのお話。
2008F1 第8戦フランスGP/マニークール【はびのすブログ 〜ブサイクな日々〜】at June 23, 2008 21:25
所用があってCSライブの時間に間に合わず、途中から見るのもなんか悔しいのであえて今回は地上波のみで観戦でした。言いたいことは……後ほど。 決勝結果  ○はドライバーズランキング  優勝 F・マッサ(フェラーリ)  +10 48pts ?  2位 K・ライコネン(フ...
2008 F1第8戦 フランスGP【味のてっぺんBLOG】at June 23, 2008 18:24
昨晩、フジテレビ721にて生観戦。 あっ!観戦用のワイン買ってくるの忘れた・・。(笑) フェラーリ1-2、先週末は他チームを圧倒しました。 ...
F1フランスGP 決勝【mints life】at June 23, 2008 16:26
フェラーリの2台が他を圧倒する速さでマニクールサーキットを駆け抜けました。レースはライコネン選手が終始リードを保ち、今期の3勝目は堅いと思われましたが、右側のエキゾーストにトラブルを発生させ、マッサ選手にトップを譲りました。ただ故障のレベルはリタイアする...
【F12008】フランスGP決勝、マッサ優勝、トゥルーリが3位【【本音トーク】 EVOLUTION】at June 23, 2008 13:08