October 13, 2008

F1 日本GP 〜危険なドライバー

富士スピードウェイで現地観戦していたF1第16戦、日本GP。ようやく録画していた地上波の放送も見終わったので、現地でのショットを交えながらいつものようにレース後のエントリーを。

観戦自体は去年のようなチケットアンドライドのアクセスや、サーキット内の導線も大きくカイゼンされていて、全くといって良いほど問題がなく、かなり好印象でした。スムーズすぎて違和感を感じるほどだったんですよね。まあ、この辺は追って観戦記的にVAIOちゃんのページ本体にアップしようかと思います。

という訳で、13:30という変則スタートの決勝レース。チャンピオン争いをリードしているハミルトンがポール、2番手にライコネン、3番手にコバライネン、4番手にアロンソ、ランキング2位のマッサが5番手に沈み、クビサを挟んで地元TOYOTAのトゥルーリ&フリー走行から好調のグロックというオーダーとなっていました。唯一の日本人ドライバー、中嶋一貴はフリー走行では結構いいタイムを出していたんですが、結局はQ3進出はならず14番手。流石に富士では常にニコを上回っていたので、今年のFW30の力がこんなところってことなのかも知れませんけどね。

そんなドライバー達のパレード。トラックで一山幾ら状態なのは余り頂けませんが・・・鈴鹿のようなオープンカー個別が良いですよね〜
F1 富士 日本GP ドライバーズパレード

 

 

 

 

 

 

 

リサイズしてしまっているのでこの写真だと殆ど分からないかも知れませんが、中央手前が中嶋一貴、話し相手はピケJr.、一貴の左上がハイドフェルドで、その右がバトン・クルサードって感じです。ピケJr.の直ぐ上はティモ・グロック、その左で白いフードを被っているのはバリチェロ、話し相手の赤いのはマッサ更に左にニコ、ハミルトンが続きます。カメラが撮影しているのはアロンソだったかと。

あ、このショットも含めて、以降のマシンのショットは撮影はCanon EOS 40D + EF 300mm F4L IS USMEXTENDER EF1.4×IIです。

で、決勝レース。

スタートはポールのハミルトンが予想外に伸びず、ライコネンがあっさり先行。マッサもジャンプアップして直ぐ後につけたんですが・・・ハミルトンがブレーキを極端に遅らせてライコネンの前に出たかと思うと、案の定止まりきれずにフロントをロックさせながらオーバーラン。割を食ったフェラーリ2台も押し出されるようにコース外へ・・・
TVでもコメントされていましたが、確かに富士のGPは今回が2度目で、ドライでのスタートは今年が初めてですから、ブレーキングポイントの見定めとかが難しかったのかも知れませんが、TVで見る限りでは明らかに間に合わないタイミングでの突っ込みだったかと。ここまでのハミルトンのオーバーテイクシーンは結構危ないと指摘されていて、今回はそれを自分で証明してしまったようにも思えますね。
これとほぼ同時に、2コーナーでは最後の日本GPとなるクルサードが(追突されたようでしたが)大クラッシュ。中嶋一貴も同時にフロントウィングを失ってなんとかコースに戻ったという有様。どうもクルサードは誰かにプッシュされて左を向いてしまい、一貴はこれに巻き込まれたように見えましたが、これでクルサードはリタイア、一貴もなんとかピットに戻ったものの、セーフティカーが出るような状況ではなかったのでこれでほぼレースからは脱落です・・・(T_T)
フロントウィングを失った一貴。この後はほぼ最下位を淡々と走っていました・・・
F1 富士 日本GP 中嶋一貴 フロント脱落

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、‘み’はMスタンド(ネッツコーナー)で観戦していたので、この辺りの動きは目の前の大きなモニター(とは言っても距離があるので40Dで覗きながら)確認していました。正直今回のように荒れてしまうと、状況を把握するのも困難だったりするんですよね(^_^;) ピットFMもあって解説してくれるんですが、ぶっちゃけレース中は爆音で殆ど聞こえませんし・・・

これでトップに立ったのが漁夫の利を得たクビサ。
F1 富士 日本GP クビサ

 

 

 

 

 

 

 

暫く安定した走りだったので、今期2勝目を目指してこのまま行くんじゃないかとすら思えたんですが・・・この時点で2位以降はアロンソ-コバライネン-トゥルーリ-マッサ-ハミルトン-ライコネンという感じ。

が、2Lap目に早くもハミルトンがデンジャラスっぷりを発揮し、シケインでマッサと接触。ハミルトンはこれでスピンして後ろ向きに止まってしまい、優勝戦線からは脱落・・・
F1 富士 日本GP ハミルトン

 

 

 

 

 

 

 

6Lap目にはフリー走行から好調で、トークショーでは5位以内に入るようなことをコメントしていたグロックがピットインしてリタイア。サスをチェックしていたので誰かと接触したようですね。

オープニングラップで大クラッシュしたクルサードのマシンが運ばれてきました・・・F1 富士 日本GP クルサードのマシン

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、TVでもチラッと触れられていましたが、フィジケラもノーズ先端に穴が開いていましたから、やはり接触があったようですね。相手はクルサードでしょうか?F1 富士 日本GP フィジケラ

 

 

 

 

 

 

 


レースの方に目を戻すと、17Lap目辺りからの1回目のピットストップでクビサがピットインし、2位につけていたアロンソがトップに躍り出ました。
F1 富士 日本GP アロンソ

 

 

 

 

 

 

 

前戦シンガポールでの優勝、ここ富士での予選4番手と、かなり上り調子に見えるRenault。ピケJr.も4番手辺りを走行していて、ダブル入賞の可能性も出てきました。アロンソの予選4番手もちゃんとガスを積んでいたようで、クビサより数Lapは長く走っていたかと。
ちょうどこの頃、1コーナーで特攻したハミルトンと、シケインでハミルトンに接触したマッサにそれぞれドライブスルーペナルティが出され、タイトルを争う2人が仲良く下位に沈む展開に(^_^;)

その後アロンソがピットに入り、暫定トップに立ったのは地元TOYOTAのトゥルーリ。その後もトップランナーが次々とピットインし、トップがブルデー-ピケJr.-クビサと次々と替わり、正直現地では何がどうなっているのか良くわかりませんでしたが、アロンソとクビサが目に見えないトップ争いをしているのはちゃんと把握していました。
好走するピケJr.。来期のシートはヤバいようですが・・・
F1 富士 日本GP ピケJr.

 

 

 

 

 

 

 

アロンソは1回目のストップで燃料を少なくしたようで、クビサの前でコース復帰。その後クビサより先に入った2回目のストップでも前を譲ることなく、事実上のトップをキープしました。この辺は流石にチャンピオン。勝ち方を知っているというか、貫禄というか・・・強さを感じましたね。

一方、残り17Lapで2回目のピットストップを終えたブルデーが、コース復帰時にマッサと軽く接触してしまい、マッサの方ががスピン。大事には至らなかったものの、この接触はレース後に審議扱いとなり、ハミルトンとのポイント差を考えると、ポイント圏内に何とか復帰しようとしているマッサとしてはちょっと微妙な状況に・・・ 結局はブルデーの25秒加算ペナルティになったんですが、TVで見た感じはどちらかのペナルティっていうようなものでも無かったように見えましたけどねぇ・・・

残り14〜10Lap頃には、アロンソが首位を磐石にし、2位クビサ-ライコネン-ピケJr.の表彰台争いが熾烈になっていました。
これはレース中盤の様子ですが、赤銀チームでは唯一まともに走りきったライコネン。F1 富士 日本GP ライコネンちょっと流し撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

ライコネンはかなり執拗にクビサにアタックを仕掛けていましたが、結局は去年のvsコバライネンと同様にオーバーテイクできずに3位どまり。ピケJr.はソフトタイヤの使い方が良くなかったとのことで、勢いをなくしてクビサ-ライコネンには迫れず4位フィニッシュとなりました。

マッサの方は、残り8Lapでハイドフェルドを、残り3Lapでウェーバーを(1コーナーのインに切れ込むかなり強引なパッシングだったようには思いますが)パスし、遂に8位浮上。F1 富士 日本GP マッサこれもやや流し撮り。

 

 

 

 

 

 

 

これでハミルトンとのポイント差が1つ縮まると思いきや・・・ブルデーのペナルティで2ポイント獲得(^_^;) う〜ん・・・ちょっと勘ぐりたくなるようなペナルティだなぁ・・・

レース終盤にクルージング中のアロンソ。頑張ってかなり流し撮ったショットです。周回遅れのハミルトンを前に出す余裕を見せて完勝!
F1 富士 日本GP アロンソ2

 

 

 

 

 

 

 

アロンソのウィニングラン。
F1 富士 日本GP アロンソウィニングラン2

 

 

 

 

 

 

 

結局、アロンソ-クビサ-ライコネン-ピケJr.-トゥルーリ-ベッテル-マッサ-ウェーバーが入賞ということになりました。あ、ブルデーは6位から10位になっちゃってます。

まさかアロンソが今期連勝してくれるとは思いませんでしたね。93年のセナのように、非力なマシンで勝ちを拾えるのは本物の証なのかなぁと。現地では展開が分かり難い部分もありましたが、TVで見直してみて改めてかなり面白いレースだったのが分かりました。表彰台を狙えるんじゃないかと思われたTOYOTA勢や、1Lap目でレースが終わってしまい、最後尾15位完走となってしまった中嶋一貴をはじめとしたジャパンパワーがちょっとふがいなかったですけどね。あ、HONDAは最初から蚊帳の外でしたが(^_^;)


さて、次戦は連戦になるアジアシリーズ第2戦、中国GP。2戦を残して・・・

ハミルトン : 84
マッサ   : 79
クビサ   : 72
ライコネン : 63

というポイントランキングになっています。ライコネンはこれで計算上もタイトル消滅し、クビサまでが可能性を残す形になりました。マッサとハミルトンの差は5で、残り2レースですから、マッサの自力優勝がギリギリで無いことには変わりはない(マッサが5勝・ハミルトンが4勝なので、マッサは同ポイントならハミルトンより上位にランクされる→残り2レース優勝すれば、ハミルトンが2戦2位でも同ポイントとなり、マッサのタイトル→4ポイント差ならマッサ自力優勝復活だった)んですが、去年同様、大混戦になってきましたねぇ

日本GPでタイトルを争うMcLarenのエースが黄色いヘルメットで暴れ周り、「危険なドライバー」と揶揄される・・・ 冷静に見てもセナを連想せずにはいられませんね。セナは88年こそ鈴鹿で同じマシンのプロストをぶち抜いて初タイトルを獲りましたが、89年はそのプロストと接触してタイトルを失い、90年は逆にプロストを撃沈してタイトルを獲っています・・・
今年はラスト2戦。5ポイントリードのハミルトン有利に変わりはありませんが、去年もハミルトンは上海で明らかにタイヤ交換ミスをして(チーム全体のチョンボですけど・・・)レースを失い、ブラジルでライコネンの大逆転を許す布石を作ってしまったのは事実。最終戦はマッサの地元で得意のインテルラゴスですから、ハミルトンとしては是が非でも上海で勝って、タイトルをほぼ固めたいところでしょうね〜

ニュース記事
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/081012081617.shtml
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/10/12/200726/

レース結果
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2008/10/f1-9a9c.html

     

  



Posted by kazumitsuzuka at 14:33│Comments(0)TrackBack(12)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51029951
Trackbacks
 2008年F1第16戦日本GP。優勝アロンソ、2位クビサ、3位ライコネン。雨は無かったものの終わってみればサバイバル状態の中アロンソがここにきて2連勝。やっぱりアロンソは凄かった。
何気にサバイバルだった富士!【tamusanの日常生活】at October 15, 2008 10:11
2008年F1第16戦は、いよいよ日本GP。 昨年に続いて富士スピードウェイ。 最悪の昨年は大雨だったが、今年はなんとかもって曇り。 晴天だったら綺麗な富士山が見られたのに少し残念。 PPはハミルトン、2位ライコネン、3位コバライネン、4位アロンソ、5位マッ....
2008 F1 日本GP 決勝【グレート・タカの徒然なるままに…】at October 14, 2008 23:57
決勝結果  優勝 F・アロンソ(ルノー)  2位 R・クビサ(BMW)  3位 K・ライコネン(フェラーリ)  4位 N・ピケJr.(ルノー)  5位 J・トゥルーリ(トヨタ)  6位 S・ベッテル(トーロロッソ)  7位 F・マッサ(フェラーリ)  8位 ...
2008 F1 第16戦 日本GP【味のてっぺんBLOG】at October 14, 2008 17:22
もう今年のチャンピオンは、アロンソかクビカでいいんじゃないか? アロンソは(シーズン前半のマシン能力ゆえの)ミスが複数あるんでないとしても、一番うまくやってるクビカはふさわしいかと。 まぁ、シーズン終了時点でのポイント数でチャンピオンを争ってるわけだか...
F1世界選手権 第16戦日本GP 決勝【F1とテレビとケータイと。】at October 14, 2008 14:27
とうとう決勝となりました。交通は全くスムーズ、パドックをうろうろとしているうちにあっという間にスタート時間となりました。レースはSスタンドより観戦。富士のパドッククラブのテラスは見にくいのであまり好きではありません。 フェラーリのタイヤ交換。富士には隠れた...
日本グランプリ 日曜日【E's Monologue.】at October 13, 2008 21:54
2008年F1第16戦日本グランプリは決勝の時を迎えた。予想された秋晴れには恵まれず、どんよりした曇り空の下スタートの時を迎えた。スタート...
2008年F1第16戦日本GP決勝結果【ネタバレ注意】【にこらすの徒然なるままに・・・part2】at October 13, 2008 20:01
日本GP。いろいろあった富士4回目のF1。
2008F1 第16戦 日本GP/富士【はびのすブログ 〜ブサイクな日々〜】at October 13, 2008 18:47
日本GP決勝結果です。 なんだかバタバタとしたレースぢゃなかった? と思ったら「ぽちっ!」ちゃって下さい!(爆)人気blogランキングの..
2008年日本GP決勝結果【カンヂのあなた!(40代の青春)】at October 13, 2008 18:13
F1 2008 JAPANESE GP in FUJI SPEEDWAY 富士スピードウェイで行われたF1日本GP,勝ったのはルノーのアロンソ。前回のシンガポールからの連勝。やっぱりこの人は速いや。
F1GP2008 日本 決勝【Kyan's BLOG III】at October 13, 2008 17:44
【決勝リザルト】 1.F.アロンソ(ルノー) 2.R.クビサ(BMWザウバー) 3.K.ライコネン(フェラーリ) 4.N.ピケJr.(ルノー) 5.J.トゥ...
F1・日本GP。【salty blog】at October 13, 2008 17:20
F1第16戦日本GPリザルト!
F1日本GP(2008 R16)【UKYOのつぶやき】at October 13, 2008 16:25
スタートで後手を踏んだハミルトン選手の荒いドライビングから日本GPは始まりました。最初の1コーナーで間に合わないブレーキングでライコネン選手を押し出し、追い上げを開始する中、マッサ選手を強引に追い越した後、逆にマッサ選手にインをつかれてスピン、ハミルトン...
【F12008】ハミルトンが波乱を演出、アロンソが混乱を制して2連勝【【本音トーク】 EVOLUTION (Halloween Mode)】at October 13, 2008 16:02