May 12, 2009

映画 レッドクリフ PartII

Blu-rayで鑑賞したPartIが赤壁の本戦に入る前に終わってしまった事もあり、続きが気になっていたPartIIを劇場で鑑賞しました。

映画館は渋東シネタワー。‘み’の通勤経路である田園都市線&半蔵門線の渋谷駅に直結しているので便利なんですよね〜

渋東シネタワー

封切りから3週間程度経ったゴールデンウィーク中の朝一の上映だったこともあり、劇場はかなり空席があって割と好きなポジションを選べたので、‘み’は通路に面して足をのびのびと伸ばせるやや前よりの座席を確保して鑑賞しました。

ってことで、気になったところや感想などを少々。完全にネタバレなのでご注意ください。

 


2時間半弱程度の長めの上映時間だったんですが、比較的戦闘シーンが多かったこともあり、間延びせずに鑑賞できたように思います。

序盤は孫尚香が曹操軍にスパイに入っている設定で、曹操軍内でのちょっとしたロマンスもあって微笑ましかったなぁと。まあ、当然のように悲劇的な結末を迎えるんですが・・・

その後は周瑜が蔡瑁・張允を謀殺したり、諸葛亮が10万本の矢を集めたり・・・演義で良く知られるエピソードが目白押しで、この手のエピソードの映像化という意味では非常に面白く見られましたね。‘み’はどうしても三国志=横山光輝の漫画をイメージしてしまうので、全く違うリアリティのある実写で描かれているのが非常に新鮮だったかなぁと。

そういえば、赤壁の決戦前に魚油を作るシーンがあるんですが、これもまた妙になるほどなぁとか思ってしまいました。幾ら相手が木の船や砦や策だとしても、硫黄とかの火薬だけで簡単に燃えるのかなぁとかちょっと気になっていたんですが、魚油と組み合わせればいいんですねぇ

その前後にあった団子のエピソードも中々良かったですね。冬至に団子を食べて祝うという風習は知りませんでしたが、(計略とは言えこの時点ではまだそれと分からない)撤退した劉備軍も団子を作り、孫権軍にも団子が振舞われ、団子の「団」は団欒の団だと。そして孫権軍の主だった武将達が周瑜にこれを一つずつ分ける・・・ この辺は結束している様子を暗喩しているんでしょうね。男達の結束が揺らぐ時に女が・・・というような映画のキャッチコピーありましたが、(周瑜と諸葛亮が、蔡瑁・張允と10万本の矢の計略の時に双方の首を賭すような場面はあったものの、お互いを陥れるようなニュアンスは無いように思えましたし)実際にはちゃんと繋がっているんですからねぇ

あ、そういえば連環の計と苦肉の策。連環の計は確かに(鎖ではないものの)曹操軍が船を木のフックのようなものを作って繋いでいるんですが、諸葛亮の計略という描かれ方ではありませんでした。苦肉の策の方も黄蓋が進言までするんですが、実際には実行されていないようで、この辺は周瑜だ正義の主人公的な表現なのかなぁとちょっと思ったりしましたね。

東風(劇中では東南ではなかったように思います)が吹いてからは、赤壁の大合戦開始。これでもかというぐらいの火や炎が画面一杯に広がり、かなりの迫力でした。曹操が単身時間稼ぎのために乗り込んできた小喬の入れる茶(ここは伏線が張ってありましたが)に気をとられ、その隙に孫権・劉備軍が曹操軍を一気に攻め滅ぼすという形で、曹操はどう見てもヒールでした(^_^;)
赤壁=水上での火計が殆どかと思っていたんですが、上陸してからの戦いの方がしっかり描かれていたのでちょっとビックリはしました。しかもそこで甘興(甘寧)が半分特攻で逝ってしまいましたし・・・

クライマックスは追い詰められた曹操と捕らわれた小喬、それに孫権・周瑜、劉備・超雲・関羽・張飛らが一触即発の緊張状態になるんですが・・・ 流石にここは見てのお楽しみということで(^_^;) PartIで周瑜に助けられた超雲の面目躍如って感じでしょうかね〜

ってことで、結構なネタバレも含めて書いてきましたが、三国志演義の中盤のクライマックスと言って良い赤壁の戦いが見事に映像化されていると言って良いと思います。三国志に興味のある方は見て損はないと思いますよ〜


Posted by kazumitsuzuka at 12:18│Comments(0)TrackBack(11)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51133541
Trackbacks
あらすじ曹操の非情な作戦の前に、男たちの結束は崩壊。連合軍は絶体絶命の窮地に追い込まれる・・・。感想ジョン・ウー監督流赤壁の戦い完結編PART2の感想としては、アクションはPART1の方が良かったかな爆破好きなら気に入りそうやけど少し単調な感じがしたな...
『レッドクリフ PART2 未来への最終決戦』'09・米・中・...【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ】at January 06, 2010 22:18
監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 評価:86点 とっくにDVDになっていたPart2をようやく見た。 前作の最後で、今回はスケールのどでかい戦いが繰り広げられることはわかってはいた....
レッドクリフ Part ??―未来への最終決戦― −(映画:2009年)−【デコ親父はいつも減量中】at September 13, 2009 00:35
監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 評価:86点 とっくにDVDになっていたPart2をようやく見た。 前作の最後で、今回はスケールのどでかい戦いが繰り広げられることはわかってはいた....
レッドクリフ Part ??―未来への最終決戦― −(映画:2009年)−【デコ親父はいつも減量中】at September 13, 2009 00:34
ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司...
『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』@新宿ピカデリー【映画な日々。読書な日々。】at June 02, 2009 21:09
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり)映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
レッドクリフ (トニー・レオンさん)【yanajunのイラスト・まんが道】at May 14, 2009 11:33
 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII ??未来への最終決戦??を観てきました。
映画:レッドクリフ PartII ??未来への最終決戦??【よしなしごと】at May 14, 2009 02:23
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」は昨年11月に公開された「レッドクリフ PartI」の続編で赤壁へ攻め込んできた曹操軍を迎え撃つ孫権・劉備軍が内部分裂の危機を回避し、欺きながら孔明と周瑜の策略で曹操軍を追い込み赤壁の戦いで激突するストーリーである。歴....
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」孔明の経験と周瑜の用意周到の策略で曹操軍を切り崩した赤壁の戦いの勝利【オールマイティにコメンテート】at May 14, 2009 01:41
公開初日の金曜日に観ていたんですが、書くのがちょっと遅くなってしまいました^^; 「Part I」では、肝心の戦いになる前に終わってしまい、ちょっと肩透かし気味でしたが。 今回は、たっぷりと見せていただきましょう。 「UCとしまえん」は、平日の夕方にしては、ちょっと...
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-/Red Cliff Part2【いい加減社長の映画日記】at May 13, 2009 05:00
公開初日の金曜日に観ていたんですが、書くのがちょっと遅くなってしまいました^^; 「Part I」では、肝心の戦いになる前に終わってしまい、ちょっと肩透かし気味でしたが。
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-/Red Cliff Part2【いい加減社長の日記】at May 13, 2009 04:58
 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4/10...
レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at May 12, 2009 23:50
監督、ジョン=ウー。脚本、ジョン=ウー、チャン=カン、コー=ジェン、シン=ハーユ
映画『レッドクリフPart????未来への最終決戦??』(お薦め度★★★★)【erabu】at May 12, 2009 22:55