November 07, 2009

NAS BUFFALO HS-DH320GL 解体

という訳で死亡してしまったHS-DH320GL。DHGL自体は簡単な作りになっているようで、何箇所かプラスネジを外すだけで簡単にHDDにアプローチできました。

手順としてはこんな感じ。

底面2ヶ所、背面3ヶ所(FANの脇の長いネジ2ヶ所と底面に近い方1ヶ所)
を外す。今思えばFANの側は片方で十分だったのかも。
NAS HS-DH320GL 底面

















側面〜底面に掛かる筐体の一部を外す。天面と側面の合わさる部分にツメがあるので、ネジを外したら下側(底面方向)に引くようにずらすのがコツといえばコツ。

筐体をばらした後の様子。この裏にHDDが固定されています。この辺の写真は実はホコリをあらかた取っ払った後に撮っているんですが、かなりホコリを吸い込んでいたようなので熱でHDDが逝った可能性もあるのかも・・・NAS HS-DH320GL フレーム

















下側のネジを2本外す。HDDを固定しているマウントと、本体のフレームをあわせて同じネジでまとめてHDDを固定する感じになっています。

HDDをめくったところ。SATAケーブルとSATA電源ケーブルで基盤と繋がっている非常にシンプルな作りです。フレームとはあと2箇所のネジでHDDが固定されているので、それを外せばHDDが外せます。
NAS HS-DH320GL HDD部分

















あ、この筐体ですが、同じ型番でもロットによって微妙にツメの位置とかが違ったりするようなので、参考程度に考えてください。

つづく



Posted by kazumitsuzuka at 12:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51267436