January 17, 2010

映画 試写会 サロゲート

1/22公開の映画、「サロゲート」の試写会に当選し、1/16に鑑賞してきました。

場所は東商ホール東京商工会議所のホールってことなんですが・・・ ここ、何年か前にも「スケルトンキー」の試写会で鑑賞した記憶が蘇ってきました(^_^;)

 
大きな地図で見る

ホール自体は何百人かは入る割と大き目のものなんですが、式典などの用途もあるらしく、特に前の方の座席の傾斜がかなり緩いんですよね。更に座席も少ししか前後で左右にずれていないので、映画については非常に見難いんですよねぇ・・・ この日もそんなに大きい人ではない男性が‘み’の前に座ったんですが、その人の頭が結構邪魔に感じられましたしね。字幕が下段に表示されていたこともあるとは思いますが。

ちなみに‘み’朝一番の10:00~の回(この日だけで4回上映が入っていたように思います)だったんですが、会場はほぼ満席だったかと。土曜日の朝はもっと空いているんじゃないかと思ってたんですけどね(^_^;)

さて、映画の方はと言うと・・・

映画 サロゲート 試写会招待ハガキロボット工学が発達し、身代わりロボットとしてのアンドロイドというかサイボーグ「サロゲート」が広く普及した現代(個人的にはこの設定を聞いた時に某漫画の「コピーロボット」とか、SFとかでは良くあるクローンとかを想像したんですが、実際は自分の思いのままのルックスや能力を選べるようになってたようです。今で言うWEB上のアバターとかに近いかも。)、98%もの人がサロゲートを日常生活に使用することで、外出することもほぼ無くなり、犯罪や伝染病、人種差別などの問題が解決した世の中が舞台。
あ、サロゲートはあくまでも身代わりロボットなので、サロゲートが危険な目にあっても本人(オペレーター)には危害が及ばないので、この辺は本当にそうなったらこの手の問題は確かに自然になくなりそうな気もしますね。

が、そこでサロゲートの器物損壊事件が起き、安全なはずのそのオペレーターまでもが死んでしまう事件が起こります。本来ありえない話のはずなんですが・・・ この捜査をするのがFBIのトム・グリアー(ブルース・ウィリス)という展開です。
映像上はこの捜査官はブルース・ウィリスの若い頃の容姿をした男性(髪の毛もフサフサしていて暫くブルース・ウィリスと気が付きませんでしたが・・・)なんですが、当初の設定通り、グリアー自身がブルース・ウィリスで、実際に序盤で捜査をするのはサロゲートなんですよね。グリアー以外にも登場人物の多くがこのパターンなので、最初は誰が生身で誰がサロゲートなのかちょっとわからなかったりもしますが、ちゃんと劇中で分かるようにしてくれるので、これもまた一興ってところでしょうか。

で、ここから先はネタバレになるので・・・ 覚悟のある方のみ続きを読むからどうぞ。


そんな中で、ちょっと気になった部分を感想を交えながら少々。

まずは良くも悪くも他の映画を連想してしまうのが・・・

・サロゲートの特に顔の骨格→タミネーター
・サロゲートのタフさ→ロボコップ
・嫁さんと上手くいっていないブルース・ウィリスのアクション→ダイ・ハード
・オーバーロード・デバイス→ゴーストバスターズ

って感じですね(^_^;) 上の2つは兎も角、オーバーロード・デバイス(確か字幕では過負荷銃だったかな)はサロゲートのCPUにウィルスを送り込んで過負荷を掛けて一瞬にして安全装置まで含めて破壊し、オペレーターの脳を液状化してしまうという物語のポイントになるものなんですが・・・ 「ビームがゴーストバスターズじゃん」とか思っちゃいました。ウィルスが目に見えるのもどうかと思いますけどね~


ストーリー上で一番気になったのが独立区という設定。サロゲートを良しとせず、サロゲート進入禁止として人間だけで暮らす地域が多数存在していて、区内では子供達が元気にボールで遊んでいたりするんですが・・・ こうやって書くと、古き良き時代の暮らしとかLOHASとかそういうイメージをするかと思いますが、映画での描写は完全にスラム街なんですよね。
一方で区外の街中は、一見して普通の状態でこそあるものの、生身の人間がいきなり外に出てもまともに歩くことすら出来ない世界。本来はこの対比でどちらが正しいとかその手のテーマを持たせるんだと思いますが、‘み’が一番強く感じたのは南北問題。要するに貧富の差というか貧困の問題が未解決なんだなと。グリアーが市販の安価なサロゲートを試すシーンがあるんですが、サロゲート自体、機能や能力にかなりの差があるようで、視覚と聴覚(だったかな)が最低限の機能で、当然良い物はそれなりの値段になっているようでしたから、独立区の生身の人々がロボットを忌み嫌っている部分以外にも、経済的にサロゲートを求めても手に入れられないという要素があるように思います。
サロゲートによって人種差別などはクリアになったという設定ですが、これは裏にある解決していない問題ですし、映画の一つのテーマになっているようにも思いましたね。

あ、あと分かりやすい部分として、夫婦愛とか人と人との触れ合いとかも明示されていましたね。サロゲートはどんなに高性能で人間然としていても、人が自分の若さや容姿等に対して持っている欲望を具現化(多くの登場人物のそれが自分を若返らせたようなサロゲートでしたし)して遠隔操作しているロボットでしかないわけで・・・ そもそもsurrogateって代用とかそういう意味ですしね。

忘れてならないのがクライマックス。あ、ここから先は完全にネタバレです。行間をあけるので結末を知りたくない人は読んじゃダメですよ~










全サロゲートにネットワークを通じて向けられたオーバーロードデバイスを止めるべく、グリアーがミッチェルのサロゲートを使ってネットワーク端末を操作するんですが・・・
生身の人間がロボットを使って、人間の指示で機械を操作し、ロボットと人間を救おうとするという形がなんともまあ皮肉というか矛盾というか・・・ しかも、オペレーターの方の処理(要するに人間が死なないようにした)が終わり、次にサロゲートを救うという残り数秒の段になってその操作を躊躇う・・・
当然サロゲートは人類を大きく進歩させましたし、問題の解決ももたらしてくれましたが、本当にそれが人類にとってベターなのか、サロゲートを捨てるべきなのか、大きく舵を切る場面だったんですよね。が、結局は横槍が入って有耶無耶のままに・・・ まあ、一般的には結果オーライってことなんでしょうが、少なくともグリアーが自分の意思でサロゲートを切り捨てる操作をしていないのが気にはなります。ラストシーンのニュースで「『今は』世界が人類の手に戻った」という表現を使っていましたし、なんか完全決着には思えないんですよね。
特にこの躊躇、実はグリアーでは無くサロゲートが自我を持って躊躇ったと考えることすら出来るのかも。基本的に他人のサロゲートを使うことが許されていない中で、ミッチェルのサロゲートは少なくとも4人に次々と接続されているので、変異的なことが起こっても不思議ではないのかなと。そうなると、上のニュースの表現とも合わせて、この先はロボットvs人間的な展開での続編とかもありうるかも知れませんねぇ
それにしてもこの時のPCというかマシン&ネットワークは異常なハイスペックだなと。数秒で全サロゲートと全オペレーターにアクセスしてましたしね(^_^;)
 逆にサロゲート程のロボットが物理的にスタンドのような設備で充電しているのはちょっと違和感がありましたけどねぇ

ダラダラと書いてきましたが、‘み’のように変に深読みしなければ、あまり深く考えずに簡単に見られる映画だと思います。映画自体が1時間30分程度と短かったこともあり、サクッと小気味良く見られたかなと。アクションシーンあり、ちょっとした謎解きあり、テーマ性(これは‘み’が思い込んでいるだけかもしれませんが)あり・・・ ラストは本当にどっちに転んでもおかしくない様な展開でしたし、時間制限のある中での判断や躊躇いはそれだけでもかなり引き込まれましたしね。
まあ、ブルース・ウィリスの派手なアクションが見たければダイ・ハードの方がいいような気もしますけどね~(^_^;)
Posted by kazumitsuzuka at 00:05│Comments(4)TrackBack(32)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51312698
Trackbacks
 『サロゲート─それは、夢を叶える身代わりロボット。』  コチラの「サロゲート」は、これまでに何回も世界を救ってきた男ことブルース・ウィリス主演、ラダ・ミッチェル共演 ...
サロゲート【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at February 12, 2011 15:31
あらすじ近未来。人間のあらゆる社会活動を代行する身代わりロボットが開発され、人類は自宅からサロゲートを遠隔操作するだけとなり・・・。感想『フィフス・エレメント』のブルー...
『サロゲート』'09・米【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...】at February 12, 2011 13:07
「ダイハード」シリーズや「シックス・センス」などで知られるブルース・ウィリス主演の異色近未来SFアクション「サロゲート」(2009年、米、89分、ジョナサン・モストウ監督、タッチストーン映画配給)。この映画は人間が身代わりロボット「サロゲート」に日常生活...
「サロゲート」(SURROGATES)【シネマ・ワンダーランド】at August 30, 2010 01:34
{/kaeru_fine/} 一昨日{/kaeru_fine/}、HDDレコーダーの電源が入らなくなりました{/face_hekomu/}{/down/} 修理見積もりは後日するつもりなのですが{/face_z/}、修理するにしてもその期間中、録画とか衛星デジタル放送鑑賞はどうするんだよ{/face_ase1/}と考え(※うちのTV自...
【映画】サロゲート…ソコソコのラーメン屋って感じ。【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at August 05, 2010 23:51
実に98%もの人が 自分の身代りロボットで生活をしているという未来のお話それがサロゲートってんだけど 遠隔操作出来て ホンマもんは家で寝てるんですな年齢も姿形も 自分の...
サロゲート <ネタバレあり>【HAPPYMANIA】at July 30, 2010 20:13
 予告編を見たらおもしろそうだったのですが、あまり宣伝もしてませんし、イマイチパッとしない感じですよね。と言うわけで今回はサロゲートを観てきました。
映画:サロゲート【よしなしごと】at February 18, 2010 23:45
ロボットと人間の関係。 人の役に立つロボットとはどんなものか。 人々は、どんどんバーチャルの中に生きて。 SF映画だが、近未来。 けっこう社会派の顔をしている映画だ。 サロゲート 主演はブルース・ウィリス。 この映画。 世界にサロゲートと呼ばれるロボット...
おじさんシネマ(サロゲート)【おじさん(Age.54)日記By宙虫】at February 11, 2010 23:34
 『サロゲート』の作り手は、『アバター』というタイトルをジェームズ・キャメロンに押さえられてさぞかし悔しかったに違いない。  もちろ...
『サロゲート』に流されてしまう私たち【映画のブログ】at February 10, 2010 00:20
【 {/m_0167/}=9 -4-】 昨日は、自動車運転者改善基準のレクチャーを友人の社労士に。 その時に思ったことを今日の記事にしようと思っていたけど、時間がなかったのでその記事は先送りに、今日仕事が早く終わったのでついつい立ち寄って見てしまった映画のレヴューを。 レヴ...
サロゲート アバターっぽいがでもお見事〜♪グッ!! ( ̄ε ̄〃)b【労組書記長社労士のブログ】at February 09, 2010 22:26
ロボットがすべてを代行する社会。それは、ユートピアのはずだった・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】代行ロボット“サロゲート”が活躍する近未来。人間は自宅でサロゲートをリモートコントロールするだけで、リアルな世...
【サロゲート】 映画【じゅずじの旦那】at February 09, 2010 12:22
今週の平日休みの2本目はTOHOシネマズ川崎にて。 久しぶりのブルース・ウィリスものかなーー・・・ この人、刑事役が多い気がするけど、今回もFBI捜査官でした。
★「サロゲート」【★☆ひらりん的映画ブログ☆★】at February 09, 2010 04:20
ロボットがすべてを代行する社会。それは、ユートピアのはずだった…。 【関連記事】 サロゲート 壁紙
サロゲート【Addict allcinema おすすめ映画レビュー】at February 01, 2010 15:37
Surrogates (2009年) 監督:ジョナサン・モストウ 出演:ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・パイク、ジェームズ・クロムウェル 人類が代理ロボット(サロゲート)を遠隔操作して生活する未来社会を舞台にしたSF映画。 サロゲートのおかげで殺人事件が皆無...
サロゲート【Movies 1-800】at January 31, 2010 01:23
 暇なので観てきました。ブルース・ウィルスのスター・パワーについて考えました。(1月24日 富士シネ・プレーゴにて鑑賞。)
サロゲード【eclipse的な独り言】at January 27, 2010 14:30
[あらすじ]代行ロボット“サロゲート”が活躍する近未来。人間は自宅でサロゲートをリモートコントロールするだけで、リアルな世界に身を置??.
サロゲート【ゴリラも寄り道】at January 27, 2010 02:22
 理想の姿、理想の人生を約束する身代わりロボット「サロゲート」。世界中の誰もが、自宅のベットからサロゲートを遠隔操作し、快適な生活を謳歌する近未来、10数年ぶりの殺人事件が発生する。 FBI捜査官グリアーは事件を追ううち、ユートピアとなったはずの世界を...
「サロゲート」感想【狂人ブログ 〜旅立ち〜】at January 26, 2010 21:58
サロゲート 近未来人間の代わりにサロゲートというロボットが出現した。 これは、生活のほとんどをこのサロゲートを遠隔そうすることで、生活をすることができた。 そんなある日事件は起きた。 眼球を破壊され、IDチップも黒こげになっているサロゲートが。。。 ...
サロゲート【映画情報良いとこ撮り!】at January 25, 2010 03:21
人間に代わって“サロゲート”と呼ばれるロボットが全ての行動を実際に行うことになった近未来を描くSFサスペンス。主演はブルース・ウィリス。共演に『サイレントヒル』のラダ・ミッチェル、『プライドと偏見』のロザムンド・バイク、『ブッシュ』のジェームズ・クロムウ...
サロゲート【サロゲート: LOVE Cinemas 調布】at January 24, 2010 12:57
今年に入ってやっと2本目の劇場鑑賞で〜す【story】身代わりロボット“サロゲート”が活躍する近未来。人間は自宅でサロゲートをリモートコントロールするだけで、リアルな世界に身を置くことはなくなった。ある日、あるサロゲートが襲われ、使用者本人も死亡する事件が起こ...
サロゲート【★YUKAの気ままな有閑日記★】at January 24, 2010 12:46
ブルース・ウィリスの主演映画は『ダイハード4.0』以来なのでおよそ2年半ぶりですね。「サロゲート」という自分の分身のようなロボットが社会生活を代行するという近未来社会を舞台に繰り広げられるサスペンス・アクション・ムービーです。 出演はその他に、ロザムンド・....
サロゲート/ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル【カノンな日々】at January 24, 2010 09:17
2010/1/16、東商ホール。 同じ日にこの会場で「サロゲート」の試写会が時間ずらして3度ほどあったようだ。 12:30からの部に参加。 開場はほぼ満員。 空き席を探してうろうろする人がぎりぎりまでいた。 混んでいる時に荷物で席を占領するのはやめましょう。 ...
試写会「サロゲート」【ITニュース、ほか何でもあり。by KGR】at January 24, 2010 08:24
☆これ、素晴らしいですね。  色んな意味でいい。  先ずは、ジョナサン・モストウ監督的にである。  私は、ジョナサン・モストウ監督『ターミネーター3』の完成度は低いとは思っていない。  女性ターミネーターや、物語の終幕の余韻など、『1』『2』に劣らないと...
[映画『サロゲート』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at January 24, 2010 01:38
彼の理想は髪有り? 【Story】 代行ロボット“サロゲート”が活躍する近未来。人間は自宅でサロゲートをリモートコントロールするだけで、リ...
サロゲート【Memoirs_of_dai】at January 23, 2010 14:27
やっぱりブルースはスキンヘッドが良い! ブルース・ウィリス主演、「サロゲート」を鑑賞しました。何でもアメリカンコミックが原作だそうです。The Surrogates←詳細はこちらをご覧ください。 ところでこのお話、アバターと被っているような気がするのですが。。。。如何...
サロゲート◇◆SURROGATES(2009)【銅版画制作の日々】at January 23, 2010 10:24
NY行きの機内映画で観たコレをご紹介! 「サロゲート」は、人類の多くが、自分のアバターとなるアンドロイドに自分の生活・仕事をまかせ、本人はその感覚だけ自宅にいて受け取るという未来。 それって、キャメロンの「アバター」の先にある未来?! あるいは「マトリックス」...
映画;サロゲート 「アバター」の先の未来のはずなのに既視感がぷんぷん漂うのは何故か(笑)【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at January 23, 2010 06:28
土曜日の昼間の試写会に行って来ました日比谷の東商ホールで「サロゲート」ですブルース・ウィリス主演のSFアクション・サスペンス映画です生身の人間の身代わりにロボット(サロゲート)が社会生活を送る世の中になっていて……というまあ有りがちな設定で、ブルース・ウィ...
試写会「サロゲート」【流れ流れて八丈島】at January 23, 2010 00:29
アメリカのボストンを舞台にして、離れた場所にいる身代わりのロボット(サロゲート)が実現した近未来を描いたSFサスペンスだ。日本の研究者の成果がモデルになっているのがうれしい。90分という短い上映時間に、身代わりというキーワードを使うことによって濃い内容にした
サロゲート   ネタバレないつもり【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at January 22, 2010 23:26
原題:SURROGATES公開:2010/01/22製作国:アメリカ上映時間:分監督:ジョナサン・モストウ出演:ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・パイク、ボリス・コジョー、ジェームズ・フランシス・ギンティ、ヴィング・レイムス、ジェームズ・クロムウェルロボット....
サロゲート [映画]【映画鑑賞★日記・・・】at January 22, 2010 22:29
 「サロゲート」を鑑賞してきましたブルース・ウィリス主演で放つSFサスペンス。人間が各々の身代わりロボット“サロゲート”に日常生活の一切を任せるようになった近未来社会を舞台に、FBI捜査官がある殺人事件を機に浮き彫りとなっていく巨大な陰謀へ迫るさまをス...
劇場鑑賞「サロゲート」【日々“是”精進!】at January 22, 2010 15:04
映画『サロゲート』を本日、初日1回目で観て来た。観客は20名程で予想以上?の入りだった。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。3.5点かな? 一言でいえば、"好き嫌いが分かれるB級SFっぽいアバター映画"とでも言おうか。小難しい話でないし、グロいシーンも無いから、お...
映画「サロゲート」感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog】at January 22, 2010 14:51
1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしてみました。 まず、観る予定にしているのが、1月22日公開の「サロゲート」です。 アメリカでは昨年の9月に公開されていましたが、コケタみたいでイマイチっぽいですねぇ! それでも、ブルース・ウィリスに一縷の望みを...
 映画 「サロゲート」 予告編動画とプチ評価。【MOVIE レビュー】at January 17, 2010 01:40
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 全人類ひきこもり{/eq_1/} タランティーノ新作のほかに、NYの劇場で観て来たもう1本はこれ。 ちょうど公開が早まって滞在中に公開になり、待ち合わせまでの時...
サロゲート/ SURROGATES【我想一個人映画美的女人blog】at January 17, 2010 00:12
Comments
かめさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうですね、ちょっと色々他の映画を連想してしまいましたが、普通に楽しめたと思います〜
Posted by 管理人‘み’ at January 24, 2010 11:50
TBありがとうございました。
ブルース・ウィルスらしい、大衆B級作品で、それなりに楽しめました。
Posted by かめ at January 24, 2010 09:28
ミストさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

あのブルース・ウィリスは完全に別人ですね。結構長い間気が付きませんでしたし(^_^;)

自分のなりたい姿というのは結構皮肉ですよね。皆が輪が帰っていたりするのも結構重いテーマかも知れませんね〜
Posted by 管理人‘み’ at January 17, 2010 12:11
こんばんは。
TBありがとうございました。
クライマックスのネタばれだけ飛ばして読ませて頂きました。(^.^)
予告編でブルース・ウィリスのフサフサ髪にビックリしました。
自分のなりたい自分になれたらどんな容姿になるか、
って考えたけど、別に楽しくなかったので止めました。(^_^;)
Posted by ミスト (MOVIEレビュー) at January 17, 2010 01:58