March 29, 2010

F1 第2戦 オーストラリアGP 決勝

アルバートパークサーキットでのF1第2戦、オーストラリアGP決勝。

レースこそ見に行ったことはありませんが、メルボルンに観光に行ったことがあってコースの直ぐそばまで行ったことがある‘み’としては妙に親近感のあるコースなんですよね〜

週末中不安定だった天候を象徴するかのように、決勝もウェットコンディションで、各車インターミディエイトでのスタートとなった決勝レース。この日はちゃんと起きていたので地上波で観戦しました。

スタートではマッサが目を見張る飛び出しを見せ、ベッテルに続いて2番手に。アルバートパークのオープニングは毎年のように3コーナーでクラッシュが起きるんですが、今回はそれを待たずに1コーナーでアロンソとミハエルが接触。アロンソは後ろを向いてコース上で立ち往生してしまい、フロントウィングを破損してピットインを余儀なくされたミハエルと共に大きく順位を下げてしまいました。この2人は‘み’的にはちょっと期待していたんですけどね・・・

で、3コーナーはというと、なんとこちらも期待の小林可夢偉のフロントウィングが突然脱落し、それに乗り上げるようになったマシンがウォールに一直線・・・ 本人は何が起きたのか分からないようなコメントをしていますが、マシンは滑りながらヒュルケンベルグを巻き込んで大クラッシュとなり、早くもセーフティーカーランに突入。コンクリートウォールが近いだけにSCが多いサーキットですが、早くも荒れた展開になってきました。

荒れる要素のもうひとつである雨は、「5分後に降って来る」ような情報もありましたが、レーススタート後はしっかり降る事は無く、各車9Lap目辺りに続々とドライタイヤにスウィッチ。2Lap先行してドライを履いたバトンは一時コースアウトする場面もありましたが、その分早くタイヤが温まったようで、スルスルと先行。気がつけばベッテルの後の2番手につけ、結果としてこのギャンブルが大成功したことに。バトンも初優勝は雨が絡んだ2006年のハンガロリンクですし、雨が得意な側のドライバーであることは間違いないんですが、それでもこの時点でベッテルは殆どTVにも写らないほど先行し、完全に一人旅だったんですよね。

雨でベッテルがポールからスタートして独走すれば、もう決まりではないかと思われる部分もあるんですが、今回ばかりはそうは行かず、レース中盤に左フロントのブレーキトラブル?が起きたらしいベッテルはコースアウト(トラブルはホイールナット取り付け部の破損だったそうです)。バーレーンではトラブルで勝ちを落としながらも4位を死守したベッテルですが、今回はサンドトラップの中でリタイア。中継でもコメントされていましたが、25ポイントx2を失ったのはちょっと大きすぎますね・・・ ニューウェイマシンのRB6、去年同様「速いけど脆い」んでしょうか・・・

特筆ものだったのはアロンソ。大きく順位を落としていたはずが、気がつけばベッテルのリタイアよりも早く、22Lap辺りで既にウェーバー・マッサ・ハミルトンの5位グループに追いついてしまったんですよね。トップはベッテルからバトンに代わりましたが、トップ争いは特に発生していなかったので、レース中盤〜終盤はこのグループのバトルがかなり見ごたえがあったなと。

この頃はハミルトンが良いペースで走っていて、この集団の頭に立って2位クビサの直ぐ後ろまで追いすがったんですが、33〜35Lap目にピットインのタイミングを迎え、ハミルトンやウェーバーがピットへ。一方のトップ4、バトン-クビサ-マッサ-アロンソはどうやらこのタイヤを替えずにチェッカーを目指すとのことで、大きく作戦が分かれたんですが・・・
タイヤを替えたハミルトンは1Lap1秒以上のペースで3位グループとの差を詰め、50Lap目辺りで早くもウェーバーと共にアロンソの背後に。これでまたもやこのグループでのバトル開始。
この時のマシンの挙動を見ていると、アロンソがパスされるのは時間の問題に思われたんですが・・・ 基本的にタイヤを酷使するハミルトン、53Lap目には既にタイヤを使い切ってしまったとのことで、超接近戦のまま順位が変わらず、いつの間にか2位クビサから7位のロズベルグまでが2秒以内にひしめく一触即発の状況に!

で、その一触即発は57Lap目に発生。アロンソに仕掛けたものの抑えらててやや失速気味のハミルトンに、母国GPのウェーバーが追突!! このレースのハイライトってばここでしょうかね・・・ 中継でもコメントされていたようにウェーバーが突っ込みすぎたように見えましたが、両車ともリタイアしなかったのが不幸中の幸いでしょうか。実際にウェーバーにはレース後に戒告処分が下っていましたしねぇ

このアクシデントの後は大きく順位は変わらず(ってフィニッシュ直前でしたけどね)、バトン-クビサ-マッサ-アロンソ-ロスベルグ-ハミルトン-リウッツィ-バリチェロ-ウェーバー-ミハエルというオーダーでフィニッシュ。終わってみれば完走14台のサバイバルレースでしたが、バトンにはジェシカが付いていたので目に見えない力があったのかも。「ヤッター」とか言わされてましたし(^_^;)

ミハエルは最後尾までドロップしたものの、皇帝らしく着実に順位を上げ、10位で1ポイントを確保。チャンピオンシップ云々言うのはまだ早いんでしょうが、こういうレースでもポイントを稼げるのは流石といえば流石。まあ、もう少し上で順位を争って欲しいのは言うまでもありませんが。

今年は給油禁止でオーバーテイクが少ないなんて言われていましたが、こと今回に関してはバトルもオーバーテイクも盛りだくさんでかなり面白かったように思います。雨が絡んだことは割り引く必要があるとは思いますが、順位がほぼ見かけのそれと一致するので分かりやすいですし、給油がない分、良い意味でタイヤ交換の作戦が「見えにくく」なっているなと。
今までは給油のついでにタイヤを替えていたので、給油が優先の戦略になってたように思いますし、給油量からある程度ピットインのタイミングが分かってしまいましたが、タイヤ交換は義務さえクリアしてしまえば後は戦略・戦術に委ねられるので、今回のレースのように「無交換で行く」のか、「交換して追い上げる」のか、チョイスが分かれて見ていて面白かったように思います。

とはいえ、まだまだシーズンは始まったばかり。次戦は4/4、連戦となるマレーシアはセパン。‘み’が唯一海外観戦したことのあるグランプリですから、いやが上にも期待しちゃいます。
そろそろミハエルにもブイブイ言わせてもらいたいですし、小林可夢偉にも光る走りを見せて欲しいところですよね〜

レース結果
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2010/03/f1-9f02.html

ニュース記事
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2010/03/gp-64fc.html
http://ja.espnf1.com/australia/motorsport/story/12724.html
http://f1.gpupdate.net/ja/formula-1-news/231111/

          



Posted by kazumitsuzuka at 12:19│Comments(0)TrackBack(12)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51370141
Trackbacks
 今週末は中国GPが開催されるF1。 でも前回のマレーシアGPのこと書こうと思います。 毎回書くタイミングが遅すぎです・・・(><) ←あなたのポチ♪が励みになります!...
アロンソの決断【面白ブックマーク♪】at April 14, 2010 20:03
アルバート パーク サーキット、58周。・公道サーキットで、毎年セーフティカーが
2010F1第2戦オーストラリアGP【erabu】at March 31, 2010 00:40
小雨まじりの生憎の天気の下に行われたオーストラリアGPを制したのは、マクラーレンのJ.バトンでした。ポールポジションのレッドブルのS.ベッテルは、中盤までトップを快走していましたが、ブレーキトラブルでリタイヤ。ベッテルを追っていたバトンがそのままトップに立ちチ...
バトンが波乱のGP制す(第2戦オーストラリア)【E's Monologue.】at March 30, 2010 22:45
\(゚▽゚*)>シャキーン!! 順位No.ドライバーチーム 11ジェンソン・バトンマクラーレン 211ロバート・クビサルノー 37フェリペ・マッサフェラーリ 48フェルナンド・アロンソフェラーリ 54ニコ・ロズベルグメルセデスGP 62ルイス・ハミルトンマクラーレン 715ヴィタントニ....
2010年 F1 第2戦 オーストラリアGP決勝。【別館◆桃尻開発研究所◆資料室】at March 30, 2010 21:00
濠太剌利 (゚▽゚*)>シャキーン!!烈 2010年 F1 第2戦 オーストラリアGPの決勝レースが28日(日)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。
2010年 F1 第2戦 オーストラリアGP決勝。【◆ 桃尻開発研究所 ◆】at March 30, 2010 20:56
ぃやしかし、バトンの作戦勝ちはお見事 【F1オーストラリアGP】バトン、移籍後初勝利  1位:ジェンソン・バトン  2位:ロバート・クビサ  3位:フェリペ・マッサ 雨が上がってレコードラインが乾き始めたのを見ていち早くスリックに履き替えたバトン タイヤ交...
今年も波乱のメルボルン【OTHERS!】at March 30, 2010 20:10
何かとセーフティカーが活躍しやすいコースで、しかも雨。荒れるかなぁ・・・と思ってたら案の定で、よりによって可夢偉がクラッシュですか・・・orz そんな中でも無難にスタートを切って快調にトップを走っていたベッテルでしたが、彼も26周目にリタイア。何のトラブルだっ...
F1豪州GP・・・バトンが今季初勝利【ボヘミアンな京都住まい】at March 30, 2010 00:32
バトンが2年連続優勝! バトンが2年連続で、オーストラリアGPを制した。バトンは、マクラーレンに移籍後初めての優勝となった。2位には、好スタートを切ったクビサが最後まで粘り強く走りきり表彰台獲得。3位-4位には、フェラーリの2台が入り着実にポイントを重ねた...
バトンが2年連続優勝!【Station-wagon<ステーションワゴン>】at March 29, 2010 23:15
2010年のF1第2戦は、オーストラリアGP。 波乱の公道サーキット、アルバートパーク・サーキット。 ポールは前回に続きベッテル、2番手がウェーバーでレッドブルの1,2。 3番手にアロンソ、4番手にバトン、5番手にマッサ。 小雨の降る中、決勝スタート。 ....
2010 F1 オーストラリアGP 決勝【グレート・タカの徒然なるままに…】at March 29, 2010 22:34
F1-2010 豪州GP “南十字星輝勝利女神降臨編 ” 地上波独占 独断適当的
F1-2010 豪州GP “南十字星輝勝利女神降臨編 ”【物欲煩悩妄想日記】at March 29, 2010 20:54
F1オーストラリアGPはバトンがタイヤ戦略で制覇した 決勝はバトン制覇&2位クビサ&3位マッサとなったけど 4位アロンソ&5位ロズベルク&6位ハミルトンだけども 7位リウッツィ&8位ウェーバー&9位バリチェロとなり 10位シューマッハと上位10名までポ....
豪GPバトンが波乱を戦略で制覇【スポーツ瓦版】at March 29, 2010 18:35
豪GPはバトン(マクラーレン)が移籍後初優勝!: FMotorsports F1 勝ったのは去年のチャンピオンで今年移籍したマクラーレンのバトン,2位にルノーのクビサ,3位にフェラーリのマッサ。 2位...
F1GP2010 オーストラリア【Kyan's BLOG IV】at March 29, 2010 12:29