April 18, 2011

F1 2011 第3戦 中国GP 決勝

予選ではベッテルが3戦連続のポールをGETしたとなった上海インターナショナルサーキットでの中国GP。

相変わらず地上波観戦の‘み’は23:50からの中継で観戦しました。

で、決勝レース。

個人的にはベッテルの独走&単調なレースを危惧していたんですが、今回は良い意味で期待を裏切ってくれました。KERSを使ったにも関わらず余り良いようには見えなかったスタートのベッテルが出遅れ、バトン&ハミルトンが一気に先行。ベッテルはロズベルグにも前に出られそうになる程で、一気に面白くなりました。

が・・・

14Lap目にバトンとベッテルが同時ピットインを行った際、なんとバトンが去年までのカーNo.1の位置に滑り込んでしまうというボーンヘッドを犯し、両車の順位が逆転。これでレースも決まったかと思いましたが、気がつけばロズベルグが前に。

‘み’はこの時点ではピット回数の勘違いをしていて、ベッテルもロズベルグも3回だと思っていたので、ロズベルグが先行しているんだとばっかり思っていたんですが、実はベッテルは2回ストップ。32Lap目にハードへスイッチし、ロズベルグが40Lap目に3回目のピットストップを終えるとしっかり順位が入れ替わっていました。しかもロズベルグはその直後にハミルトンにもかわされて4位にドロップ。これで順位確定かと思いきや、50Lap目にはトップのベッテルにハミルトンが急接近し、2Lap程度で割と簡単にオーバーテイク。どう考えても2回ストップのベッテルはきつそうな感じでしたが、ベッテルは無線の調子が悪くてピット→ベッテルの一方通行になっていたこともあってか、2回ストップのペースダウンをコントロールし切れなかったのかも知れません。

18番グリッドからスタートしたウェーバーが、結局KERSを使えなかった割にハードでスタートして3位フィニッシュまで上げてきたことを考えても、今回はタイヤ戦略が全てだったようにも思えます。特にハードの性能がイマイチだったようで、必然的にハードでロングスティントを走ることになった2ストップ組みは軒並み厳しかったようです。

あ、13番手スタートの小林可夢偉はスタートでポイント圏内にジャンプアップすると、終始10位前後をミハエルやペトロフとやりあいながら走行し、ノーズに穴を開けながらも10位フィニッシュ。タイヤに優しい走りが功を奏したということなんでしょうが、開幕戦の失格を除けば実質3戦連続の入賞ですから、コンスタントにこの辺りで戦って欲しいものです。

そうそう、ストレートが長い上海だったこともあり、KERSとDRSが非常に狙い通りに働いたようで、レース中常にどこかでバトルが展開されているようにも思えたので、良い意味でレースらしくなったような気がします。逆に簡単に抜き抜かれつしてしまうような気もしましたが、相変わらずスタンドが広告になっていたりして空いているように見えたのが気になりましたね。インドなど新しいGPも増えてきていますし、2017年までは開催することになっている上海もそのうち代ってしまうかもしれませんけどね(^_^;)

結局順位はハミルトン-ベッテル-ウェーバー-バトン-ロズベルグ-マッサ-アロンソ-ミハエル-ペトロフ-小林可夢偉というトップ10。今のチームの力(レッドブルが頭ひとつ抜け、直後にマクラーレン、少し開いてフェラーリ&ルノーって感じでしょうか)を見ればおよそ順当なリザルトのように思いますが、前2戦&予選の圧倒的な速さを考えると、ここでベッテルにハミルトンが土を付けたのは大きいようにも思います。レース前に燃料もれを起こしていたような状況での勝ちは大きいですね。

さて、次戦はゴールデンウィーク最終日の5/8決勝となるトルコGP。去年と日程こそ違いますが、速さを見せていたレッドブルデュオの同士討ちが記憶に新しいところです。流石に再現ということはないでしょうが、去年漁夫の利を得たマクラーレンデュオが速さを取り戻しているように思えるので、この4台の遣り合いに注目って所でしょうかね。

〔ニュース記事〕
http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/257827/
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/
f107/2011/04/gp-10-a68b.html


〔レース結果〕
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/
f1gp/2011/04/f1-ae7f.html


         

Save Japan Banner  

  



Posted by kazumitsuzuka at 12:07│Comments(2)TrackBack(13)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51571830
Trackbacks
あぁ、あのぅ、ベッテルのタイヤが保たなかったかぁ 中国GP決勝、F1ハミルトン優勝、小林10位  1位:ルイス・ハミルトン  2位:セバスチャン・ベッテル  3位:マーク・ウェ ...
今シーズンはタイヤ!【OTHERS!】at May 19, 2011 19:48
F1GP (゚▽゚*)>シャキーン!! F1中国GPの決勝レースが17日(日)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。
◇◆2011年 F1第3戦 中国GP決勝。◆◇【◆ 桃尻開発研究所 ◆】at April 20, 2011 23:55
F1GP (゚▽゚*)>シャキーン!! F1中国GPの決勝レースが17日(日)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。
◇◆2011年 F1第3戦 中国GP決勝。◆◇【◆ 桃尻開発研究所 ◆】at April 20, 2011 23:50
\(゚▽゚*)>シャキーン!! F1中国GPの決勝レースが17日(日)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。 続きを読む
2011年 F1第3戦 中国GP決勝。【別館◆桃尻開発研究所◆資料室】at April 20, 2011 23:49
ベッテル止めた! レッドブル止めた! ハミルトン今季初勝利! F1第3戦の中国GP。今季はレッドブルのベッテルが絶好調で、KERSが使えなくてもこの速さ。追いつくには時 ...
ベッテル止めた!ハミルトン今季1勝!<F1中国GP>【V36スカイラインクーペが欲しい!】at April 20, 2011 23:16
マクラーレンのR・ハミルトンが今季初優勝。レッド・ブルの開幕3連勝を止めた。中国GPの明暗を分けたのが、タイヤ選択。優勝したハミルトンは3STOP、今回優勝を逃したヴェッテルは2STOPでハードタイヤの使用周回が多かった。同じレッド・ブルのマーク・ウエーバーは3STOP...
ハミルトン、レッド・ブルの快進撃止めた!【Station-wagon<ステーションワゴン>】at April 19, 2011 08:22
結果は以下の通り。(「F1通信」より) 今回はタイヤ戦略もあり、KERSもあり、
2011年 F1中国GP 終盤でハミルトンがヴェッテルをオーバーテイクし、今季初勝利獲得!!【蔵前トラック供at April 19, 2011 01:08
2011年のF1第3戦は、中国GP。 春のアジア連戦となる上海インターナショナル・サーキット。 ポールポジションは3戦連続でベッテル。 2番手にバトン、3番手にハミルトンの ...
2011 F1 中国GP 決勝【グレート・タカの徒然なるままに…】at April 18, 2011 22:34
開幕からのフライアウェイ最後となる第3戦中国GPは、マクラーレンのL.ハミルトンが終盤トップに立って今季初優勝を飾りました。予選で圧倒的な速さを見せてポールポジションを獲得したレッドブルのS.ベッテルはスタートでマクラーレン勢にかわされましたが、後半挽回しトップ
ハミルトン今期初優勝(第3戦中国)【E's Monologue.】at April 18, 2011 21:40
F1最高手記。今回から再開させて頂きます。
2011 F1第3戦 中国GP【咲来さんのそのまま便器にダンクシュート】at April 18, 2011 19:10
第3戦の中国GPハミルトン制覇&可夢偉10位だよ ハミルトン制覇&2位ベッテル&3位ウェーバーで 4位バトン&5位ロズベルグ&6位マッサだけども 7位アロンソ&8位シュー ...
中国GPハミルトン制覇&可夢偉10位【スポーツ瓦版】at April 18, 2011 18:08
2011F1 中国決戦 “終結亜細亜巡業大混戦編” 2011.04.17 Rd.
2011F1 中国決戦 “終結亜細亜巡業大混戦編”【物欲煩悩妄想日記】at April 18, 2011 14:20
最後の逆転劇でハミルトンが今季初V。可夢偉は再び入賞 - F1ニュース AUTOSPORT web 勝ったのはマクラーレンのハミルトン,2位にレッドブルのベッテル,3位に同じくレッドブルのウェバー。 ...
F1GP2011 中国【Kyan's BLOG IV】at April 18, 2011 14:08
Comments
こんにちは、コメントありがとうございます。
レッドブルのKERSは去年まともに開発してなかったらしいですからね。爆弾抱えてるのかも知れませんね。

バトンは確かに勿体なかったですね。まあ、ピット位置を間違えるミスってたまにありますが、同時ピットインでの逆転に繋がったのは珍しいですね(^_^;)
Posted by 管理人‘み’ at April 21, 2011 08:46
おはようございます。トラックバックありがとうごさいました。
レッドブルのKERSは調子良くないようです。まあそれでも十分速いですけどね。バトンのピット位置のミスはもったいないですね。あれさえなければマクラーレンの1−2もあったかなと思います。
また来ます。
Posted by haru at April 21, 2011 07:06