May 29, 2011

F1 2011 第6戦 モナコGP 予選

ヨーロッパランド2戦目となる第6戦、モナコGP。モンテカルロ市街地コースでの伝統の1戦ですが、ツィスティで抜けないレースが今年はKERS+DRSで多少様子が変わるかも・・・なんて期待しつつ、まずは予選を録画鑑賞しました。

ピレリも初めて赤いマーキングのスーパーソフトを投入しているので、1.4Secのタイム向上もあるそうで、この使い方もポイントになりそうですね。

Q1ではフリー走行からイマイチマシンが決まっていなかった小林可夢偉が多(分アルグエリスアリに)追突までされ、セッション終了間際にノックアウトギリギリのところまで追い詰められていましたが、ラストアタックでスパーソフトを使い、なんとかQ2進出を決めてくれました。
あ、Q1ノックアウトのいつもの6台のうち、ヒスパニアの2台は走行できなかったものの、決勝レース進出は認められたそうです。ちなみにもう1台はアルグエリスアリの20位ですが、追突していればまあ止むなしかと。

Q2では流石に可夢偉は厳しかったようで、13位。チームメイトのペレスの方は逆に常に可夢偉を上回っていたようで、Q2も9位でクリア。逆に意外だったのが11位ペトロフと16位ハイドフェルドと脱落したルノーの2台。ゴールドリーフ時代の黒金カラーが板についてきたなぁとか思っていたんですが、マシン特性が合わないんでしょうかね。

Q3ではバトンが1:13.997と13秒台に入ると、ベッテルがこれを0.4Sec以上上回る1:13.556と圧巻のタイムを叩き出すという展開で、モナコらしいポール争いになったと思いきや・・・

トンネルの出口からヌーベルシケインへのアプローチでペレスが大クラッシュ。

ペレスは決勝進出はNGだそうですが、骨折などは無く脳しんとうと太腿の捻挫以外に負傷はないというところが不幸中の幸いでしょうか。

Q3はこのクラッシュで赤旗中断となり、残り2分26秒のところから再開されましたが・・・ 誰もタイヤを暖めきることが出来ず、大きく順位に影響が出ることもなくグリッド確定となりました。
ベッテルはモナコ初ポールで、6戦5ポールと圧倒的な速度を見せつけ、以下バトン-ウェバー-アロンソ-ミハエル-マッサ-ハミルトン-ロズベルグ-マルドナド-ペレスというオーダー。
ポールのベッテルは今年参戦している5人のワールドチャンピオン経験者の中で唯一モナコで勝っていないので、1勝で3勝分といわれるモナコでの勝利は喉から手が出るほど欲しいはず。‘み’的には久しぶりにロズベルグの前に出た元モナコマイスターのミハエルに期待したいところなんですけどね〜

あ、地上波はモナコ恒例の23:15〜なのでお間違いなく。


〔予選結果〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/
f1gp/2011/05/f1-4517.html



〔ニュース記事〕

http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/260884/

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/
2011/05/gppp-2dad.html




Save Japan Banner

 



Posted by kazumitsuzuka at 13:49│Comments(0)TrackBack(2)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51586100
Trackbacks
チームが発表したプレスリリースによると「病院のメディカルスタッフからの情報では、
F1(5599) セルジオ・ペレス、モナコGP決勝は欠場!【戀は糸しい糸しいと言う心】at May 30, 2011 17:23
結果は以下の通り。(「F1通信」より) ヴェッテルの速さが光る予選でしたが、それ
2011年 F1モナコGP ヴェッテルが圧倒的な速さで5回目のPP獲得もザウバーのペレスが大クラッシュ!! そして優勝予想【蔵前トラック供at May 30, 2011 02:58