June 17, 2011

au IS04 OSアップデート

リリース当初から予告されていたIS04のAndroid自体の2.1→2.2へのアップデート。6/16にいよいよ提供され始めたので早速Android2.2を試してみました。

手順とかはオフィシャルにちゃんと公開されているので、主にアップデート後の感想を少々。


あ、Androidのアップデートに掛かる前に2度目のケータイアップデートをしていなかったので、これをやるのに2時間以上掛かっちゃいましたけどね(^_^;)


アップデート自体は自宅のWi-Fi環境で実施したんですが、操作中はほぼマニュアルどおり。‘み’の端末は一時的にリカバリーモードに入ったのでちょっと気にはなりましたが、結果的にmicroSDHCに保存してあったファイルやIS04で撮影した画像など、全く問題なくキープしたまま、正味30分程度でアップデート完了となりました。


アップデート後に気になったところとしては・・・


パッと見でまず見かけの印象が結構変わりました。
まずフォントが変更になった(デフォルトが変更になっただけで変更は可能)ので、一般的には見やすい方向になったような気がします。メニュー画面のアイコンやメールなどほぼ全てに影響するのでインパクトは大ですが‘み’的にはまあそれ程素晴らしいフォントだとは感じられず、まあこの方が良いかなぁと言うレベル(^_^;)

同時に、メニュー画面のアイコンなどを中心に、バックの地の色が今までの白ベースから黒ベースに変わったので、これも印象に大きく影響しているように思います。設定で変更とか出来るのかと思いましたが、これは見当たりませんでしたね。


機能面で大きく変わったのは、やっぱりFLASH対応でしょうか。別途FLASH PLAYERのプレーヤーダウンロードが必要ではありますが、ブラウザを普通に使うだけでWEBサイトのFLASHが使えたりするのは嬉しい限り。特に「このサイトが使えるようになった」とかの具体的なメリットは感じていないんですが、見ようとしたサイトがFLASHなしでは意味が無かったりすることは何回かあったので、これが一番のアップデートかなと。

ATOKはここで紹介したようにモジュールを1度入れていたので、特に印象はなし。モジュール自体もOSアップデート後にアップデートしてバージョンが1.11になっているので、細かい部分は変わっているようですけどね。

WEBブラウズ時の速度は・・・ ひょっとしたら上がったかなぁというレベルで、今のところ余り実感は出来ていませんが、遅くなったような印象は無いのでまあまあでしょうかね。

細かいところでは、バッテリー充電後や画面ロック解除後のバイブレーション有無を設定出来るようになったりしたのも嬉しいところ。特に充電完了後のそれはメールと間違えることも多くて結構ウザかったので(^_^;)

と、ここまで良い方向の話ばかり書いていますが、ちょっと困ったことも。


縦横の画面切り替えがややモッサリというか鈍くなったような感じもありますね。システム設定〜センサー設定〜モーションセンサー調整で調整して多少は良くなったように思いますが、以前の方が明らかにキビキビ切り替わっていた(過敏すぎるくらいだったかも)ので、ちょっと違和感がありますね。


あと、‘み’はAdvanced Task Managerで不要なアプリを落としたりしているんですが、今回落としてもいつの間にか復活している所謂「ゾンビアプリ」が増えてしまったんです。アップデート前は「テレビ」とか「スライドショー」とか限られた幾つかのアプリがそうだったんですが・・・


ちょっと弄った感じですが、


・フォトスクリーン設定
・ケータイアップデート
・連絡先
・メール
・ミュージック
・マップ


は何度落としてもいつの間にか復活し、ブラウザはそもそも落とせ無いという状況。厳密に試して訳ではないのでまだあるでしょうが・・・

こう書くとデフォルトのアプリだけがゾンビなのかと思えますが、nswPlayerもゾンビと化していたので、バッテリーの減り具合も違ってきていまるように感じますし、ちょっと対策が必要なレベルかも知れません。

まあ、オートのタスクキル系のアプリ自体がバッテリーを消費しているような話も聞きますから、アプリ自体も含めて見直しですかね〜


Posted by kazumitsuzuka at 12:42│Comments(0)TrackBack(0)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51591926