October 15, 2011

試写会 ミッション:8ミニッツ

ミッション 8:ミニッツ チラシLivedoorblogのキャンペーンに当選し、映画「ミッション:8ミニッツ」の試写会に行ってきました。

場所は都内某所。場所を紹介するのはNGとのことなのでここでは触れませんが、仕事明けにいける時間と場所だったので助かりましたね(^_^;)

映画は10/28に公開となるダンカン・ジョーンズ監督、ジェイク・ギレンホール主演のアクションサスペンスモノで、あらすじ的にはシカゴで起きた乗員乗客全員死亡となった列車爆発テロに対し、空軍のスティーヴンス大尉が乗客の意識に入り込んで犯人を特定し、その後予想されているシカゴ市内での2回目のテロを防ぐ・・・というもの。
その意識に入り込むという設定が量子物理学を駆使して、死者の脳に残っている意識というか思考?を纏め上げて仮装空間を作るとういうSFッぽいものなんですが、その中では実際の登場人物として行動すること出来て、実際に過去に遡ったかのように行動したり中の物事に影響を与えられるので、繰り返しこの空間に入り込むことで少しずつ犯人や真相に近づいていくんですよね。
とは言え、このプログラムも万能ではなく、死者が記憶しているのは死の直前の8分のみとのことで、延々とこの8分間を犯人を見つけるまで繰り返すと・・・

この辺の設定の大半はパンフレットとかで分かりますし、事前に面白そうだなぁと思って見始めたんですが・・・

以下、ネタバレありの感想です。


実はこの日は結構眠くて、内容によっては途中で寝落ちするんじゃないかとも思っていたんですが、全くそんな心配は無用でした(^_^;)

冒頭がいきなり爆発直前の列車のシーンから始まり、スティーヴンス同様に観ている側も訳が分からないまま
列車が爆発・・・ その後も理不尽なカプセルの中に閉じ込められ、拘束状態のまま何度も列車に送り込まれ、嫌が上にも少しずつ真相に近づいていく様は、なんか非常に条件がシビアなアドベンチャーゲームとかを解きに掛かっているような感覚で、映画としては極めて新鮮だったなと。特にこの描き方で全てが全ての伏線となっているようにも見えましたし、状況が分からない度合いがスティーブンと共有化出来ている(カプセルの外が不可解なのも同じレベルでしか分からない)ので、一気に映画に入り込めちゃったんですよね。
と、試行錯誤を繰り返すうち、映画の中盤から微妙に説明が付かない事象が起き始めると・・・


以下、完全にネタバレするので行間を空けます。映画を観る前の人は読まない方がいいですよね〜(^_^;)





一番「あれ?」と思ったのが、スティーヴンスが入り込んでいるショーンのガールフレンド、クリスティーナを列車から降ろして助けた下り。ショーン本人は爆発からは逃れつつも別の列車に轢かれる形で結局死んでしまうんですが・・・
爆発から数秒間、スティーヴンスが生きていたんですよね。クリスティーナは当然助かりましたし、もしスティーヴンスが生きていたらこの時の仮想空間はどうなったのかなと・・・
これがラストシーンへの大きな伏線になっていたんですが、この時はもやもやが残りつつ、仮に過去へ結局「8ミニッツ」以上には伸びないってことなのかなぁとか、実は過去に戻っているんだとすると、この手のタイムパラドックス系の話には良くあるように歴史がゆり戻しを掛けているのかなぁ位に納得させていたんですが・・・

話が前後するかもしませんが、実はスティーヴンスは既に半ば死んでいて、脳や体の一部を作戦名にもなっている「包囲された城(英単語は聞い取れなかったんですが、多分このカプセルのことでしょうね)」の中で生かされていたと。これはそれ程違和感はありませんでしたし、カプセルのオイルが漏れているトラブルもカプセル内が異常低温になったのもその生かされている設備の不調ということのようでしたが・・・


この2つが妙に矛盾しているなと。


仮想空間であり、人を助けても意味が無い、犯人を捜すのが目的だと言いながら、仮想空間の中では人を助けることも殺すことも出来、スティーブン自身も8ミニッツを超えて生きることが出来そう。
同時に、スティーヴンスは既に意識だけに近い存在になっていて、物理的に生かされている。
・・・意識だけの存在のスティーブンがプログラムの範囲を超えて生きられる??

「映画通ほどダマされる」なんてコピーが付いていて、‘み’は映画通を自称できる程知識も見識もないんですが、ここはどう考えても違和感ありまくりだったんですよね。先読みするとかしないとかではなく、辻褄が合わないなと・・・


が、犯人が分かってからは物語が大きく展開。


ラスト30分位はサスペンスではなく、切なくてハートフルな感じすらするドラマのようになり、微妙ながらももやもやも晴れてくるんですよね。

犯人を特定し、現実世界でもその犯人が2度目のテロの前に逮捕され、プログラムも成功を収めたあたりでスティーヴンスは全てを理解したようで、最後にもう1度だけ列車に転送して欲しいとグッドウィンに懇願。「転送先の世界にはもう1人のグッドウィンがいるのか」とか、「その世界では別の人と結婚しているのか」とかはスティーヴンスが全てを悟っている(「死」を望んでいたような描写はありましたが、少なくとも可能性は感じていたはず)ことの表れでしょうし、その言葉にグッドウィンが期待したのも事実でしょうしね。

転送されたスティーヴンスは、ほぼ完璧な段取りで爆弾の処理と犯人の捕縛を済ませると、カプセルの中にいた時から何度も主張していた父への電話を行い、グッドウィンにもメールを送信。そして列車の中での126ドルをコメディアンと掛けて皆を笑わせることでギスギスしていた列車内の雰囲気を一変させ・・・

「意味のある1分」を過ごしたところでタイムアップ。
8ミニッツが経過し、皆が笑顔のまま救いのあるエンディング・・・かと思いきや・・・
何事もなかったかのように時間が流れ、ショーンとクリスティーナはシカゴの町(ミレニアム・パーク)へ。転送シーンで何度もこのパーク内にある銀の卵と言うか雲のようなモニュメントが写っていたことは説明が付かないような気もしますが、スティーヴンスがグッドウィンに送ったメールが種明かしになっていて、過去が変わったのではなく新しい別の世界が出来たんだとのこと。「Whole New World」が出来たという表現だったと思いますが、そういうオチかと・・・


正直、「ダマされた」という感は余りなく、ちょっと突拍子が無いところへ飛ばされたなという印象ですね。確かに過去が変わるような描写は一切されていませんし、もやもやしたものがクリアになったのは事実なんですが、別の世界を作り出すプログラムってちょっと非現実的すぎるかなぁ・・・ まあ、新世界では一応のハッピーエンドに終わっていますし、映画としては綺麗な形なんでしょうが・・・

ん、新世界のもともとのショーンって一体どうなったんでしょうか・・・? 現世界のスティーヴンスの意識がショーンの体に入ったままになってしまっているんですが、一人だけ死んでしまったことになるような・・・


あ、‘み’的にはラトリッジ博士にピザを届けて欲しかったですけどね(^_^;)


1.5時間の短い映画でしたが、爆発がいつ発生するかとかのスリル感や、少しずつオープンになってく謎、そして終盤の劇的な方向転換・・・ かなり面白く見られたのは事実です。
もう一度観たら新しい発見もありそうですし、オススメできますよ〜


Posted by kazumitsuzuka at 18:46│Comments(6)TrackBack(42)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51622448
Trackbacks
 「映画通ほど騙される」というキャッチフレーズ。映画通の方はみんな「どこが?」って感じで、映画通ほどこのキャッチフレーズに騙されてしまったようですね。と言うわけでミッション:8ミニッツ。
映画:ミッション:8ミニッツ【よしなしごと】at December 29, 2011 20:17
11-71.ミッション:8ミニッツ■原題:Source Code■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:94分■字幕:林完治■鑑賞日:11月13日、TOHOシネマズ有楽座□監督:ダンカン・ジョーンズ□脚本:ベン・リプリー□撮影監督:ドン・バーゲス□編集:ポール・ハーシー
映画『ミッション:8ミニッツ』を観て【kintyre's Diary 新館】at December 25, 2011 21:34
ミッション:8ミニッツ'11:米◆原題:SOURCE CODE◆監督:ダンカン・ジョーンズ「月に囚われた男」◆出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー ...
ミッション:8ミニッツ【C'est joli〜ここちいい毎日を〜】at December 05, 2011 16:40
デヴィッド・ボウイの息子であるという、一般人とはかなり違う育ち方をしたであろう出自を持つ若手監督、ダンカン・ジョーンズが手がけた映画『ミッション:8ミニッツ』。 既に死んでしまっている人間の死の直前8分間の意識の中に入り込むことができるというプログラム“
■映画『ミッション:8ミニッツ』【Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>】at November 16, 2011 01:40
監督、ダンカン=ジョーンズ。脚本、ベン=リプリー。原題『SOURCE CODE』
映画『ミッション:8ミニッツ』(お薦め度★★★★)【erabu】at November 12, 2011 21:49
□作品オフィシャルサイト 「ミッション:8ミニッツ」□監督 ダンカン・ジョーンズ □脚本 ベン・リプリー □キャスト ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト■鑑賞日 11月6日(日)■劇場 TOHOシネマズ川
『ミッション:8ミニッツ』【京の昼寝〜♪】at November 12, 2011 09:21
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「最近、リンジー・ローハンと小○美奈子がダブってしまう」 シネトーク85 『ミッション:8ミニッツ』 SOURCE CODE
シネトーク85『ミッション:8ミニッツ』●B級SFと思ってスルーしちゃうと後悔するで!【ブルーレイ&シネマ一直線】at November 12, 2011 03:36
 「月に囚われた男」のダンカン・ジョーンズ監督2作目は、爆破テロ発生までの8分間を繰り返し、電車内に潜伏する犯人を捜し出すミッションを与えられた男の活躍と悲哀を描く、サスペンススリラー。    果たして「映画通ほど騙される」とのキャッチコピーほど騙され
「ミッション:8ミニッツ」感想【新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜】at November 10, 2011 18:50
2011/10/21、よみうりホール。 開場時刻の18時を数分過ぎたころ到着したが、すでに列はなかった。 2列目に座る。 このあたりに座っていると、必ずと言っていいほど周りから「前過ぎない?」 という声が聞こえてくるが、よみうりホールは最前列でも大丈夫です...
試写会「ミッション:8ミニッツ」【ITニュース、ほか何でもあり。by KGR】at November 06, 2011 11:35
デビッド・ボウイの息子が監督しているという情報を抜きにしても、なんか面白そうとい
「ミッション:8ミニッツ」 Source Code (2011 米)【事務職員へのこの1冊】at November 06, 2011 11:23
<ネタバレありありなので注意です> スティーヴンス大尉はある時目覚めると、電車の
「ミッション:8ミニッツ」 量子論的な世界【はらやんの映画徒然草】at November 03, 2011 13:42
【=57 -9-】 昨日は宝塚市で単組の11秋季年末闘争方針の職場討議→神戸市北区の鈴蘭台でとある労組の大会で来賓挨拶→池田市で再び単組の職場討議、それぞれ挨拶(スピーチ)が主な仕事、だからほぼ移動だけで終わった一日だった。 とにかく電車での移動では、鈴蘭台では..
ミッション:8ミニッツ 脳味噌フル回転!楽しかった!【労組書記長社労士のブログ】at November 03, 2011 08:53
安らぎはいつ訪れる 延々と8分間を繰り返しながら真実に近づく男 この映画のキャッチコピーは「映画通ほどだまされる」 映画通じゃないのでだまされませんでした しかし、面白い SFの設定というの...
ミッション:8ミニッツ【as soon as】at November 03, 2011 01:35
注・内容、台詞に触れています。傑作SF「月に囚われた男」を監督したダンカン・ジョーンズ新作『ミッション:8ミニッツ』。出演はジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・
ダンカン・ジョーンズ監督『ミッション:8ミニッツ』【映画雑記・COLOR of CINEMA】at November 02, 2011 09:36
安らぎはいつ訪れる 延々と8分間を繰り返しながら真実に近づく男 この映画のキャッチコピーは「映画通ほどだまされる」 映画通じゃないのでだまされませんでした しかし、面白い SFの設定というの...
ミッション:8ミニッツ【as soon as】at November 02, 2011 06:17
 【ネタバレ注意】  公式サイトによれば、ダンカン・ジョーンズ監督は『ミッション:8ミニッツ』の内容に関する科学的データを徹底的に調べ上げたいという強い好奇心に駆られたものの、ストーリー性を重...
『ミッション:8ミニッツ』 選ぶのは誰か?【映画のブログ】at November 02, 2011 03:12
映画『ミッション:8ミニッツ』(公式)を本日映画の日昼の回で劇場鑑賞。キャパ112名に老若男女で50名ほど。意外に多かったかも。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)100点満点なら70点にします。 ...
映画「ミッション:8ミニッツ」 感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog@FC2】at November 01, 2011 18:17
警告:このラスト、映画通ほど拍子抜けする。そして未来ガジェット研究所を知っている人ほど、さらに拍子抜けする。 映画ファンに挑戦的な予告編を作っておきながら、実は内容的 ...
『ミッション:8ミニッツ』【こねたみっくす】at October 31, 2011 22:23
【映画】ミッション:8ミニッツ ジェイク・ギレンホールが主演♪ 【あらすじ】 シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、
映画通ほど騙される!? 【映画】ミッション:8ミニッツ【B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら】at October 31, 2011 21:57
列車爆破事件の犯人を突き止めるために、軍の施設から爆弾で死亡する男性の意識に入り込むというとんでもないお話だ。ジェイク・ギレンホール演じる主人公はアフガニスタンで大怪我を負い、シカゴの列車内に転送される。8分しか爆死前の意識に留まれないので、何回も繰り返す
ミッション:8ミニッツ【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at October 31, 2011 20:55
第一印象でとてもSF小説っぽいお話だなと思ったんですけど原作モノではないのかな?日本では賛否両論みたいですけど私は大好きな『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の ...
ミッション:8ミニッツ/ジェイク・ギレンホール【カノンな日々】at October 31, 2011 08:54
予告編で見て面白そうだなと思ったのと、 『プリンス・オブ・ペルシャ』でめっちゃイイ男を演じてたジェイク・ギレンホールが 出てるので、見ておこうかとo(^-^)o 列車爆破事故を、その犠牲者の亡く...
映画『ミッション:8ミニッツ』【よくばりアンテナ】at October 31, 2011 07:07
映画「ミッション:8ミニッツ」観に行ってきました。 シカゴユニオン駅行の列車で発生した爆破テロ事件の犯人を、犠牲者が死亡する8分前の意識に潜り込んで探し出すSFサスペンス。 ストーリーは、主人公コルター・スティーヴンスがシカゴユニオン駅行きの列車の中で目
映画「ミッション:8ミニッツ」感想【タナウツネット雑記ブログ】at October 31, 2011 01:40
ネタバレ全開!
ミッション:8ミニッツ【ハリウッド映画 LOVE】at October 30, 2011 12:53
【SOURCE CODE】 2011/10/28公開 アメリカ 93分監督:ダンカン・ジョーンズ出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、...
ミッション:8ミニッツ【新・映画鑑賞★日記・・・】at October 30, 2011 00:10
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51622448 今週末金曜日から始まった本作を観てきた。 解説 『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第2作となるSFサスペンス。 列車爆破事故の犯人を見つけるべく、犠牲者が死亡する8分前の意識
ミッション:8ミニッツ【A Day In The Life】at October 29, 2011 19:03
「ミッション:8ミニッツ」を鑑賞してきましたデビュー作「月に囚われた男」で注目を集めたダンカン・ジョーンズ監督の記念すべきハリウッド進出第1作となるサスペンス・アクショ...
劇場鑑賞「ミッション:8ミニッツ」【日々“是”精進!】at October 29, 2011 14:21
☆これは、きっちりとよく出来た良作だ。  惜しむらくは、非常に「大人の物語」として完成しているので、「若さゆえの突出」が少なく、展開に、それ程に燃えてこない点だろうか?  ・・・サンフランシスコで、爆弾テロによる大規模な列車事故が起こる。  そのテロは...
[映画『ミッション:8ミニッツ』を観た(スマン、短信だ)]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at October 29, 2011 07:37
本作品は、ストーリーが進むにつれて 徐々に真相が明らかになっていくタイプの映画なので、 ご覧になるのであれば、前情報を仕入れなければ 仕入れないだけ、面白く観られると ...
『ミッション:8ミニッツ』| 超絶シチュエーション、そして神展開。【23:30の雑記帳】at October 29, 2011 00:53
脚本と編集が特に良いと思います。公式HPによれば、脚本のベン・リプリーさんは、自身のオリジナルアイディアを一年半以上かけて練り上げたとあります。また、時間が全部で100分。これだけの内容を、あっという間に、凝縮して見せられるので、頭が疲れていたり、体調のコ
ミッション:8ミニッツ【★the tip of the iceberg★氷山の一角】at October 28, 2011 21:10
観る者の想像を完璧なまでに裏切る鮮やかなプロットで全米の映画ファンを熱狂させた『ミッション:8ミニッツ』(原題:Source Code)。日本公開に合わせて初来日していたダンカン・ジョーンズ監督に、お話をうかがう時間を特別にいただいた。
ダンカン・ジョーンズ監督インタビュー:映画『ミッション:8ミニッツ』について【INTRO】at October 26, 2011 16:44
『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第2作目となるSFサスペンスだ。主人公は爆破テロで死亡する人間の8分前の意識に入り込みテロの犯人を探してゆく。主演は『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のジェイク・ギレンホール。共演に『SOMEWHERE』のミシ
ミッション:8ミニッツ【LOVE Cinemas 調布】at October 24, 2011 03:10
列車の中で目を覚ました青年コルターは、目の前のチャーミングな女性から「ショーン」と呼ばれて困惑する。 しかも鏡に映る自分は見知らぬ他人の顔をしている! その後、爆風と共に別の場所で再び目を覚ましたコルターは、乗客全員死亡のシカゴ列車爆破事件の犯人を突き止
ミッション:8ミニッツ【象のロケット】at October 22, 2011 22:34
正式なタイトルは、ミッション:8ミニッツ。 原題は、Source Code。 主人公がいきなり巻き込まれるのは、8分間でリセットされる世界。 8分後、爆発に巻き込まれる高速列車の乗客に、いつの間になっている自分に気付く。 しかも爆発後、生きている自分に驚きつつ、軍...
映画:8ミニッツ Source Code テクノロジーが生み出す、新感覚タイムスリップSF【日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜】at October 22, 2011 20:36
今月面白い映画が目白押し・・・と思っていたら、これもなかなか面白い♪ ラストは大きな?マークが出るけど、斬新なアイデアと、先の見えないハラハラ感で、そんな違和感吹っ飛んじゃう!! ネタばれ完璧NGレビュー、果たしてどうやって書こう・・・・?
「ミッション:8ミニッツ」斬新!!【ノルウェー暮らし・イン・原宿】at October 22, 2011 00:16
『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督が創り上げたSFサスペンスです。 実は『月に〜』は未見なのですけど、評判だった作品なので今作も気になっていました。 追い詰められるジェイク・ギレンホールの姿を見つめながら、時間があっという間に過ぎていきました。
ミッション:8ミニッツ【とりあえず、コメントです】at October 21, 2011 23:18
公式サイト。原題:Source Code。ダンカン・ジョーンズ監督、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト。何気にか日本映画「GANTZ」を彷彿 ...
ミッション:8ミニッツ〜最後は16ミニッツ?【佐藤秀の徒然幻視録】at October 21, 2011 22:18
ランキングクリックしてね ←please click 「このラスト、映画通ほダマされる。」というキャッチコピーの本作。 ダマされるとかダマされないとか言うのカンケイないんだけどなー。 それに邦題も「ソースコード」でいいのに。トムちんのミッションに便乗? ...
ミッション:8ミニッツ/ SOURCE CODE【我想一個人映画美的女人blog】at October 21, 2011 10:45
ミッション:8ミニッツ(原題: SOURCE CODE) 372本目 2011-32 上映時間 1時間33分 監督 ダンカン・ジョーンズ 出演 ジェイク・ギレンホール(コルター・スティーヴンス) 、 ミシ ...
ミッション:8ミニッツ【メルブロ】at October 16, 2011 17:38
未来は変えられる? 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/mission810月28日公開監督: ダンカン・ジョーンズ  「月に囚われた男」シカゴ郊外で起きた列車爆
ミッション:8ミニッツ (試写会)【風に吹かれて】at October 16, 2011 13:52
この宣伝、映画通ほど嫌う 【Story】 シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出す...
ミッション:8ミニッツ【Memoirs_of_dai】at October 16, 2011 01:18
※ネタバレ注意:鑑賞予定の方は、ご覧になってからお読みください。 ミッション:8ミニッツ (原題:Source Code) ----これも、もっともらしい英語のタイトルを日本で付けたってパターンだよね。 「8分間のミッション」って、どういうこと? 「これはね。 シカゴ郊外..
『ミッション:8ミニッツ』【ラムの大通り】at October 15, 2011 20:50
Comments
KGRさん、コメントありがとうございます。

腑に落ちない点は多々ありましたが、そういう部分を丸め込んで楽しめる映画だったと思います。私自身は色々考えちゃう方なんですけどね(^_^;)
Posted by 管理人‘み’ at November 06, 2011 12:53
>もともとのショーンって一体どうなったんでしょう
これは私も思いました。
あれがパラレル・ワールドでも何でもいいんですが、
一番割を食ったのはショーンかな、と。

SFって荒唐無稽、科学的にはあり得ないことが起こるわけで、楽しめるかどうかはそれを許せるかどうかですよね。

いろいろ矛盾もありましたが、それらは棚上げして面白かったです。

Posted by KGR at November 06, 2011 11:38
佐藤秀さん、コメントありがとうございます。
タイミング的に同じ会場でしょうね(^_^)

GANTZは映画見てないんですが、原作冒頭の地下鉄のシーンは確かにソックリかもしれませんね。

あの銀のモニュメント、クラウド・ゲートっていうんですね。量子物理学云々とか劇中で説明されていたかと思いますが、象徴的に使われたってことなんでしょうね〜
Posted by 管理人‘み’ at October 21, 2011 23:34
TBありがとうございます。多分、同じ会場にいらっしゃたのでしょうね。

>ショーン本人は爆発からは逃れつつも別の列車に轢かれる形で結局死んでしまうんですが・・・

私、このシーン見て絶対GANTZを参考にしていると思いましたよ。あのカプセルだって。
Posted by 佐藤秀 at October 21, 2011 22:25
風子さん、コメントありがとうございます。

確かに違和感があるところもありますが、楽しめる映画だったと思います。
コピーと邦題はちょっと微妙ですけどね(^_^;)
Posted by 管理人‘み’ at October 16, 2011 19:27
TBありがとうございました。
宣伝文句は、映画に合っていないと思いました。
つじつまの合わない部分もありますが、私も楽しく鑑賞しました。
Posted by 風子 at October 16, 2011 13:53