May 14, 2012

F1 2012 第5戦 スペインGP 決勝

予選ではハミルトンが失格、マルドナドの初ポールGETとなったF1第5戦、カタロニアでのスペインGP。

BS放送になってからやや時間帯が早くなり、23:00〜の放送としてくれたので普通に観戦しました。

予選の真夏のような晴れ間とは違ってうす曇の決勝レース。今のサーキットでは一番1コーナーまでの距離が長いカタロニアを意識してか、全車ソフトでのスタートとなりました。

スタートは大きな混乱こそありませんでしたが、母国では良い意味で毎回のように何かしらやってくれるアロンソが、2番グリッドから蹴り出しよくイン側で伸び、1コーナーにトップで飛び込むパフォーマンス。
流石と言うかなんと言うか、もう言葉もないなと(^_^;) マルドナドも決してスタートを失敗したわけではなかったと思いますが、解説されていたようにクラッチのセカンドミードが抜群なんでしょうね。

それでもマルドナドはアロンソから引き離されることなく、数秒の差で2位をキープ。10Lap目辺りから各車1回目のストップをした辺りには大きな動きはありませんでしたが・・・

あ、ちなみにちょうどこの頃、ミハエルが追突する形でマルドナドのチームメイトであるセナと接触。両車リタイアとなったんですが、レース後に審議となって怒っていたミハエルの方が次戦5グリッド降格処分に。TVで見る限りでは確かにセナのブレーキングが早かったように見えますが、追突はちょっと・・・
しかし、「セナとシューマッハーの接触」っていう言葉は1993年とかを思い出させますねぇ

さて、トップに目を戻すと、2回目のピットストップが行われた25Lap目辺り。マルドナドとアロンソは2秒を切る差になっていて、ここでアンダーカットしたマルドナドがあっけなくアロンソの前へ。この時は戦略が全然違うのかと思える程アロンソが無抵抗に見えたんですが、ここでその時点でのファステストラップを叩き出したマルドナドの正攻法を褒めるべきでしょうかね。
マルドナドにかわされたアロンソも引き離されることこそなかったものの、3回目のストップでマルドナドがややもたついたにも関わらず順位は変わらずレースは終盤へ。
今度はアロンソがファステストを出してマルドナドを追い上げ始め、残り10Lap位でほぼテールに付き、もう抜かれるのも時間の問題かと思いきや・・・ いつの間にかアロンソがズルズル後退。タイヤが限界に来たようで、アロンソは3位のライコネンとのタイム差も気にしなければならない状態になっており、そのまま波乱なくチェッカー。
マルドナドは一番プレッシャーの掛かりそうな初優勝のラスト数Lapをある意味プレッシャーから開放されて走れたので、ラッキーだったのかも知れませんね。


さて、我らが小林可夢偉はというと・・・

スタートでは微妙に順位を上げ、9位辺りを走行。TVではピット回数まで把握し切れませんでしたが、常にポイント圏内を走行する感じで、コース上でバトンをパスする見せ場を作ってくれました。
その後5位争いとなったロズベルグとかなり長い間やりあっていましたが、残り5Lap辺りで遂にコース上でロズベルグもパスし、自身最高位タイの5位フィニッシュを決めてくれました(^_^)v
Q2後にマシンを止めずにQ3を走れていれば・・・とどうしても考えざるを得ない順位ですよね。タラレバになってしまいますが、マシンがある程度優位な位置にあるうちにペレスの2位のようにポディウムをGETして欲しいんですけどねぇ

ということで、結局は初優勝のマルドナド以下、アロンソ-ライコネン-グロージャン-小林可夢偉-ベッテル-ロズベルグ-ハミルトン-バトン-ヒュルケンベルグというトップ10でのチェッカーとなりました。
ウィリアムズの勝利は2004年ブラジルでのモントーヤ以来になるそうで、ちょうどフランク・ウィリアムズの70歳の誕生日を祝う週末でのメモリアルウィンとなりました。もちろんベネズエラ人のポールも勝利も初とのことで、初物尽くしのグランプリって感じになりましたね。
レース後にウィリアムズのガレージで火災まで起きるおまけもあったようですが・・・(^_^;)
当初の予選結果ではハミルトンとマルドナドがフロントローに並んで、去年予選で邪魔したとかされたとかでひと悶着あった組み合わせなので、1コーナーでぶつかったりするんじゃないかとか穿ったみかたをしていたんですが、終わってみれば母国アロンソとのマッチレースを制して初勝利をもぎ取ったのは見事ですね。

これで今期のF1は5戦して5人目&5チーム目のウィナー誕生。ヨーロッパラウンドに入っても大きく勢力図画変わる様子もなく、去年図抜けていたレッドブルが並みに速い程度に留まっていることもあり、市場稀に見る大混戦になりそうな気配がいよいよ強くなってきましたね。

さて、次戦は5/27、1勝が3勝分に値するといわれる伝統のモナコGP。コート・ダ・ジュールの青い海と空を縫うように走るマシンを(TV画面で)見るだけでワクワクするレースですから、結構楽しみだったりするんですよね〜


〔レース結果〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/
f1gp/2012/05/f1-6e0f.html



〔ニュース記事〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/
f107/2012/05/to-5-7146.html


http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/278565/



Posted by kazumitsuzuka at 12:23│Comments(0)TrackBack(8)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51665677
Trackbacks
2012F1GP Rd.05 西班牙 “委内瑞拉歓喜強面勝利編”2012.05.
2012F1GP Rd.05 西班牙 “委内瑞拉歓喜強面勝利編”【物欲煩悩妄想日記】at May 17, 2012 11:36
*スペイン・グランプリ決勝レース in KAMUI*
可夢偉、2度めの5位入賞!/スペイン決勝【グリーンシグナル】at May 17, 2012 09:58
結果は以下の通り。(「F1通信」より) ハミルトンの予選失格で獲得したPPを見事
2012年 F1スペインGP 27歳の俊英・マルドナドがポール・トゥ・ウィンで初優勝獲得!!【蔵前トラック供at May 15, 2012 01:37
ヨーロッパラウンド開幕戦カタロニア、ここを制したのはウィリアムズのP.マルドナド、ベネズエラ人としても彼自身のキャリアとしても初めて表彰台の頂点に立ちました。予選でハミルトンが失格となったため、ポールからスタートとなったマルドナド、1コーナーで地元の大声援を
マルドナド初優勝!(2012第5戦スペインGP)【E's Monologue.】at May 14, 2012 23:00
 2012年F1第5戦スペインGP。誰もが予想だにしなかった、ウィリアムズFW34を駆るパストール・マルドナードがPole to Finishで優勝。スタートでこそアロンソに先行されるが、落ち着いたレース運びとチームの戦略は見事で、ウィリアムズのそしてマルドナードの優勝はフロッ...
ウィルアムズは復活したのか【郷秋の独り言】at May 14, 2012 22:20
昨日のスペインGPでウィリアムズのパストール・マルドナドが自身初のポールポールポジションからスタートし、見事にフェルナンド・アロンソの追撃を抑えてF1初優勝を飾った。 ベネズエラ人のF1優勝は初めてのことであり、ウィリアムズとしても2004年以来のF1優
今年のF1は面白い、5戦で全て違うウィナーとマシン!【【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)】at May 14, 2012 19:38
F1第5戦スペインGP!
F1スペインGP(2012 R5)【UKYOのつぶやき】at May 14, 2012 13:49
F1スペインGP 結果:パストール・マルドナドがF1初優勝! 【 F1-Gate.com 】 勝ったのはウィリアムズのマルドナド,2位にフェラーリのアロンソ,3位にロータスのライコネン。
F1GP2012 スペイン【Kyan's BLOG V】at May 14, 2012 13:06