May 24, 2013

映画 ミスト

公開当時「ラスト15分が衝撃的」というようなコピーが踊っていたのを記憶していた2007年のアメリカ映画、「ミスト」。BSか地上波かは失念しましたが、無料放送されていたのでAT950Wで録画してPSPに転送して鑑賞しました。

まあ、‘み’はスティーヴン・キングの原作小説があることすら知りませんでしたが、フランク・ダラボン監督がスティーヴン・キングの小説を映画化する組み合わせは「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」同じなんだそうですね。


あらすじ的には・・・

大嵐の翌朝、デヴィッドと幼い息子ビリーは、境界線について諍いを抱えていたとは言え、緊急事態であることを踏まえて隣人のノートンを車に乗せてスーパーマーケットへ向かったが・・・

そのスーパーマーケットが霧に囲まれてしまい、外に出た人間が何者かに襲われるという状況に陥り、他の多数の客と共に閉じ込められてしまう。

その後、霧の中にこの世のものとも思えない触手がいることが分かり、これによる犠牲者も出てしまう。
触手以外に大型化した昆虫のような生物や、ガーゴイルのような生物も現れ、店内には旧約聖書の一節を読み上げて教祖のように振舞う女まで現われる。
原因こそ軍事技術の実験の失敗によるものと分かったものの、この教祖に煽られて半ば暴徒化する群集を中心に混沌とした店内からデヴィッドとビリーを含む数名が車での脱出を図る・・・

という感じ。ラストシーンが衝撃的という謳い文句なので、一応ネタバレを考慮した感想を少々。


冒頭から序盤当たりはパニックムービー好きな‘み’としてはかなり好きな展開で、一気に引き込まれました。
訳も分からず理不尽な状況下に様々な人たちが閉じこめられ、必死に脱出を図るのはまさにパニックムービーなんですよね。しかも霧の正体が全く分からない焦燥感もタップリでしたし。

ただ、物語のかなり早い段階で明らかに怪しい触手が登場してしまったので、ミステリー的な要素はなりを潜め、なんか妙な怪獣が出てきたなぁと(^_^;)

異次元(四次元)に得体の知れない怪物がいるというのもちょっと微妙な設定ですし、なんかB級怪獣映画にしか見えなくなってきた中盤。

霧の中は異次元の怪物でなくても良かったんだなと。

良くある設定ですが、この手の話で「一番怖いのは人間」という論調になっていったんですよね。

神の名を借りて扇動し、自らが教祖になろうとしている(どこまでそいう意思があったのかは分かりませんが)人間と、それに乗せられて軍の計画を話した軍人を葬った上、ビリーを生贄にせんとする群集。更に、兎に角生き残ろうとするものや、悲観して自らの命を絶つ者や、正当防衛とは言え教祖を明確な意思で射殺する者・・・

皮肉に満ちていたのはラストシーン。


あ、ここからは完全にネタバレなので注意。



まだ霧の中に何がいるか分からなかった状態で、息子を家に残して来ていることを理由に必死に自宅に帰ろうとした女性がいましたが・・・ 怖気づいて誰も助けてくれないのに耐えかね、「全員地獄に落ちろ」的な捨て台詞を吐いてスーパーの外に飛び出したんですが・・・ この人が生き残っているんですよね。

一方の主人公チームはデヴィッドとビリーの他3人だけが車に乗り込んで逃げ出すことに成功したものの、結局はガス欠で自決の道を歩むことに。しかも拳銃の弾が4発しか残っておらず、(明示されてはいませんが)デイビッドがビリーを含む4人を射殺し、自らは怪物の餌食になろうとしたその時・・・ なんと怪物ではなく軍隊が現れて自分だけが助けられてしまうと・・・
デイビッドにとって唯一の救いだったのはビリーとの「怪物に自分を殺させないで」という約束を守れたこと位で、息子を手にかけた父親だけが生き残ってしまうというもうどうしようもないエンディングなんですよね・・・

まっとうに解釈すれば「どんな時でも人間としての意思や尊厳を失わずに、希望を持って諦めるな」的なテーマを見出せばいいんでしょうが、そんな良心的な解釈を消し飛ばすほど酷いというか惨い結末でしたね・・・
こんなことを書いていて感じたのが、キリスト教に掛かる宗教観のようなものが根底に流れているのかも知れまないなということ。‘み’は日本人でキリスト教信者でもないのでイマイチ的外れかも知れませんが、教祖の物言いはそのものずばりですし、登場人物の行動がどことなく教義とかを示唆しているように思えてならないなと。

色々書いてきましたが、映画としては普通に全編通じて緊張感があって面白かったですけどね。

あ、そうそう劇中に出てきた「アロウヘッド」計画。これが別次元との穴を作ってしまった直接のきっかけなんですが、これって何だったんでしょうね?


Posted by kazumitsuzuka at 23:55│Comments(0)TrackBack(2)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51689376
Trackbacks
(原題:The Mist) ----「ミスト」って霧のことだっけ? 「うん。 原作がスティーヴン・キング。 それをフランク・ダラボンが監督したってわけ」 ----それって『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビだ。 また感動路線ニャの? 「いや。あまり感動という形...
『ミスト』【ラムの大通り】at May 28, 2013 14:39
予告編からしてかなり印象強かったんですけど、「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」のコンビ、原作スティーヴン・キングとフランク・ダラボン監督による3作品目と知って ...
ミスト/トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン【カノンな日々】at May 28, 2013 09:24