October 08, 2012

F1 2012 第15戦 日本GP 決勝

予選ではベッテルが3年連続のポールをGETし、ウェーバーがこれに続いてレッドブルのワンツーとなったF1第15戦、鈴鹿サーキットでの日本GP。そんなことよりも白眉だったのはQ3で4番手、バトンのペナルティで3番グリッドスタートとなった小林可夢偉だったんですが、予選に引き続きBSで観戦しました。

今年は金曜日のみの現地観戦だったため、EスタンドからのFP2でのショットを交えてのエントリです。

決勝は曇りの予報だったと思いますが、薄曇といった感じのコンディションで、スタート時点で気温23度、路面温度32度とやや想定より高めの温度だったようですね。

緊張のそのスタートでは、ベッテルが危なげなく1コーナーホールショットを決めたのと同時に、可夢偉も絶妙の蹴り出しを見せ、ウェーバーを完全に食って2位でベッテルに続く願っても無い展開。しかも後方ではライコネンに押し出されたアロンソがスピン、同じくグロージャンにヒットされたウェーバーがコースアウトして大混乱。
これでセーフティーカーランとなりましたが、可夢偉にとってはもうラッキーとしか言いようが無い状況。ベルギーでは同じような展開で2番グリッドをフイにされているので、しっかり帳尻合わせですかね(^_^;) まあ、ベルギーではスタートに失敗して混乱に巻き込まれたので、今回は自力でこれを回避したとも言えますが。

と、この後も荒れるのかと思いきや・・・

レースそのものは全く持って単調。ヘルメットにも漢字をあしらうほど鈴鹿大好きなベッテルが2011年こそ勝てませんでしたが2009年・2010年と同じように独走し、危なげなく優勝に向かって邁進。リスタート後に2位につけていた可夢偉も全く追いつく様子が無く、‘み’的には得意のオルタネータートラブルとかで止まってくれないかと邪念を送るのが精一杯でした。
121005 鈴鹿 日本GP FP2 ベッテル
こうなるとレースの焦点は可夢偉のポディウムに絞られるんですが・・・

15Lap目辺りに2回ストップと思われる上位陣が1回目のストップを慣行。可夢偉はバトンの前にこそ戻りましたが、その後リカルドを抜きあぐねて(最後は得意のへアピンでインからズバッと抜いたんですが)気がつけばバトンの背後にいたマッサに先行を許してしまっていました。この時点ではマッサは3回ストップと思われていたので気にも留めなかったんですが・・・
121005 鈴鹿 日本GP FP2 マッサ
32Lap目に可夢偉の2回目ストップ、その後数Lapでバトンとマッサもピットインし、皆2回ストップでの勝負へ。
この時点でベッテルはもう独走状態。マッサ-可夢偉-バトンはそれぞれ数秒差とそれぞれ手が届かない位置ではなく、コース上でのせめぎ合いになり、可夢偉がマッサを追い上げる展開を期待したものの・・・ 逆にバトンに迫られることに(T_T)

特に40Lap目以降は差がみるみる少なくなり、2秒以内の攻防。攻防というかほぼ可夢偉が防戦一方という感じで、DRS圏内=1秒差に入られないように必死に凌ぐことに・・・
121005 鈴鹿 日本GP FP2 バトン
53Lapレースの52Lap目に入る時点で両者の差は1秒ギリギリ。辛うじてバトンにDRSは使わせずに済みましたが、両者自己ベストを叩き出してのラスト2Lap。
53Lap目に入る時点で遂に両者の差が0.9秒となり、バトンがDRSを作動出来るところまで迫り、いよいよ万事休すかと・・・
この時には2005年の鈴鹿でフィジケラがライコネンにぶち抜かれて勝ちきれなかったレースを思い出しましたが、シケイン〜最終コーナーの立ち上がりで可夢偉はしっかりバトンを引き離してくれ、あわやという場面も無くメインストレートを通過! ファイナルラップはかなり背後にも迫られましたが、可夢偉はミス無くバトンを抑えきり、自身初のポディウムを鈴鹿で達成するという快挙を成し遂げてくれました!!
121005 鈴鹿 日本GP FP2 小林可夢偉
鈴鹿での日本人ポディウムは1990年の鈴木亜久里以来22年振り、日本人のポディウムは2004年アメリカGPでの佐藤琢磨(この時は勝てるレースを落としたんですけどね・・・)以来8年振り、そもそも日本人の3位はこれが3回目という快挙。
可夢偉自身も信じられない喜びだと語るように、手に汗握る展開は本当にドキドキものでしたし、画面からでも分かるほどの可夢偉コールも凄かったですから、金曜日しか観戦しなかったのが悔やまれますね(^_^;)

さて、レースは結局独走のベッテルがポールトゥウィンを決め、2位には2年ぶりの表彰台となるマッサ、可夢偉とバトンに続く5位はハミルトン。以下ライコネン-ヒュルケンベルグ-マルドナド-ウェーバー-リカルドというトップ10となりました。鈴鹿ラストランとなるミハエルは22番手スタートから抜けない鈴鹿でよく追い上げましたが、入賞圏外の11位が精一杯でしたね。
121005 鈴鹿 日本GP FP2 ミハエル

さて、次戦は連続開催となるお隣韓国ヨンアムサーキットでの韓国GP。残りGPも5戦と少なくなってきて、いよいよ大混戦となった今期もポイントを計算して観戦する時期が来ましたね。

今回のリタイアでリードが4ポイントになってしまったアロンソが踏ん張れるのか、息を吹き返してきたベッテルが大逆転するのか、やる気のなさそうなハミルトン離脱前に一花咲かせるのか・・・

盛り上がってきましたね〜



〔レース結果〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2012/10/f1-19b1.html


〔ニュース記事〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/
2012/10/3-f766.html


http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/285179/



Posted by kazumitsuzuka at 13:30│Comments(0)TrackBack(4)clip!
Trackback URL
Trackbacks
ベッテル優勝! 可夢偉が母国で初表彰台! | 日本GP | F1ニュース | ESPN F1勝ったのはレッドブルのベ...
F1GP2012 日本決勝【Kyan's BLOG V】at October 08, 2012 18:59
バトンに後ろから追い掛け回されてるのをハラハラしながらTV観戦してたんですが、3位でフィニッシュできたのを見てこちらがへたれこみそうになりました(苦笑)。 ともあれ初の表彰台ゲット、おめでとう! 昨年から今年にかけてツキに見放されたり本人自身がパッとしなかった
F1日本GP・・・鈴鹿で小林可夢偉が初の表彰台! 優勝はポール・トゥ・ウィンのベッテル【ボヘミアンな京都住まい】at October 08, 2012 18:16
昨日午前中、首都圏は雨がときどき降っていた。そんな中、雨がやんだ瞬間に鉄道フェスティバルに行ってきた。雨模様というのに、会場には多くの家族連れがきており、その多くが家族連れのようで3連休の家族サービスもたいへんだなあとへんなところで感心してしまった。 さ
F1日本GP、楽天ジャパンオープン、日本選手が頑張った1日【【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)】at October 08, 2012 16:31
小林可夢偉、日本グランプリ3位表彰台獲得、おめでとうございます!昨日の予選3位から、そのポジションを見事に守り抜いての初表彰台、お見事でした。 そして・・・。鈴鹿ラストランのミハエル。結果は奮いませんでしたが、その勇姿は私たちの目に焼き付いています。これま
KAMUI、カムイ、可夢偉!【E's Monologue.】at October 08, 2012 16:19