November 20, 2012

F1 2012 第19戦 アメリカGP 決勝

ドライバーズタイトル決定の可能性もあるF1第19戦、新規の「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」で復活したアメリカGP。

予選ではベッテルがハミルトンと0.1秒差ながら圧巻のポール獲得となりましたが、時差の影響で変則的に月曜日の夜22:00からの放送。時間的にTVを嫁さんに嫌がられながらも無理矢理占拠して鑑賞しました。

さて、次戦はいよいよ最終戦ブラジルGP。アメリカ-ブラジルも年間20戦のあおりを受けて連続開催となっています。

スタート前に‘み’的にかなりびっくりすることがあったんですが・・・

予選でアロンソの上、6番グリッドを確保したマッサが意図的にギアボックス交換ペナルティを受け(封印シールを剥がしただそうですが)、結果としてアロンソが7番グリッド、マッサが11番グリッドからのスタートになったとのこと。
このサーキットは奇数列の優位性が高く、1コーナーまでで1秒違うとのことで何が何でも奇数列ということなんでしょうし、アロンソを前に出したいチームの意図も分かります。‘み’的にはこの手の裏をかいた様な作戦は大好きなんですが・・・
スポーティングレギュレーションとかに引っかからないんですかね・・・? BS中継ではっきり解説されていたくらいですから問題はないのかも知れませんが、故意敗退とかグリッド操作とか言われるとちょっと気になりますよね・・・ 結構非難も受けているようですし・・・

で、決勝レース。

テキサスらしく予選のように快晴、気温24度・路面温度31度というコンディションとなりましたが、そもそもミディアム-ハードが用意されたタイヤが極めて温まり難いとか、抜き難いとか言われている新コースなので、その辺りがどうなるか気になるなと。

スタートではフェラーリの心配どおり、偶数列車が軒並み順位を落とす感じになりました。大混乱こそありませんでしたが、ベッテル-ウェーバー-ハミルトン-アロンソというオーダーとなり、ベッテルを逃がしながらウェーバーが後続をブロックするという展開かと思いきや・・・ ハミルトンが4Lap目にウェーバーの前に出てベッテルを追い上げ始めました。ベッテルも今回は逃げ切ることが出来ず、この2台の差は2〜3秒以上に開かないラップが続いていきました。
ピットイン後もこの間隔は変わらず、42Lap目に遂にハミルトンがベッテルをパス。ベッテルはチャンピオンシップを考えれば無理は出来ない状況なのでまあ時間の問題かとも思えましたが、ウェーバーは中盤にスローダウンしてアロンソに3位を献上していたので、これでハミルトン-ベッテル-アロンソというトップ3に。
この後は大きくレースが動くことはなく、以下マッサ-バトン-ライコネン-グロージャン-ヒュルケンベルグ-マルドナド-セナというトップ10。
小林可夢偉はレースペースこそ悪くなかったようですが、終始15位前後を走行して14位フィニッシュ。タイヤの温度管理が悪かったとのことで、画面にも殆ど映らなかったんですよね・・・

初コースですが意外と観客も多く盛り上がっていたようですし(1コーナー辺りはかなり人が集まっていましたし)、抜き難いと良いながらレース中は結構ドッグファイト的な攻防もあって面白いレースだったなと思います。
他にもベッテルの板張りをデザインしたようなヘルメットや、ハミルトンの頭頂部に星条旗があしらわれたヘルメット、ポディウムでのピレリキャップがカーボーイハット(呼び方違うかも)だったり・・・ アメリカっぽさが前面に出ていてこういう面でもなかなか良かったなと。

さて、これで2位に入ったベッテルと3位に留まったアロンソのポイント差は3開いて13。タイトル決定は最終戦に持ち越されましたが・・・
ベッテルは12ポイント以上獲得=4位入賞でアロンソに25ポイント差を付けるので、優勝回数の差でアロンソの結果に拠らずにタイトル確定。逆にアロンソは
14ポイント以上=3位以上が必須でベッテルの結果次第という感じになりますから、この広がった3点は大きいなと。
あ、この辺は自分の整理の意味も含めて別途ちゃんと計算するつもりです。

まあ、レッドブル的には最低限の仕事をこなしたという感なのかも知れませんね。コンストラクターズは確定しましたし、アロンソとのポイント差を広げて最終戦に望めますから、圧倒的に有利なのは確か。
ただ、ブラジルは天候も含めて荒れることが多いですし、過去にもマッサvsハミルトンやアロンソvsベッテルなど、逆転チャンピオンが生まれたことがありますから、やはり簡単には行かないでしょうね。

いずれにしてもこれで今期の大混戦シーズンも終了。楽しませてもらいましょうかね。
あ、BS放送はやはり時差の影響で日曜日と月曜日の予定ですけどね(^_^;)



〔レース結果〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/
2012/11/f1-79be.html



〔ニュース記事〕

http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/287452/

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/
2012/11/post-cc70.html



Posted by kazumitsuzuka at 12:15│Comments(0)TrackBack(3)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51699196
Trackbacks
久々開催のアメリカGP、大盛況のなか優勝したのはマクラーレンのL.ハミルトンでした。チャンピオンシップリーダーでレッドブルのS.ベッテルは2位、フェラーリのF.アロンソが3位に入ったため、ここでワールドチャンピオンが決まることはなくなり、次の最終戦となるブラジルGP
チャンピオンは最終戦へ(2012第19戦アメリカGP)【E's Monologue.】at November 23, 2012 17:33
実際にレース映像は見ていないので、サイト情報からの記載となるのであしからず。F1アメリカGPは新設されたサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された。 新設サーキットということで各チームとも情報は皆無であったが、予選を見る限りはレッドブルの速さが際立って
初開催のF1アメリカGP、ハミルトン優勝、ベッテルのチャンピオン決定ならず【【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)】at November 20, 2012 20:09
初代オースティンの王者はルイス・ハミルトンに: FMotorsports F1勝ったのはマクラーレンのハミルトン,...
F1GP2012 USA【Kyan's BLOG V】at November 20, 2012 15:57