March 26, 2013

F1 2013 第2戦 マレーシアGP 決勝

予選ではQ2途中から雨が降り出す中、ベッテルが2戦連続のポールをGETすることととなった第2戦、セパンサーキットでのマレーシアGP。ちょっとお出かけしていたのでAT950Wで録画鑑賞しました。
WEBなどで結果を知らないように注意していたのが幸いし、ちゃんとレースを堪能できました。

雨に翻弄された予選同様、決勝レース前にも熱帯特有の一雨があったようで、コースの一部は思いっきりウェットになっている状況。それでも気温24度、路面温度28度とマレーシアらしいコンディションの中、各車インターミディエイトでスタート。

スタートは順当と思いきや・・・

ウェットな部分が多いセクター1でアロンソがトップのベッテルに軽く接触してフロントウィングを傷め、そのままピットインせずにメインストレートを走行した時点でこれが脱落。亀の子状態になったアロンソが早々に1コーナーのサンドトラップに嵌ってリタイアとなってしまいました。

これは荒れるのかなぁとちょっと期待しながら見ていると・・・

コースが乾き始め、各車ドライに替え始めてレースが安定。ピットインの度に若干順位の入れ変わりがあったものの、中盤にはレッドブルデュオの1-2、メルセデスデュオの3-4というトップグループが形成され、これがレースを面白くしてくれました。

3-4位のメルセデスデュオはハミルトンが先行していたんですが、どうもペースはロズベルグの方が速く(ハミルトンは燃費が相当きつかったようですが)、完全にチームオーダーで無用のバトルを避けた感があるなと。当初こそ多少の小競り合いはありましたけどね。

あ、相変わらずこの2台はパッと見で区別が付かない(オンボードカメラの黄色いマーキングがハミルトン車にはありますが、必ずしも見えるわけではないので・・・)んですが、今回良く見ていたらハミルトンの方がヘルメットがオレンジというかやや濃い黄色で、ロズベルグはレモンイエローとでもいうような軽い黄色。更に、ハミルトンの方はヘルメットの額の四角い部分(ベンツマークのあるところ)が黄色のままなのに対し、ロズベルグの方はシルバーっていう感じで違っているんですねぇ

ペレスがハミルトンに見えるのはまあ時間が解決してくれるでしょう(^_^;)


一方のトップ2台。こちらは(一時を除いて)ウェーバーが先行。ウェーバーのペースが上がらずにベッテルが抑えられてメルセデスが背後に近づいてくる場面もありましたが・・・
最後のピットストップを終えた46Lap目にこの2台が接近したかと思うと、あわや接触かと思える程のガチバトル。
ホームストレートで幅寄せするウェーバーもウェーバーですが、チームーダーが出ていたと思われる状況下で抜きに掛かるベッテルもベッテル。このバトル自体はウェーバーが文字通り大人の対応で引いたような形で決着し、ベッテル-ウェーバーの1-2フィニッシュとなったものの、ポディウムの両者には笑顔はなく、明らかに遺恨を残したなと思う結果になったのかなと。
無線でもベッテルに「silly」とか言われてたようですし、チーム的にも世間的にもベッテルに非難が集中しているようで、この2人は決して仲良しではないはずですからね。
そういえば2010年のイスタンブールでも直接接触しましたっけ(^_^;)

そういえば今回はピットレーンでもハミルトンがマクラーレンのピットに滑り込んだり、バトンの右フロントのナットが締まらないままピットアウトしたり・・・ なんか色々ありましたね(^_^;)

ということで、トップ10はベッテル-ウェーバー-ハミルトン-ロズベルグ-マッサ-グロージャン-ライコネン-ヒュルケンベルグ-ペレス-ヴェルニュとなりました。

アルバートパークは結構特殊なサーキットですし、セパンもレイアウトは兎も角高温多湿。まだセパンの方がスタンダードな印象はありますが、今回のレースを見る限りではやはりレッドブルが優位性を保っているんでしょうか。
タイヤの使い方次第でなんとでもなってしまいそうですが・・・


次戦は2週間開いて4/14決勝の中国GP。その翌週のバーレーンGPまでがフライアウェイになるので、しばらく今のチーム力が相対的には動かないのかもしれませんけどね〜



〔レース結果〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/
2013/03/f1-a093.html



〔ニュース記事〕
http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/292257/

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/
f107/2013/03/gpto-cd4a.html



Posted by kazumitsuzuka at 12:20│Comments(0)TrackBack(5)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51718136
Trackbacks
2013 F1GP Rd.2 掟破遺恨勃発赤道赤牛大混乱祭 “ Malaysia
2013 F1GP Rd.2 掟破遺恨勃発赤道赤牛大混乱祭【物欲煩悩妄想日記】at March 28, 2013 02:15
表彰台で笑みをこぼさない3人のドライバー達。こんなレースの結末は近年見られないものでした。様々な人間ドラマを垣間見たマレーシアGPを制したのは、レッドブルのS.ベッテルでした。2位にはチームメイトのM.ウェバー、3位にはメルセデスAMGのL.ハミルトンが入りました。レ
レッドブル1-2フィニッシュ!(2013第2戦マレーシアGP)【E's Monologue.】at March 26, 2013 23:16
結果は以下の通り。 順位 ドライバー チーム タイム差 ピット 1 S.ベッテル
2013年 F1オーストラリアGP 複雑なコンディションの中、レッドブル勢が1-2フィニッシュするも…【蔵前トラック供at March 26, 2013 23:08
2013年F1第2戦のマレーシアGPがオーストラリアから連戦で開催された。昨年も同じスケジュールでこの後1か月ほどの休みがあって第3戦となるスケジュールも昨年と同じである。 予選はオーストラリアGPではレッドブルがフロントローを独占したが、今回はフェラー
F1マレーシアGPはレッドブルの1、2フィニッシュだったが遺恨も?【【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)】at March 26, 2013 19:25
マレーシアGP / F1 TSP SPORTS勝ったのはレッドブルのベッテル,2位に同じくウェバー,3位にメルセデ...
F1GP2013 マレーシア【Kyan's BLOG V】at March 26, 2013 17:14