May 27, 2013

F1 2013 第6戦 モナコGP 決勝

予選ではロズベルグが3戦連続4度目のポールをGETしたF1第6戦、モンテカルロでのモナコGP。

23:00からのBS放送をAT950Wで録画しながら追いかけ再生で鑑賞しました。

以前はモナコだけ決勝レースの中継を早い時間帯からやってくれたこともあるんですけどね(^_^;)

ちなみに今回はDRSゾーンが2ヶ所設定されるような噂もありましたが、結局はホームストレートのみ。以前より間違いなく抜き易くはなっていますが、抜けないマシンをどこでどうオーバーテイクするのかもモナコの見所のひとつなので、これはこれでありなのかなとも思います。


で、日曜日は土曜日が嘘のようなピーカン。モナコの綺麗な青い空と海をバックにした決勝レースとなりました。路面温度こそ40度まで上がっていましたが、気温は19度だったのでクルーザーの上で観戦している水着の人とか寒いんじゃないかなぁとか思ってみたり(^_^;)


スタートはほぼ順当。2番手のハミルトンが後続を抑え、少しずつ先頭のロズベルグが逃げるような雰囲気にはなっていましたが、タイヤを意識してかメルセデスデュオはかなり抑えたペースで走行していたようで抜けないモナコならではの展開に。

26Lap目あたりからスーパーソフトでスタートしていたトップグループが1回目のピットに入りましたが、各車ソフトにスイッチして1回ストップの可能性を残しながら腹を探り合う見た目には単調な展開になるかと思いきや・・・

30Lap目にマッサがメインストレートで舵が利かなくなったかのようにアウト側のウォールにヒットし、サン・デ・ボーテにクラッシュ。‘み’はFP3のマッサのクラッシュを見ていないんですがどうやらこれとそっくりだったようで、こうなると何かマシンに問題があったと思う方が自然でしょうね。首を痛めたらしいマッサもちょっと心配ですが・・・

レースの方はこれでセーフティーカー。まだタイヤ交換をせずに頑張っていたメルセデスデュオもすかさずピットインしましたが、ハミルトンはベッテル&ウェーバーに先行されて4位にドロップ。これは運がなかったとしか言いようがありませんが・・・


SCで差が詰まり、暫くペースが落ちるものの上位陣が大きく変わることはなく迎えた46Lap目。

今度はマルシアのチルトンがタバコ屋コーナーでマルドナドのフロントウィングを踏む格好で撃墜し、マルドナドはそのままバリアに直行。当り方が悪かったのか、マルドナドはバリアをコースに引っ張り出すような形でストップし、完全にコースが塞がってしまったことで今度は赤旗中断。

この中断で各車2回目のタイヤ交換を行ったらしく(BS中継ではその辺の映像とかなかったような・・・中断時にタイヤ交換OKなレギュレーションだったんですね・・・)1回ストップ云々の話はなくなってしまい、コース上での純粋なバトルでの決着となりましたが・・・


ここで目だっていたのがペレスとスーティル。

スーティルはロウズヘアピンでバトンとアロンソのインを続けざまに刺してオーバーテイク。両チャンピオンともややインがルーズだったようにも思いますが、見事なオーバーテイクでした。
ペレスは相変わらずの暴れん坊ップリを発揮。バトンをまたもやあわや接触かという仕掛けでパスしたり、その他の場所でも執拗に前走車にアタック。遂にはライコネンとヌーベルシケインで接触しライコネンのタイヤをカット。自身はフロントウィングにダメージを追い、暫くは走行したもののまともに曲がらずにそのままリタイア。

スーティルは両車ともイマイチマシンが仕上がっていないとは言え見事にチャンピオンをパスしていましたが、ペレスはちょっと酷い暴れ様でした。またバトンが怒るんじゃないかなぁ(^_^;)


レースは残り10Lap位になったところでグロージャンがリカルドのリアに突っ込んでまたSCとなりましたが(グロージャンはこれで次戦10グリッド降格ペナルティ)、ここでも大きな順位変動はなくそのままチェッカー。以下ベッテル-ウェーバー-ハミルトン-スーティル-バトン-アロンソ-ヴェルニュ-ディ・レスタ-ライコネンというトップ10となりました。


ニコ・ロズベルグは父ケケが30年前に勝ったモンテカルロで自身2勝目をマーク。2勝目とは言えこれが133戦目だそうで結構遅咲きの部類に入るかと思いますし、特徴的な抜けないコースで予選番長のメルセデスの良い所が出たのは否定出来ませんが、SCや赤旗での中断・再スタートも物ともせずにミスなく78Lapを走りきったのは流石としか言いようがありませんね。ロズベルグ自身もインタビーで語っていたように、生まれ育った街で勝つって言うのは何か特別なものがあるんでしょうね。

そうそう、終盤でピットインを余儀なくされたライコネンが17〜18番手当たりまでドロップしながら10位まで戻して連続入賞記録を繋いだあたりは流石。ファイナルラップまで11位だったはずなんですけどね(^_^;)



次戦は6/9が決勝のカナダGP。例年荒れることで有名なモントリオールでの開催ですが、BS中継になってから時差の関係で月曜日の夜に決勝レースが放送されるんですよね。予選は日曜日の昼のようですが、WEBなどで結果を知ってしまわないようにするのがまた大変なんですが(^_^;)



〔レース結果〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f1gp/2013/05/f1-7636.html


〔ニュース記事〕

http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2013/05/2gp-366d.html

http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/295267/



Posted by kazumitsuzuka at 12:18│Comments(0)TrackBack(4)clip!
Trackback URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kazumitsuzuka/51727318
Trackbacks
紺碧の空と海− 快晴の天気に恵まれた伝統のモナコGP、見事なポールtoウィンで制したのは、メルセデスAMGのN.ロズベルグでした。F1史上初の父子二代にわたるモナコウィナーの誕生となりました。スタート後に2度のセーフティーカー、そして赤旗中断も含む波乱含みのレース展
親子二代のモナコウィナー誕生(2013第6戦モナコGP)【E's Monologue.】at May 27, 2013 21:15
1st:N ロズベルグ 2nd:S ベッテル 3rd:M ウェバー F1 第6戦
2013 F1 第6戦 モナコGP 決勝 感想【ミーハー日記】at May 27, 2013 21:02
2013年シーズンも第6戦となり伝統のモナコGPが開催された。F1でも公道レースが開催されているが、20年前は公道レースと言えばモナコGPがF1で唯一であったように思うのだが。 公道を閉鎖してレースをするので、フリー走行、予選の日程が他のGPとは違って、
ロズベルグが今季初優勝のモナコGPとインディ500の結果【【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)】at May 27, 2013 20:26
ロズベルグ、親子2代に渡るモナコGP制覇: FMotorsports F1 勝ったのはメルセデスのニコ・ロズベルグ,2位にレッドブルのベッテル,3位にレッドブルのウェバー。
F1GP2013 モナコ【Kyan's BLOG V】at May 27, 2013 13:02